プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

原発放射能汚染チェルノブイリ以上

2011/03/29(Tue) Category : 地震・災害・脱原発
既にあちらこちらで話題になっているようですが、以下京都新聞の記事です。

★土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算-----------

 東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えているとの試算を、京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

 飯館村は原発から北西約40キロ。今中助教は、原発の状況が分からず被災地各自の事情もあるとした上で「避難を考えた方がいいレベルの汚染。ヨウ素やセシウム以外の放射性物質も調べる必要がある」として、飯館村で土壌汚染を調査する方針だ。

 文部科学省の調査で20日に採取した土壌から放射性のヨウ素1キログラム当たり117万ベクレル、セシウム16万3千ベクレル、雑草からヨウ素254万ベクレル、セシウム265万ベクレルが確認された。土壌中のセシウムは通常の1600倍以上だった。

 今中助教は、土壌のセシウムで汚染の程度を評価した。汚染土を表面2センチの土と仮定すると1平方メートル当たり326万ベクレルで、1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で強制移住対象とした148万ベクレルの2倍超、90年にベラルーシが決めた移住対象レベルの55万5千ベクレルの約6倍だった。

 今中助教は「国は原発周辺の放射性物質を詳細に調べて分析し、ただちにデータを公開すべきだ」と話している。セシウムは半減期がヨウ素(8日)と比べ30年と長く、汚染の長期化が懸念されている。


京都新聞 2011年03月28日 15時52分】----------------------------



毒は少しでも体に入ったら毒なわけですから、その量的規模を比較することに意味はありません。死にいたる経過が少し異なるだけです。

これ以下なら癌にならないよという被曝線量(しきい値)はありません。被曝量に比例して高くなるだけです(これは、ICRP:国際放射線防護委員会をはじめ世界で認められています)。

また、どのように死を迎えたいのかは個人の自由意志です。だからこそ、その自由意志を尊重するために事実を知らせなければなりません。

事実を知るからこそ、そこに選択の自由が生まれるわけです。
事実を知らされず、判断もできないままに生きることが最も辛いのです。

福島原発は、プルトニウム汚染でも「世界初」となるでしょう。
いろいろな意味でチェルノブイリ以上です。


政府は、素人が判断できる事実を提示しないままに、自主避難や食物摂取の自主判断を呼びかけていますが、コイズミ以降、国は「自己責任」を個人に押し付けて責任逃れをする体質がすっかり出来上がったのでしょうか。

“国民を守る”という“意志”を持ち、国の命令で強制退去や摂取の禁止を行った他国との差に唖然とする思いです。「政治主導」とはなんでしょう。国民の生命を守れなければ、国家の意味とは何でしょう。

国土の一部を自らの手で半永久的に失おうとしています。そこに住む人々の幸せを国が導入を進めた原発が奪ったのです。

もし風向きが日本海側に向いていたら、さらに広範に国土は失われていたでしょう。それどころか、近隣諸国にも甚大な被害をもたらしたでしょう。汚染に人種も国境もありません。

幸せとは何でしょう。
生活とは何でしょう。
社会とは何でしょう。
土地とは何でしょう。
領土とは何でしょう。
国家とは何でしょう。

自然災害も原発汚染も、有無を言わせず人類社会の虚構を暴いていくようです。

私は、その虚構にしがみつくのはやめます。





★藤田祐幸氏の緊急講演会(20110326)より--------------------------

ロシアの被害者の方々の無念の思いが伝わってくるようです。

『あなたがベラルーシとウクライナで見た悲劇を、是非日本の皆様にお伝え下さい。私たちは、ヒロシマナガサキの悲劇を二度と繰り返さないという願いでおりましたが、そこにチェルノブイリの悲劇を繰り返さないという願いを日本の皆様に伝えて下さい。

もし同じ過ちが繰り返されることになるならば、このチェルノブイリの悲劇は人類にとって何の教訓にもならなかった、私たちは本当に無駄な苦労をしていることになります』


これは、藤田祐幸氏(元慶應大学助教授)が、ミンスクの小児白血病の子が生まれる村―その病院で言われたことです。

藤田祐幸氏は、『スリーマイル島事故をきっかけに、少しでも物理学をかじった人間ならば、原子力と人間は共存できない―そういうことがわかっている科学者として、市民に実態を伝えていく―それを使命として科学者の道を歩み始めました』―そういう方です。

彼が、「福島第一原発でいま何が起きているのか」という緊急講演会(20110326)を開催し、それがUSTREAMにアップされていたので見ながらメモしたのですが、なぜか今は一般公開になっていません(なお、この講演の中でも今中助教授の調査結果が話されていました)。



藤田氏は、講演の中で次のように言われていました。
『昨日のように今日があり、今日のように明日がある―これが“幸せ”』であること。その幸せの根底基盤として、『きれいな水と空気と大地』が必須であること。そこに向けて、『日本は生き直さなければならない』こと。

まずは、これから『深い傷を持った時代が始まる』に当たって、『核汚染国家としての再構築(世界から見ると日本は汚染国家)』をしていかなければならないこと。その施策として次のような体制が必要であることを説かれていました。
・政府が規制するのではなく、数値をきちんと公開して後は個人の判断に任せる
・放射能疾患の医療体制を作る
・耕作放棄地、限界集落を国が整備して避難者を受け入れることができないか
・世界中が脱原発に動こうとしている今、率先して脱原発社会を実現すること





★有機農業30年の男性自殺-----------------------------------------

本日の朝日新聞の記事です。
「原発に殺された」と悔しさを募らせる家族。
何より30年かけて土壌改良を重ねてきた男性(64)の無念。

自作の腐葉土での30年にわたる土作り、種の蒔き方を工夫して10年かけて高品質のキャベツ作りも成功。「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」と言って、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていたそうです。

その「土」が汚染されたのです。

完全無農薬で「奇蹟のリンゴ」を作っている木村秋則さんが到達されたのは、りんごではなく「土を作ればいいんだ!」ということでしたね。

その「土」が汚染されたのです。

何をどうしても、その土地から人が食べられる作物を得ることはできなくなるのです。人間のどんな努力も無に帰す―その空しさ。
虚無が、その男性を襲ったのではないでしょうか…。


同じ新聞に『原発選択 後悔の念』という記事がありました。
ハコモノを作った借金返済のために、毎年10億のお金を国からもらうことで原発を誘致した町のことが書かれていました。

いらないハコモノのために、永遠の豊かさを失ったのです。



仕事とは何でしょうか。
お金とは何でしょうか。
豊かさとは何でしょうか。

自律とは何でしょうか。

生きるとはどういうことでしょうか。




関連記事
 
Comment6  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

脱原発

私は、かねてから危惧されてきた原発推進政策に、表立って反対意思を表現しないまま漠然と不安を抱えていきてきた一般人です。
原発事故発生以降、原子力保安院の無責任な発言、はぐらかすような政府の見解などから、ここ2年ほどに亘って自分と向き合い続けてきた私には、原発を推進する側が“原発施設は絶対安全”を標榜してきたのは、“絶対安全でなければ存在してはならない”という絶対禁止令が張り付いていたことに気づきました。電力会社は躍起になって“原発安全”を洗脳してきたが、その裏には“失敗の許されないギリギリの綱渡りをやっています”ということを知っていたはずです。
そして、本当は誰もが知らなかったでは済まされないはずです。
日本という国の体制が、経済という唯一の価値観の礎の上に立ってしか物事を考えてこなかった、という事実。虚構にまみれた砂上の楼閣、日本。国民の世論も政権非難をはじめとする責任転嫁に終始し、問題の本質を擦り変えられようという風潮に、底知れない危機を感じざるを得ません。情報を隠蔽する、数字のトリックを使う、基準値を緩和する、あろうことか29日夜放送の番組では、池上彰を担ぎ上げマスコミによる安全キャンペーンを謀る。数年後に出現する健康被害を隠蔽、誤魔化しにこれから国がいったいどれだけの税金を注ぎ込むのか、これからいったいどんな情報操作が行われていくのでしょう。逃げ場がなければ、逃げ場を無理矢理捏造しても逃げ切りたいこの国の狂気の構図に、もはやしがみつく意味は無い。愛するものを守るため今後の生き方をどうするか、生きる道はあるのか、究極の選択をしなければならないところにまで私も追い詰められています。
北朝鮮体制をどこか他人事のように傍観してきたけれど、情けないことに日本もまさにその通り。
武田邦彦教授が驚くべき告白をしていますが、彼の身の安全が心配です。国民一人ひとりが本物の知識を共有し、声を挙げていくことが問われているのだと思います。
今、盛んに宣伝している『頑張ろう、日本』という復興の掛け声は、方向性を誤っている気がしてなりません。

 

私も同感です

>私は、その虚構にしがみつくのはやめます。

私もやめます。
原子力のことをもっと知ります。関心を持ち、
声を出していこうと決めました。
きれいな水と空気と土壌が一番大事です。
幸福はそれらがあってのものです。

人間は大自然に恩恵を受けているのに、
大変なことをしでかしてしまったのですね。
電力会社にも声を出していこうと決めました。
人間として、国民として、市民として。

 

責任取れるレベルじゃないから国有化するかもですね…
ちょっと前にTwitterで広いマシタ。

http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Fp.tl%2F01c5&guid=on

 

ACは東電とズブズブ

原発での事故後、怒濤のACCMラッシュ。
ACのトップは東電社長の清水 正孝。
テレビで不都合な報道しないように規制している。
http://blogs.yahoo.co.jp/jigenryu007/64202560.html

東電(AC)がスポンサーじゃない関西では
東電批判が堂々と行われています。
原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送)
http://youtu.be/gW8pfbLzbas

 

私はいいけれど

人生の約半分くらいにきている私はもういい。
工業や電気などのもたらす恩恵を充分過ぎる程、受けたから。
私は関東に住んでいて水や大気がいずれ…もしかするともうすでに、汚染の影響を受ける位置にいるかも。
ミネラルウォーターはどこも売り切れ。
乳児がいないので、買うことに躍起になる気持ちもなく、生活用水は今のところ「安全値以下」とされる水道水を使っている。
でももっと下流で基準値越えたところある。
私は水道水を使い続けてもあまり気にならないし、もしガンが発症しても恩恵を受けたから、まだ仕方ないなと思えるんだけど…。
でも私が水道水を使ったり、風呂沸かしたり、洗濯物干したりしてて、子供たちはいいんだろうか?
もっというと、こんなに近くにいていいの?
子供たちに理解する範囲で説明し(裸足のゲンなどで原爆のことを知っており、なんとなくの恐ろしさは知っています)、今ここでできることをしている(マスクや帽子を付けるなど)けれど、本当にそれだけでいいの?
私自身はもうそれだけでもいいんだけど、子供たちは…?

 

節電するなら、テレビを消そう

今日(3月29日)の夕方のニュースです。
中部電力が輸送トラック向けの給電ステーションを高速道路のサービスエリアに設置しました。これはエコで、しかも軽油よりコストが安いのだと、かわいらしいアナウンサーが言います。
そして夜、
浜岡原子力発電所で津波を想定した防災訓練を実施したニュースと、新たな津波対策の計画を放送していました。
敷地の内側に新たな防潮堤と、予備の電源の確保・・・でしたか。

電力会社がマスコミを通して、
「我々は、絶対に原発をやめない!」と言い切ったように、私には見えました。


それに対して、
浜岡原発の停止を求めた署名と要望書を県と中部電力に届けた団体のニュースを、テレビで見たことはありません。


この国のマスコミが日々していることは、「報道」なのでしょうか?
違和感と怒りを感じます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード