プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

東京・大阪・愛知―各地で広がる脱原発電力

2011/11/04(Fri) Category : 地震・災害・脱原発
原発をウォッチしている妻から、国立市が大英断をしたニュース。嬉しいので思わず紹介です。



★国立市が「脱東電」学校などの電力切り替え【産経2011.11.3】

 国立市は、市役所庁舎や公民館、市立小中学校など20カ所の電力供給元を東京電力から電力小売り事業者「エアネット」(本社・港区)に切り替えた。

 東電福島第一原発事故を受け、市は9月、入札による電力供給業者の選定を決定。温室効果ガスの排出など環境負荷が一定の基準を下回る業者のみを対象とした一般競争入札を10月に実施し、東京ガスなどが出資するエアネットが落札した。入札には4社が参加し、エアネットの単価が最も安かった。エアネットへの切り替えで、20施設の年間の電気料金は約150万円安くなる見込みだという。契約期間は11月から来年10月末まで。

*港区にPPSトップ業者の「エネット」という会社がありますね

大阪もエネットだったんですね~(↓)





★橋下知事「大阪府庁の節電 全然意味がない」【スポニチ2011.7.4】

大阪府の橋下徹知事は4日、府庁本庁舎で使用する電気について関西電力とは別の会社から購入していると明かし、庁舎内の節電を見直す考えを示した。「府庁(の照明)を真っ暗にしてエアコンの温度を上げているが、全然意味がない」と、府庁で記者団に述べた。「通常の小まめな、無駄を省く節電はする。担当部局と議論したい」と述べ、対応策をあらためて検討する意向だ。

府庁舎管理課によると、本庁舎は大阪ガスなどが出資する電力小売会社のエネットから電力供給を受けている。知事は関電の節電要請について「一律削減を求めたので、業者も怒っている」と、重ねて不満を述べた。


*エネットに問い合わせされた一般の方もいらっしゃるようです(↓)
電力自由化に乗ってみようとエネットさんに連絡してみた





★立川競輪場 脱・東電で別業者と契約し電気料金を3割削減【週刊ポスト2011.06.24】

東京・立川市にある立川競輪場を運営する立川市は、電光掲示板や照明などで大量の電力を消費する競輪場の経費削減に頭を痛めていた。そして、電力の購入先を東電から特定規模電気事業者(PPS)のサミットエナジー(本社・東京都)に切り替えたのは昨年4月のことだ。

 効果は覿面だった。同競輪場が支払った2010年度の電気料金は4500万円で、前年度(6200万円)からの3割削減に成功したのである。同市行政経営課の田中準也・課長が回想する。

「見積もり段階で安いことはわかっていたつもりですが、最初の請求書が届いた時には、“こんなに安くなるのか”と目を疑ったほどです。5月で比較すると、2009年の使用量は約16万kWhで480万円。10年は20万kWhと増えましたが380万円でした」

 立川市では今年度、市立の小中学校や図書館など53か所の公共施設で「電力供給」の競争入札を実施。するとすべての施設でPPSが東電より約2割安い金額で落札した。「競輪場を含めると、市の年間の電気代は年間約5000万円減と見込んでいます」(同前)というから驚きだ。

 PPSとは自前の発電所などから調達した電気を販売する電気事業者のこと。2000年の電力自由化で設立が可能になり、現在は契約電力50kW以上の需要先に販売が認められている。

 東京電力をはじめとする10電力会社の料金は、発電などに要したコストに一定の利益(現在は3%)を上乗せして決まる。「総括原価方式」と呼ばれる仕組みだ。そのため、「コストをかければかけるほど多くの利益を得られる」という奇っ怪なビジネスモデルが営々と続き、電力会社のコスト削減や技術革新の意識を失わせてきた。

 一方、市場競争にさらされるPPSは発電所建設費や人件費、広告宣伝費を削ることでコストを抑え、廉価販売を可能にした。送電線は既存電力会社の電線を使用するので電気料金には1kWh当たり約4.5円の「託送料」が上乗せされるが、それでも“殿様商売”の10電力に比べるとはるかに安く販売できるのである。



 愛知・新城市では、今年7月から購入先をPPSのエネサーブ(本社・滋賀県)に切り替えることを決め、市役所庁舎など33施設で年間1500万円の電気代削減を見込んでいる。変更の過程ではこんなことがあった。

「検討中の3月に、中部電力さんから値引きの料金プランを提示されました。ところが、それでもエネサーブさんより高い。当然、購入先を変更することになりました」(同市行政課)

 民間でも導入例は多い。東京メトロでは2006年にPPSと契約し、「初年度で銀座線の電気料金(年間10億7000万円)を1割削減できました。詳細は公表しておりませんが、その後も導入路線を増やしています」(広報部)

 という。その他、ヤマダ電機や日本橋三越、旭化成ケミカルズ、東レ、三菱地所など、多様な業種がPPSに切り替えている。





こんな動画もありました。「六本木ヒルズが余剰電力を東電に供給する」そうです。

【天然ガス利用 六本木ヒルズの発電設備が初公開】









関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

わくわくしますね

久しぶりに胸がすくお話を聞いた気がします。
安いし、原発は使わないし、言うことなし!ですね。PPSですか。今後は各地各施設、こぞって採用しそうですね。

紀元前3114年辺りから始まったらしいマヤンカレンダーが先月の10月29日に終了し、現在は新しい時代へ移行する時期だと言われていますが(終了日は諸説あります)、まさに、そんな感じの時代の変化を感じます。暗黒の時代から黄金時代へ。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード