プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「まほろば講座」資料の感想(年配男性)

2011/04/21(Thu) Category : 家族心理・子育て講座
明日早く高山に向かいます。24日のまほろば講座にお越しいただく皆様、よろしくお願いいたします。

ところで、大阪でのまほろば講座の折、直前にインフルエンザにかかって講座に出られなくなったため資料を送ってほしい旨のご要望があった方にお送りしましたところ、ご感想をいただきました。

資料だけでそこまで読み取ったり、新たな発見があったりされたことに、ご自身と向き合われてこられた過去がうかがわれました。ご年配男性の方にもご参考になると思いましたので、許可を得てやりとりを掲載させていただきます。

その方をAさんとします。
Aさんは、科学技術者として成功された後、パワハラ体験から40歳台のときにワークライフバランスをとる生活に転換。50代で父親の死を契機に会社を早期退職され、その後母親の介護、娘さんの結婚と、人生の大事な節目(イベント)にきちんと向き合って生きてこられた方です。



★-----------------------------------------------------------------

中尾さんから頂いた資料はかなり分かりやすく、よく理解できると同時に本当にうまく図式化されてまとめられているなと感心しております。おかげで今まで、自分自身や妻との関係の課題を漠然としかとらえることができませんでしたが、この5カ月間程の間読ませていただいたブログと合わせて、自分を振り返る中で昔抱いた気持ちや感情を思い出すのに大いに役立たせていただきました。

多くは40歳台で気づいたことの繰り返しでしたが、今回新たに気づきがあったのは、これまでまったく疑いもなく信じていた母親がもっていた心の闇に気づいたこと。これが大きな成果です。

これで自分が今まで感じていた自分自身の壁が何だったのか、また、妻との間にある越えがたい溝が理解できました。理解したからと言って解決できるものではありませんが、これからは自分は自分、妻は妻、寂しいことではありますがあまり立ち入らないことにしようと思っています。
(今までも自他をちゃんと区別していましたが、妻だけはいつも身近にいるだけに双方にお互い自分を分かってほしいという依存の気持ちからなかなか抜け切れませんでした。)


人の心が図式化によってそう簡単に理解できるものではないことも理解しており、あくまで頂いた資料に書かれたとらえ方は理解をしやすくするためのひとつの思考方法であり、自分がどの段階にあるかなんていうことを照らしあわせてみても余り重要なことではないと思っております。そんなことよりも大事なことは今自分が自分自身をどう感じるかです。

今の自分にとって言えること。
それは、資料最後のページの「一隅照灯」
自分はこれを目指して残る人生を全とうしようということです。

この言葉、学生時代に比叡山にハイキングで登り、
延暦寺根本中堂の堂内で見た暗闇にある一隅の小さな火、
これが若いころから心にひっかかていました。

これが、人生最終コーナーに入りつつある今、
自分にとって大きな意味をもってきました。

自分が火となり光として、かすかでも一隅を照らす。
他人を照らすほどのものにはならないかも知れない。
しかし、少なくとも自分が自分自身を照らす。
それだけでもよいと思っています。

あの暗闇の弱々しい小さな火の情景を思うと、年齢とともに嫌でも向き合うことになる孤独をひしひしと感じるとともに、目に涙がにじみます。
そしてその周りに漂う静寂と平安、人への愛情を感じます。

私の親もそうだったように、妻も、娘も、孫もいつかは孤独の中で死を迎える。皆、同じです。
それまでの人生をどう生きるか、それはそれぞれの個人が悩みと苦闘の中から自分で掴んでいくのもの。

大阪で再度やってください。そのときはインフルにならないようにします。
是非とも参加させていただきます。
中尾さん夫婦の「まほろば」活動心より応援いたします。
どうもありがとうございました。




★-----------------------------------------------------------------
ありがとうございました。

『これまでまったく疑いもなく信じていた母親がもっていた心の闇に気づいた』―驚きました。パワハラをはじめとして、様々なライフイベントを受け止めつつ、ずっとご自身と向き合ってこられたのでしょう。その姿勢が背骨を作り、そして気づく準備ができていたのでしょう。資料は、気づきのきっかけに過ぎなかったのだろうと思います。

そして、『母親がもっていた心の闇に気づいた』ということは、自身の闇にも気づくということ。
さらに、その闇の中で孤独に頑張ってきたチャイルドの姿も照らし出されるということです。

『孤独をひしひしと感じるとともに、目に涙がにじみます』―このようにチャイルドの孤独と健気さをしっかりと感じることができれば、もはや奥様に『自分を分かってほしい』と押し付けることはなくなるでしょう。チャイルドがその孤独をわかってほしいのは、何より自分だからです。

そして、自分がチャイルドと手をつないだとき、心に火が灯ります。火が灯れば、奥様も寄ってきます。ですから、死ぬときは孤独ではないでしょう。

『私の親もそうだったように』と書かれていらっしゃいますが、自身の闇に気づき、孤独と向き合われている時点で、既に親の辿った道とは異なる道を歩かれています。

すべてのライフイベントを終えた今、なすべきことは、親のために健気に頑張ってきた愛情深いICs(人生脚本を握ったチャイルド)を癒すことです。お母さんの闇が見えた今、改めてチャイルドの頑張りが見えてくるはずです。

あれもこれも、そうか、こんなに俺は頑張って来たのか…! 
そのように、自分の頑張りを認め、讃え、よくやったと褒めて下さい。
チャイルドは、何より自分に認めてほしいのです。

そして、満足できたらニッコリと脚本を手放してくれるでしょう。
すると、人とつながってよいという許可がおりるでしょう。

あとは、あるがままの自分がそこにいるだけ。
奥様とも、娘さんとも、お孫さんとも、愛情豊かにつながることができます。
孤独は去ります。

暖かい日々が、もうそこまできています。






【SOFFet with MONGOL800 「ひとりじゃない」】




関連記事
 
Comment11  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

どの人のコメントも大事に読む。
その人なりの事情や経過など
恐れ多くも解る訳ないからこそ大切によむ。
そういう位置が気持ち良い。

決めつけ、思い込みは失礼な上、大抵ズレてる。
この恥ずかしさは強烈。過去失敗経験あり、危険要注意。

人の中の葛藤は自分にもある。
表そうとする状態が違うだけで、みんな同じものでできているんだろう。
特別はいない。

人のコメントや記事で反発心やザワザワしたら
投影してるとか他人に求めてるとか知れる。

また、人の悩みの文章の奥に
誠実さや美しさとかも発見し、ウォーとかも思う。
これは、私にもあるってことだろうに
いざ自分が投稿したら、跳ね返りが襲う

「へたこいた~馬鹿か?やめときゃよかった~」

臆病を味わう。IPこんには。

こういう自分の中を知れるヒントをもらって、
ありがとうで、
人に助けてもらってる。

世の中には本当は自分しか存在してない。
あとは全部投影の鏡。
この世は、
自分と自分の思いしかない。

これを実感して味わい、満喫する人生が
ほ、ほしい。
最強だぞ。

早く人間になりたい。

 

何もできることなんてない。
ずっとそう思ってましたし、今も、できることなんてそうそうないと思ってますが。

生き方を見せて貰った人たちがいます。私も生きていけるんじゃないかと思わせてくれた人たち。心が焦げるくらいに憧れて、私も真っ直ぐ立っていたいと思わせてくれた人たち。ものすごく苦しいけど、会えたことに感謝した。

私がいたい場所で生きたいように生きて、それを誰かが見て何か思ってくれたらすごくすごく嬉しいなぁと、今はそう思ってます。
私が貰った嬉しさを、誰かに返せるようになりたい。

 

チャイルドの頑張りだけ認めたらオッケーなのか。チャイルドの汚い、卑怯、自己中的な部分はどうするのか。360度チャイルドを見てほしい。
キレイということは汚く、被害者ということは加害者でもあり。全て認めてZEROになりたい

 

講座受講後

大阪でのまほろば講座から1ヶ月程経って…

受講前は申し込んだものの行こうかスゴい悩んでて…

でも勇気を出して参加して良かったです。

参加直後は元気になったと感じてたら、その後不安定になり、次は色んな感情が出てきて、自分ってこんなだったんだとびっくり!

ブログも受講後の方が心にすっと入ってくる感じです。

まだまだ自分と向き合うことは続いていきますが、前は辛いだけでイヤだと思ってたけど、前向きになれました。

 

なんてこの世は不公平なんだろう。 くやしいよ すげえくやしいよ でもさー前には一本しか道はないんだよ 幸せになる道はそこしかないんだ バカ親が勝手につけた重りを自分ではずそーとしてんだぜ?俺ってすげーじゃん
バカ親はまだなんか言ってくるけどそんなんほっときゃいいじゃん ふざけんじゃねーよ
己の人生くらい己で責任とれや
俺は幸せになりてーんだよ

 

真の愛や優しさや思いやりって本当に目の見えないところにあることが、ここ何年かでわかりました。
それがわかった上で過去を振り返ってみると、この人は、冷たいんじゃなくて愛をくれたんだなと、冷たく感じていたのは、相手に問題があるのではなく、自分の依存心からくる感情なんだなとわかってきました。逆に優しいと思ってた人が実は自分を利用していたんだな、ということもわかってきました。
何が愛情か僕自身はっきりと理解し認識した今、確信を持って言えることは 「自分しか自分を救うことはできない」
ということです。車椅子を自分の力で押している少年と同じように前に進むだけです。

 

先日とある光景を目にしました。車椅子を押している、まだ小学生くらいの子供と、坂の上でじっと見守ってる母親。
少年の顔は必死の形相で車椅子をこいでいました、でも母親は黙って静かに坂の上で笑顔で見守っていました。 このお母さんの深い愛を感じました。

 

自分を讃えられないのですが…

先生がおっしゃるように、私も自分を讃えることで過去の自分を全て認めたいと思うのですが、できないのです。
そもそも自分を讃えるということをしたことがこれまでにあったのかなあと感じています。
自分が今奪い続けるブラックホールにいるのか、与え続けるホワイトホールにいるのかすらここのところわからなくなってきてしまっています。。。
ただ無職(教員退職し、海外経験をして帰国した今、海外で経験したことを踏まえ、色々考えて下記綴っている日々です)なのと、今後自分で道を拓いていけるかという不安のなかで、単純に実家で家族に甘えているだけなのかと。
自分のしたいことが書くことだと思ったのですが、それだけではと不安なだけなのでしょうか。

 

ほっ★

「孤独は去ります。」

この言葉に勇気がでました。

勇気というより、安心?

心の岩が、絡まった毛糸くらいにやわらかくなっています。

「ほんとにつらかったね」

その繰り返しですし、一難去ってまた一難ですが、だんだん自分が取り戻せているような気がします。

でもそのさきが孤独なら、・・・?

今日も読んで良かった!

このまま~マイペースでらせん階段上がっていきます♪

 

こんなん出ました

真実とか
本当の事実とは
なんだろう

いい人だと思ってたら 意地悪だったのか?
思ってくれてると捉えていたら、恨まれてたのか?
嫌いだった人が私を救おとしていたのか?

そういうことがあるじゃないかと、
本当はどうなんだ
真実はどうなんだ
騙されちゃいけない
見誤っちゃいけない

そうやって 疑って
いくつもの角度から見て。

親が 餓鬼で虐待の鬼で でも
魂レベルでは 私に掴ませよう、 教え切って死んでいこうと、
憎まれた罪人役を演じ切る、身を投げうつ愛。

悪が善、 憎しみが愛、 目に見える顕在意識
奥にある潜在意識

真実なんてないじゃんか。
私がどっちに見るか その選択だけじゃんか。

真実は私が理解したい方に決めていいの?

そう問いかけながら過ごして、
「不幸だったこと 痛かったこと」の出来事と
「怖い思い」の気持ちまでも
私に縁したもの達は
私を慕い好きだったから起きた気がする。

やりたいか 興味ないか
好きか 興味ないか

これを私も選んできてた?
私を取り巻いた物達も これで私を選んだ?

ああ、全部これ。
これしかないの、これで構成されてる

なんか起きるとか 気持ちが湧くとかは、
この世が私を、関わりたいほどすきだから

そうなの…かな。

 

勇気づけられました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード