プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

宇宙の始まりと生命のテーマ

2011/08/25(Thu) Category : 宇宙・スピリチュアル
【生き方は星空が教えてくれる】

★宇宙の始まりと3次元(時間と空間)-------------------------------

さて、『天文を学んだものなら、誰しもが一度は考えること。それは、宇宙の始まり』。で、木内さんは行ってみました。

すると、『そもそもの初めにあったのは「膨大な意識」でした』。
それは『とても退屈』な世界でした。
『すべてが記憶としてわかり、すべてが自分自身だということは、とてつもなく暇で、退屈で、それなのにこれといってやることもないのです』

『暇を持て余した膨大な意識が、一つの「ひずみ」を生み出しました』
『生まれたひずみは、その瞬間から解消に向かい動きはじめます』―その動きが“宇宙”でした。


木内さんのたとえで言えば、ピッタリと合わせた手のひらをパッと離すと空間が出来、そこに空気が流れ込んでくる―このようにエネルギーの流れができ、それが渦を作り、塵が集まって物質を作っていく・・そのようにして物質宇宙が出来たようです。

つまり、ひずみが「空間」、ひずみが解消するまでの経過が「時間」を生み出しているわけで、時空間が成立する3次元宇宙は、すなわちこの“ひずみ”というわけですね。




★生命の営みの意味-------------------------------------------------

このひずみが解消されるとき=3次元宇宙の崩壊=無に帰す(意識の海に還る)ときです。このことを理解したときの木内さんが素晴らしかった。彼はこう書いています。

『自分たちが 泣いたり笑ったりしながら生きているこの世界が、膨大な意識が暇つぶしのためにつくり出した世界にすぎないということは、空しいことのように思われるかもしれません。しかし、私がこのことを知ったときに感じたのは、生きることの素晴らしさと大きな喜びでした』


つまり、いかにひずみを保ち続けるか―それが、私たち生命を持つものの使命なのだと思います。そのためには、生態系を維持し続けること=環境を低エントロピーに保ち続けること=美しい水の循環を絶やさないこと―それが、人類を含めた全生命体のなすべきことなのでしょう。


実際、木内さんが見た地球の歴史は、『地球の環境バランスを整える』という『たった一つの目的のもとに』様々な生物が満ちていく様子でした。進化論が唱える『自らの種を繁栄させるためではなく、地球環境のバランスを整え、より長く生命が循環し続けられることを目的に進化していました』。

植物が中心。その植物の生態系維持のために動物が生まれ、全生命のバランスを管理するものとして人間が生み出されたそうです。

このように宇宙の成り立ちがわかってくると、自分が何をしなければならないのかが見えてきますね。










【earth song sound】


天の川が交響曲を奏でるように

地球もまた歌っていますね


調和の喜びの歌であふれさせたいものです

そして、その歌がいつまでもいつまでも続かんことを―




関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

ブログ記事にあった知は力なりという言葉を自分なりに解釈してみました。
この「知」を力にするには、良い言葉の波に気持ちを乗せることなんです。
波に乗るのに必要なのは単純さ。
それを出来なくさせているのが、凝り固まった価値観、否定、理解されてないという思い、無価値、罪悪感、人との比較、怖れ、不安、執着心、猜疑心、完璧主義。
こんなものから、力が得られないと思うのは否定や凝り固まった価値観や猜疑心でした。
自然からでも童話からでも荒唐無稽な話からでも力は得られるんです。
こちらが気分が良くなりましたと言えば、言った相手も気分が良くなり波が大きくなりますよね。

P.S
何故か鰻のひつまぶしを連想してしまいました。(笑)

 

暇つぶしってことは

楽しんで生きる為に生まれてきたってことなんでしょうか。
どうやったらみんなで楽しく長く過ごせるかというか。
やっぱりそうなんだよな~、そうなんじゃないかって思ってるのにそうじゃないって刷り込まれてきてるからか怖くて出来ないんだよなあ・・・。
なぜかこの記事を読んだら泣けてきました。
このところ夜ベッドに入ると感情が出てきて毎晩のように泣いています。
いっつもちっちゃい私です。
一昨日は「お母さん、さようなら、ママ、バイバイ」って言葉が出てきてうわ~んと泣きました。
ずーっとバイバイしようって思ってきたのかなぁ、私。
でも言えなかったし、出来なかったのかなぁ。
感情が出てくると’子供って可愛いなあ’って思います、自分なんですけど・・・。
何でこんな可愛いのにいじわるしたり粗末に扱ったり出来るんだろうって不思議に思います。
今の私だったら子供ができたらすごくかわいがれるのにな。
もう歳だしひきこもりだから相手もいなくて子供と過ごせないかもしれないけど。
なんだろうな、何でこんなことになってるんだろうな地球。
悲しいなあ。
悲しいなあ。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード