プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

怒りを笑いに変える「お笑い米軍基地」

2011/08/15(Mon) Category : 戦争
今日は66回目の終戦の日。
戦争は、まだ終わっていませんね。
戦争は終わっていない
時代が世代間連鎖に与える影響-日本全国版


ところで、貯蔵していた果物の缶詰を今日開けて、缶を洗うために紙をはいだら、地金に「66」の大きな文字。マジックで書いたかのように斜めに書いてあります。今までも洗ってきましたが、このように書かれているのはなかったように思います。おやおやと思い、調べてみると―

「66」
-起こる現実をものともしない強い意志と同時に、すべてを慈しむ愛に満ちた数霊。冬の凍てつく寒さの中にあって、種が芽吹きを待ってその時を待つように、あなたという寺院の中で熟成され、活躍のときを待つのです。あなたの意思を再確認し、覚悟を決めて進みましょう。


そうですね。
社会、いえあちらもこちらも世界は最悪、厳冬のように見えますが、アンシャンレジーム(旧体制)がジタバタしているだけ。外がどんなに寒風吹きすさんでいようとも、自分の中に愛を育てている人には、活躍の場が待っています。

これまでも私は、流転する変化を楽しんで生きてきました。
それが、ここへ来てメッセージとして現れてきたということは、大きな変化がくるということかな。

何があろうとも動じることなく、覚悟を決めて進みましょう。



戦争が終わっていないことを実感している島―沖縄。
いまだに戦争を背負っている沖縄。
その沖縄発のコントに、これからの激動期を生き延びるヒントがあるかもしれません。



【お笑い米軍基地】


「真逆のキャラクターがいるということは、お笑いが生まれるということですよ」と、現実を面白がる小波津正光さんのたくましいコント魂に希望が見えます。



関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

お前がだめなら養子をとるまでだ

 

国家(心)に革命を起こそう。
心(国)が侵されて、防壁が出来てしまった。
古い体質(許せない、怖い、)を打破するには、新しい勢力(愛)を少しずつ根付かせて行くこと。
閉鎖から交流へ、不信から調和へ、敵対から和解へ
地球上にまだ誕生したことのない新しい国家(心)の誕生させようぞ!


※昨日こんな文章を書き上げましたが、どこに書こうか迷っていたら、直感でここだと思いました。

 

びっくり

私も今日、車のナンバーやホテルの部屋が6続きで気になっていたところでした。
ありがとうございます。

 

待つ時間が不安である自分と向き合いつつも

外がどんなに寒風吹きすさんでいようとも、自分の中に愛を育てている人には、活躍の場が待っています。

先生のこの言葉にどれだけ救われたことでしょう。
諦めずに、自分と向き合い、自分を信じて時を待ちたいと思います。

また慰霊者の方々が報われるためにも、全人生をかけて、子供が加害者にも被害者にもならない社会に向けて、一歩ずつ、一歩ずつ歩んでいこうと思います。

ありがとうございます。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード