プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「まほろば講座」大阪ありがとう

2011/03/28(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
充実した2日間でした。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
また、会場設営から休憩タイムでのお茶やとん蝶のご用意など、すべて宗恩寺さんがされたものです。お心配りありがとうございました。

行きの新幹線の切符は「7号車7番」
これは幸先いいなと思いながら大阪に向かいました(^^)。

会場は、こんな感じ。寺子屋風でとてもいい風情です。
mahoroba-souonji01

やはり3,40名くらいがちょうどいいかなと思いました。左のスクリーンの後ろは扉がしまっていますが、そこをあけると如来様や親鸞聖人の像があります。


門を入ると正面が受付け。
mahoroba-souonji02


受付けを経て右が本堂です。
mahoroba-souonji03


講座開始前に、空いている次の間を使って人間知恵の輪をしました。
mahoroba-souonji04


最後に「聞き方3態」をして質疑応答に移りました。
「聞き方3態」は、何度やってもその都度、違う感想が出てくるので面白いですね~。
mahoroba-souonji05

mahoroba-souonji06



講座3回目ですが、回を経るごとにインタラクティブ(双方向)になっています。画面を見て思い当たることがある人にコメントを貰って説明していくという部分を増やしています。参加者の皆様も、いろんな立場の人のお話を聞くことで参考になる部分が多いのではないでしょうか。

いろいろな人のお姿を見ることは、エネルギーを貰いますね~。
ありがとうございました。


帰りに車で送っていただきましたが、車中から見た夕陽がとてもきれいでした。
mahoroba-souonji07



それにしても、大阪は日常なんだなぁと感じました。何より、地震がないし(千葉は今朝は今朝とて揺れていました)。
東京に近づいたときに、やはりこれまでと様変わりしていることに気づきました。いつもは、満艦飾キンキラキンの遊園地のごとき街が現れるのですが、暗いのです。

「お~ノーマル!」と思わず口をついて出ました。いかにアブノーマルな地域になっていたのかがよくわかります。アブノーマルを普通と思っている逆転した世界に私たちは棲んでいたようです。

東京駅の構内も、間引き点灯のため程よい灯りで落ち着きます。本当にこのくらいでいいのだと思います。


帰ったら、娘が友人からもらったという桜茶を入れてくれました。
sakuratya










・真智子も記事を書いております。1日目に気づいたことをマメにフォローしていますね。直前の申し込みもあったんですね~。私は、集中しているときはこのようなフォローはしていませんので助かります。
大阪二日目
 

【追記】
ところで、1日目に流れていた音楽は、「今、いのちに目覚めるとき」という音楽だそうです(2日目は住職さんが朝からお勤めでかかっておりませんでしたが)。
「親鸞聖人750回御遠忌」に公募し作られた歌だそうで、歌詞に響くものがありますので聞いてみて下さい。




【今、いのちに目覚めるとき】






【追記2】

講座終了後、後ろからずっと見守ってくださっていた仏様に御礼しましたね。そのときにお賽銭を投じた方もいらっしゃったと思います。そのお賽銭は、全額「盲導犬協会仙台訓練センター」の復興費として使って頂けるように、盲導犬協会に寄付されるとのことです。(日本赤十字社の方には、既に義援金を出されているそうです)

皆様のお志ありがとうございました。



関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

最近 家全体の照明を暗く変えていこうかと考え中です。
以前お邪魔した知り合いのお家は、
まだ床置きの照明など出回ってない時代なのに、部屋は勿論、玄関、階段 すべて 足元だけをぼんやり照らす家でした。

暗くて危ない感じや、パァーッと明るくしたい衝動のイライラを感じた私でしたが、彼女は、

苦しくて辛くてどうにもならなかったのに、こうしてからすごく元気になったの
とても落ち着くの
家族もみんな優しく変わったの

と言ってました。
薄暗い明かりは 自分を素直に正直にし、慰める効果があるのかな。

計画停電が 優しい街を生み出したらいいな

 

こちらこそありがとうございました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード