プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

週刊文春3.31号ー原発事故(人災)の背景

2011/03/29(Tue) Category : 地震・災害・脱原発
ところで大阪講演の帰り、新幹線の中で「週刊文春」を読みました。『東京電力の「大罪」』という記事が、そのキャッチーなタイトルにもかかわらず、突っ込んだ内容になっています。

佐藤栄佐久・前福島県知事(1988-2006)は、福島県民を守るために体を張って産・官・学の“鉄の三角形”と闘ったのだなということがよくわかりました。

“鉄の三角形”とは、電力会社、それを監督する経済産業省の原子力安全・保安院や内閣府の原子力委員会、御用学者の3者。

その3者が協力して佐藤栄佐久氏をつぶそうとしてきたことが、記事から伺えます。
国家+経済権力とたった一人の闘い―それは無理です。
その闘いを見抜けなかった私達が、原発を放置し、今回の人災を招いてしまいました。自分のことのみにかまけて、メディアを含めて本当のことを見ようとしてこなかったつけが自分たちに回ってきました。

だから、佐藤栄佐久氏の闘いを知ろうと思いました。
アマゾンで「知事抹殺 つくられた福島県汚職事件」(平凡社)を発注しましたが、佐藤栄佐久氏のブログを見ると一時的に品切れ状態のようです。


自分の子どもを守るためには、「知らない」ではすまされません。
佐藤栄佐久氏の闘いにも関心を持ちたいと思います。

文春が手に入らない方は、下記にその記事が転載されています。
東京電力の「大罪」


上記も一つの情報です。
皆さんも、利害の目ではなく、心の目で、まずは事実を見ていただければと思います。



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

佐藤栄佐久氏のこと

このかたのことを私ももっと知りたい!と思いました。
ご紹介ありがとうございます。
知ります!

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード