プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

祈り―今、生まれ変わろうともがいている途中の方へ

2011/05/21(Sat) Category : 地震・災害・脱原発
訪問カウンセリングなどが続いて、あっという間に1週間がたった。
早いものだ。

その間にも世の中はあらゆる方向に動いている。
そのどの方向に意識を向けて動くかによって、自分を取り巻く“現実”は変わっていく。多様な現実の中で、自分が自分を取り巻く“現実”を選び取っていくことになる。

シナリオが変われば、舞台も登場人物も変わる。
人生脚本が変われば、人生の舞台も出逢う人物も変わる。

だから、脚本に気づき、生き方が変わる人が増えれば、
新たな社会が自然に出来上がっていく。

社会環境の悪化が人を追い詰めて気づきに導き、
東日本大震災という自然環境の破壊が原点に立ち戻る人を増やす。

気づいた者で構成される社会は、人の痛みを知り思いやりのある深い社会になるだろう。そして、出逢いと楽しみの人生を送ることになるだろう。




いまだ終わりを見せない人類史上最悪の福島原発事故は、原子力が地球生態系に相容れないものであることを教えた。
しかし、菅首相は浜岡原発こそ止めたものの(これは拍手喝采だったが)、来るG8サミットでは「原発継続」を表明するらしい。日本が「脱原発」に転じたとの見方を払拭するとのことだ。菅首相が選択したその未来に、一体どのような夢が描けるというのか。

折りしも今朝のテレビで、全電力量の7割を自然エネルギーでまかなうニュージーランドの事例が出ていた。2010年時点で、「水力」が56%、「風力」「地熱」が16%、残る28%が「火力」。原発は1基もない。

「非核宣言」をしている国で、毎年8月6日は「HIROSHIMA DAY」と呼ばれ、クライストチャーチで「ヒロシマ原爆忌」が行われているとは知らなかった。このように市民意識が高ければ、国策として自然エネルギーへの投資を進めることもできるのだ。

そのニュージーランドの地熱発電を支えるのは、なんと世界シェアの7割を占める日本の技術。世界のトップは富士電機らしい。
世界最大の地熱発電(ニュージーランド2010年5月17日)

再生エネルギー技術では日本が世界のトップを走っている。なぜ、日本は国策としてそちらの夢に賭けない。気づかなければ気づくまでサインは出続ける。このサインで気づかなければ、さらに大きなサインが現れるだけだというのに。




相談者の方から頂いたメールにも、意味深い視点があった。

原発を止めても、使用済み燃料(&汚染物質)は消えることはない。
すべての国が原発をやめたとき、各地に点在する廃炉群はお墓となる。

そのお墓は「永代供養」しなければならないが、
社会の「外」に置かれたまま、訪れる人もいない。

けれど、人災や自然災害の破壊から守るために、技術や知識は受け継いでいかなければならない。何にも役に立たない、誰からも見向きもされない残された汚染物質のために。

危険と隣り合わせの『負の遺産の見張り番』
世間に忘れ去られたお墓の墓守。
一体、これを職業とする人がいるだろうか?

しかし、そういう番人を、未来永劫作っていかなければならない。
そういう拘束された人を作ってしまうこと―これはとても罪深いこと。



『思いっきり、「負の遺産の見張り番」になる人って皆の受け皿じゃないですか…』―なるほど、と思った。受け皿となって苦しまれている人の視点は素晴らしい。

原発推進企業や政治家の幹部の方々、
あなた方が今、どれほどの罪を犯しているかわかりますか?
あなたの子々孫々にわたって原発のお守りをさせる覚悟がありますか?



あなたの思考と行動は、人に対する愛に基づいていますか?







【KOKIA 「罪滅ぼしの歌」】





―なぜか、涙が出てくる。

孤独からの逃走が、間違った道を選ばせ続けている。
だから何度も、IPの逆襲に遭う。
気づいたら闇に引き戻されている。

怖いだろう。

苦しいだろう。

けれど、光に向かう意志を持ち続けてほしい。
くじけないでほしい。

あきらめたら、そこで終わり。

この地球の運命も―

あなた方が握っている。


私にできることは、
『今、生まれ変わろうともがいている途中』の人をただ支えること。




関連記事
 
Comment9  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

向き合えてる?
闘えてる?

消されそうになる。
怖い。
この感じも。
今この瞬間さえも。

何より怖いのは、それを心底から「怖い」と思えない自分。
ふわふわしてる。

夢の先を、この目で見たい。

 

ぐるぐる、ぐるぐる、しています。

「苦しい」と口に出してみて、リアルタイムでそう感じられている自分に気付きました。
一時あった爽快感は、跡形もなく消えて、苦しさと殺意と憎しみが溢れ出てきました。
「苦しい、憎い…悲しい」

「私は親を憎む」とノートに書いて、しばらく考えていたら、「…いつか許すために」という言葉が浮かびました。
そうか…そうなのだね、と思って、チャイルドと共に泣きました。

好きなこと、少しづつ始めています。
楽しい直後に、嫌な罪悪感。
でも、やめません。

 

原発のこと

事故後、原発のことを自分自信のこととして真剣に考えるようになりました。
このサイトで教えて頂いた(読者のかただったでしょうか)武田先生のブログがとても役立っています。

以下引用(引用OKとのことです)

原発の事故が起こると、国民の待避は遅れる、重要情報は隠す、それに加えて子供を被曝させる文部大臣が登場するという始末だ。

なぜ、これほど「胆力のある国民」と「正義心のない政府」の組み合わせになったのだろうか?

全ての原因は「税金の取りすぎ」だ。

今の政府や官僚、東大、NHKは明確に「乞食の集まり」・・・自ら額に汗して生活をするのではなく、口先で他人の財布からお金を引き抜くことだけに長けた乞食集団・・・であることが、この福島のプリズムを通してみるとハッキリ見える.

人間社会というのは何時になったら一人一人の人間としての尊厳が尊重される時代になるのだろうか?
それは、国民一人一人がどのぐらい「偉く」なったら、実現するのだろうか?

引用ここまで。

ご紹介したくて載せさせて頂きました。

武田先生のブログ
http://takedanet.com/2011/05/110516_53fa.html

 

自分と向き合い始めて、良くなってきたと思ったら、体調が悪くなったり、横槍が入ったり…というコメントを読んで、私と一緒だぁ~と「ホントよくわかるわぁ」と。

肋骨骨折したり、腰を強打して動けなくなったり、その他イロイロ…

でもそれは自分を主張するチャンスだったり、自分を信じるための練習だったり、そして、しんどい時はゆっくり休めばいいと…

スッゴい、勇気をもらいました。

いつも、こーなると、嫌になって、何で?またか…と凹んだけど。
辛くても自分と向き合って行こうと思えました。


勇気や希望を有り難うございました<m(__)m>

 

迷っていいし、間違えてもいいのだと思います。

螺旋を描き抜けるって、その遠回りな円形は、逃げと間違いを言うのかもしれない かならず軸に戻るからいい。

迷い 間違えることで 人の側面を受け入れられる。
プライドを壊せ
もの解りの良い自分を壊し 迷惑をかけてみたら
見過ごして 黙認してもらった。私も許して貰えるのかぁ

ハラッシーはハラッサーを馬鹿にしてしまう。
あんなやり方は私はしない というプライドを壊し あんなことするなんて をあってもいいのだと変えられた。

人の行為を見ず、傷と痛みを見たい。
そしたら、ただの人に見えるだろう。
鍵は 想像力。
自分も醜く恥じかいて許すこと。
そんな気がしてます。

 

あきらめません。最近たくさん感情がでてきます。

受け皿にし続けた兄への殺意支配した母への怒り 無関心を貫いた父への怒り
苦しい。苦しい。

医師である鎌田寛さんの 「あきらめない」から抜粋

人生は他の人が代わって生きることができない。親だって恋人だって友人だってできない。その人しか生きることができない。命はその人のものだ。どんな悲しみがあってもどんか苦しみがあっても、たった一回の人生を丁寧に生きていくためには何があっても人生をあきらめないことが大事だとたくさんの人から教えられた。


だから悔しいんです。勝手につけられた傷。悔しいんです。でもこれが僕なんだと思う。今の苦しくてもがいてる自分を自分で抱きしめる。殺意を抱く自分を抱きしめる。

苦しいけどあきらめない。

 

いろいろ苦しいです。
自分と向き合いはじめてから良くなったと思っては横槍が入ったり、体調がわるくなったり。
でも横槍は自分が試されてるのかなーとか自分を主張するチャンスなのかもとも思ってます!
そして体調悪い時は休む!とにかくじっとしとこうと思っています!

なんか書いてるうちに自分変われてきてるとも少し思いました!笑

苦しいときもしんどいときも自分を信じようと思いました。

 

廃原発にはお寺を建てて供養したら良いと思う。

私たち日本人には、悪人でも死んだら仏様としてとらえることができる心があるし、八百万に神が宿るような国でしょう?
まして原発は人間の勝手で作り出されてこき使われた被害者でもあるんだから。

いままで役に立ってくれたことに感謝して、手厚く葬ってあげられたらと思います。

廃炉への道には多大な時間は必要でしょうけど諦めずに進みたいですね。

 

今、生まれかわろうと、もがいてます。

辛いです。

長いです。

何度も何度も繰り返し、少しずつ螺旋に上がってるのでしょうが、同じ事の繰り返しの様で、苦しいです。


早く楽になりたい。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード