プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

謝謝台湾―人の絆は国を超えていつまでも

2011/05/15(Sun) Category : 地震・災害・脱原発
2ヶ月前の今日―15日、『朝、起きぬけにコメント欄でご紹介いただいた台湾の方々からの応援のメッセージを見てボロボロ泣いてしまった。』
【心の平安をお祈りします】

そのときの感動で、私たち家族も手のひらにメッセージを書いて写真に撮った。それが、現在のブログトップになっている。

あの時、私たちはとても勇気付けられた。

気持ちには気持ちで応える―それが人情というもの。
ここに大震災における台湾と日本のやりとりを残しておきたい。



★「フクシマ50」に台湾企業が1億5000万円寄付-------------------------

台湾の匿名企業が、原発作業にあたる50名宛てに1億5000万円を寄付していた。(3月19日 台湾版ヤフー「Yahoo!奇摩」より)

この日、テレビでチャリティ番組が行われており、番組の司会者の沈春華さんは、番組開始早々に次のように伝えました。
「今、秘密の募金をお知らせします。この匿名の善意は、人に知られないように、自分の名前を公開しないように求めていますから、誰かは言えませんが、匿名での募金です」
「彼は、自分の生命の危険を顧みず、発電所の中に入った50人の勇士のために、この寄付を勇士の家族に寄贈しました。この寄付によって、彼らが自らを守ることができるように、5000万元(1億5000万円)を寄贈しました」


*雑誌で見た現場で頑張る人たちは雑魚寝、粗食でした。命をかけて頑張っている人々のために、政府はもっと手厚い姿勢を示してほしいとつくづく思いました。そういう中にあって、この台湾の方のご厚情に強く胸打たれました。寄付はこのように対象をきちんと示してしなければ、どのように使われるかわかりません。この寄付が、必ず原発で頑張っていらっしゃる方々の元へ届けられることを望みます。対象となる人はどんどん変わるのでしょうから、基金という形もあるのかもしれません。

*昨日5/14 福島原発で作業中の男性(60代)が意識不明となり亡くなりました。被曝の影響は薄いというのが“公式発表”ですが・・・『医師の被曝が懸念されることから、1人を午前10時~午後4時の6時間配置するだけだった』そうです。蒸れて重労働の現場に、その時医師はいませんでした。短時間交替で配置することもできたのではないでしょうか。人件費抑制のためでしょうか。国や東電は、一体どういう意識でしょうか。




★台湾からの義援金が140億円を超えて最高額---------------------------

台湾紙に感謝広告が掲載されず、日本ネットユーザーが不満(4/17)

東日本大震災に対する台湾からの義援金が140億円を超え、日本へ義援金を寄せた国と地域のなかでは最多となった。台湾の中国時報はこのほど、「台湾からの温かい支援が日本のネットユーザーたちの熱烈な反応を引き起こしている」と報じ、日本政府が米国、英国、韓国、中国など7カ国の新聞に支援の感謝広告を掲載する一方で、台湾の新聞には掲載しなかったことに日本ネットユーザーが不満の声をあげていると報じた。

台湾の政府機関及び民間による義援金総額は、13日までに約140億円に達し、日本赤十字社によれば、米国からの義援金は4月上旬の時点で約 104億円、中国からは3月下旬までで約3億4000万円、韓国からは約16億円であり、台湾からの義援金はこれらの国をはるかに上回った。

東日本大震災からちょうど1カ月となる4月11日、日本は世界7カ国の新聞に感謝広告を掲載したが、そのなかには台湾は含まれていなかった。このことについて日本のネットユーザーからは、不公平だとの声があがり、外務省に対して「なぜ台湾紙に感謝広告を掲載しなかったのか」と直接たずねる人も現れた。外務省からは、「広告は義援金の額で決定したのではなく、国の規模と近隣諸国への影響を考慮して決定した」と回答があったという。

ネット上では、「台湾人は日本に感謝されるために寄付したのではないだろうが、日本政府のやり方には納得できない人もいるに違いない」として、有志が寄付を募り、台湾の新聞に民間として感謝広告を掲載する動きも見られる。(編集担当:及川源十郎)




★謝謝台湾計画に19,245,494円集まる!--------------------------------

謝謝台湾計画に19,245,494円集まる! 主催者「非常感謝台湾! これからも仲良しでいよう」

「親切にされたら御礼をするのは常識なのでは?」と思った日本人女性デザイナー・木坂麻衣子さんが『謝謝台湾計画』を計画。

すごいよね。思いをそのまま行動にするところが。
その行動が、同じ思いを持つ人を勇気付けました。
勇気は伝染します。

「意気に感ず」― 一人の行動に多くの人が背を押されて集まりました。
血縁→地縁→社縁→利害縁と来て、今「思い」が人と人をつなぐ時代に入ってきていると思います。利害関係でつながる世界と思いでつながる世界が分かれていくでしょうね。




★「自由時報」「聯合報」に「ありがとう台湾」広告--------------------

つぶやきに6千人賛同…「ありがとう台湾」広告(5/5読売新聞)

木坂麻衣子さんが「ツイッター」で「台湾にもお礼したい」とつぶやいたところ、賛同者が殺到。2紙の広告費240万円を募ると、全国から6015件、約1930万円が寄せられた。

3日付の台湾大手紙「自由時報」「聯合報」に、日本のネットユーザー約6000人が東日本大震災の義援金などに対する半ページの感謝広告を掲載した。日本語で「ありがとう、台湾」、中国語で「愛情に感謝します。永遠に忘れません」とメッセージが書かれている。







★困ったときはお互い様---------------------------------------------

台湾が親日である背景には歴史的なものもありますが、1999年9月21日台湾大震災時に、震災後22時間という速さで日本は救助隊を派遣。派遣国最大の145人が救助活動したことも大きいようです。人を助けるのに国や民族は関係ありませんね。






★謝謝台灣!日本人感謝台灣援助震災---------------------------------



配樂:いつまでも
詞/曲:費許鮑爾
演唱:朱麗君
製片:小Mic


21世紀は、国を越えて人と人とがつながっていく時代です。




関連記事
 
Comment8  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

3月15日の日、台湾からのたくさんの優しい手、メッセージを見て涙が溢れました。
最後に中尾さんご家族の集まった手を見て
「あぁ。家族の手だなぁ。」と「あったかいなぁ。」と
温かい涙があふれました。

この記事の「謝謝台湾」。
優しさをうけとり「ありがとう」と返す。
日本からのたくさんの素直な手。

人の心が循環して、キラキラした輪になっているように感じます。
歴史の中でそして今、行動してくれたすべての人に感謝します。
空虚な私の中に、お手本がひとつできました。
私はこのお手本を選びます。

中尾さん、真智子さん、娘さん、息子さん。
あの時、本当に温かいものを心にもらいました。
その時の温かさが今もずっと心に残っています。

ありがとう。

 

ぐりさん…ありがとう

 

ありがとうございました。

・・・としか言葉が出てきません。

ありがとうございました。

 

お金が無くて 夫のギャンブル依存借金を根性でやり繰りしたまさかの慎重な私が、破綻する…
家賃は滞納すればすぐ強制退去、きちゃうか?ホームレスか?
昨日は、甘えたことなどないが自律を捨て親に 媚びようか、まで浮かび、あざ笑われて言い触らされて、援助はありえないのに、違うだろ?正気に戻れと、私の悪口を書いた姑の手紙が私を救う。

離婚前同居だった姑は、ギャンブル借金でキュウキュウなのに自分の分ものっけて、ニコニコ海外旅行の人だった。

十円 百円で一週間強子供を食べさせてきた私が
裏技も必殺技もある私が 何故 こんなにウロたえてる?どうしたんだ?
そう思ったら、
これは存在不安なのだと解った。
これか…これを感じたくないためにお金にしがみついていた。
以前も、これを感じたらオシマイだ、と恐怖で夫の借金に切れ、なんとかコントロールしようとイライラしたのだ。


すると、父が母が兄がみんなこれを越えていたシーンが浮かぶ。
お前もやるんだ、行け!と。

そうか…最後に私だけ残ってたんだ。

どちらの親からも援助されなかったことが良かったんだ!

こちらのブログの言葉が聞こえる。鉄の箱の車、ライフバランス偏っても家を買う根底にあるもの。
挿絵が浮かぶ

今を逃さず 味わう。
これが 本気で生きるということ。
風穴が開いた。

 

今の心境です。私が事件を起こすと分析だけするんでしょうね。

 

何故さんへ

確か、カウンセラーは医療関係についてのアドバイスは出来なかったと思いますよ。
前のコメントも見ましたが、この場にふさわしくないので削除されても仕方ないと思います。
何故さんが求める施設なり病院がみつかるといいですね。

 

勝手に消されました

施設や病院に関する情報教えて下さい。貧乏人にはかかれないカウンセリングではなく。

 

なんか涙出ました。素敵だなあ…

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード