プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

大徳寺大仙院の尾関宗園和尚さん

2011/09/23(Fri) Category : 神社・寺・城・歴史
仁徳陵を後に、いざ京都へ。
駅で妻と待ち合わせをし、ホテルに荷物を置いて大徳寺に向かった。

妻は、高校の修学旅行で行って(←これが1回目)以降、ほぼ10年ごとに過去3回大徳寺に行っている(↓)。
新幹線て止まると大変。

大仙院の尾関宗園和尚のファンで、本もほとんど読んでいる。
そして、今回もほぼ10年ぶりの訪問となった。


雨の大徳寺。

201109daisenin3



同じ場所を撮った写真の片方に白いものが2つ写っていて、もう一つには写っていない。この違いはフラッシュをたいたか否か。フラッシュを使ったほうに写っているので、おそらく雨粒にいい角度でフラッシュが反射したのかもしれないね。

201109daisenin1 201109daisenin2



宗園和尚も、来年で御年80歳になるそうです。

201109daisenin4



でも宗園節は健在でした。

201109daisenin5



途中で他の観光客の方にサインをしながらも、私たち二人にずっと話しをして下さいました。この後、隣の部屋でお茶を飲んだのですが、そこにも来られてお話し。何度も、まっすぐに目が合いました。

今の世のあり方に対する“思い”が伝わってきました。

ずっとずっと熱い思いを懸命に伝えてこられた和尚さん・・・
今もまた、目の前の二人に懸命に伝えてこられます。

そのお姿に感動しました。
このようにありたい―そう思いました。

宗園和尚のこのお姿は、私の心の宝となって生き続けるでしょう。


ありがとうございます。




201109daisenin6






幸せな思いで大仙院を後にし、夕食は、三条界隈のとても風情のある一角で自然食品の店。とてもおいしかったです。

201109kyoto1

201109kyoto2

201109kyoto3

201109kyoto4





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・フォト蔵の不具合により、アルバム及びブログ内写真が見られない場合がありますが、その際は復旧までお待ちください。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード