プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「種を採る人」―雑木林から教わった岩崎政利さん

2011/10/29(Sat) Category : 映画
【国際有機農業映画祭2010】

「種を取る人」----------------------------------------------------

「種を採るということは、野菜の一生と付き合っていくということ」

あぁ、人間と一緒だね―岩崎政利さんの言葉を聞いてそう思った。
わが子のように野菜と付き合ってるんだ。
岩崎さんの作る野菜はおいしいだろうなぁ…そう思った。


しかし、父の後を継いで農業を始めたころは、「種は買うもの」だった。
今も、自分で種を採る農家はほとんどいないそうだ。

が、30代のときに突然体がしびれて2年間も寝たり起きたりの状態に。リハビリのために雑木林を歩き回る中で、森が持続している姿に感動。

木々や生き物が共存している。
自らの種を落として子孫を残している。

タネは買わなくていいじゃん!
この雑木林を畑に再現したい!

わからないことは自然に聴けばいい。
すると雑木林が教えてくれた。

耕されることのない地面
その上を覆うふかふかした落ち葉
落ち葉から無限に栄養を生み出す微生物

そこから、形が見えてきた。
自家採種
共生利用
不耕起栽培



作物も「花も実もある人生」を全うしたいよね。

自殺する遺伝子を持った作物なんて哀しい存在だよね。

そんな遺伝子を持った作物を食べても幸せになれる気がしない。



種(自然)は愛に応えてくれる。
その土地の、そして自分だけのおいしい野菜ができる。

種を慈しんでいる様子は、まさにわが子を愛でるようだった。
それだけで、この種からできる野菜を食べてみたいと思う。

そうやって、大事に育てた種を岩崎さんとおばあちゃんが交換していた。
その姿がとてもいいなぁ、と思った。





★“ありのまま”に気づかせてくれた雑木林----------------------------

岩崎さんの転機は、『30代のときに突然体がしびれて2年間も寝たり起きたりの状態』になったからこそ起こりました。

そのときは、誰を恨んでいいのかわからない身の上を嘆き、将来の不安に怯え、暗澹たる思いで鬱々とした日々を過ごされたことでしょう。

まだ30代なのに、もう人生終わりか・・・絶望もしたでしょう。

その思いを分かってくれる人もなく、不自由な体でできることもなく、
彼は、ただ雑木林を歩き回りました。

ありのままの姿でそこにある雑木林。
その雑木林は、岩崎さんが自由に歩き回ることを許してくれました。

雑木林が、岩崎さんを受け止めてくれたのです。
岩崎さんは、癒されたことでしょう。

そして、雑木林に包まれた安心の中で、
自分と向き合う時間を持つことができたでしょう。

その雑木林のありのままの姿を見て、岩崎さんは感動します。
“感動”が、岩崎さんの心に火をつけました。

そこから、岩崎さんの本当の人生の物語が始まりました。





★歩き回ること、自然に接すること-----------------------------------

自分が何をしていいのかわからないときがある。
それどころか、自分が何ものかさえわからなくなる時がある。

ただただ、えもいわれぬジリジリとした焦燥感に襲われ、
いたたまれずに外に出る。

といって行く当てはない。
ただ、足に任せて歩き回る。

何で歩いてんだろう、俺―そう思ったりしながら、
数時間も歩き回って疲れて帰る。

このような日々で、それでも足りなかったのか、
それとも歩き回ることが準備だったのか

翌年フラッと旅に出た。
それが、1年に及ぶヒッチハイクの放浪の旅の始まりだった。

それから1年間、日本の地をこの足で確かめ、いろいろな人と出逢い、
体が何かを体得していった。



歩く足が考えていたんだろう。
頭がゴチャゴチャしているときは、頭は休めて足に考えさせればいい。

そのためにレールを離れることは有効だ。
レールを離れてしまえば、ゴチャゴチャ言うIPは役に立たない。



レールに乗ったエリートだったある人は、
都会を離れ、自然の多い地に移り住み、野山を歩き回って過ごした。

机に向かって頭だけ働かす日々が、
足を動かし、頭はボーっとする日々に変わった。

そして、IPは鳴りを潜め
IC(インナーチャイルド)が復活した。



昨夜見たNHK首都圏スペシャル「震災から新たな生き方」
行動することで人とつながり、そこから新たな生き方を始める方が沢山いた。

クローズアップ現代でも、地方に移住して自給自律を目指す人々の動きを伝えている。

日本社会が、21世紀型のコミュニティを創り始めている。





【ご参考】---------------------------------------------------------

・岩崎さんちの種子採り家庭菜園



岩崎政利さん
岩崎政利さんの取り組み
種を採る人たち 自家採種は楽し
種を採る女たち―次世代に繋ぐ物語






自殺させられる種が泣いているよ・・・
そんな種(遺伝子組み換え作物)を作るなんて、コギ族の人々がいう通り自然への冒涜だ。

種も自分を愛してくれる人の傍にいたいよね。




【砂川恵理歌 「一粒の種」】






関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

遺伝子組み替えによる自殺種子はネットで騒がれていますね。
メカニズムも、酷いものです。
遺伝子組み替えの種子が他人の畑に入ったら、その方の収穫に対して、著作権料?を要求するとか…?調べれば恐らく書いてあると思います。

存在不安も己の欲望或いは罪の一つだとしても、
ヒトはその為に命まで操ってしまうのか…

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード