プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

社会からコミュニケーションを奪った一因としての冷房

2009/07/30(Thu) Category : 環境
【前項の続き】

もう一つ。冷房が社会からコミュニケーションを奪ったと感じている。

冷房を入れると、窓を閉める(車でも、家庭でも、会社でも)。
そこはノイズの入らない価値閉塞空間となり、服従圧力が強まる。
ノイズが入らないという環境そのものがノイズを出すなという禁止令となる。
必然的に話がしにくくなり、静かな空間へと変質していく。

たとえば静かな職場に人が入ってきて中の人に話しかけたとしよう。
話しかけられた人は、より小さな静かな声で返す。
すると、話しかけた方も小さい声になり、ますます職場は静かになっていく。

これをシステムズアプローチの観点でいうと次のようになる。
1,ノイズ遮断の禁止令の中で、静けさを保つというホメオスタシスができる
2,外部から、その恒常性を破るポジティブフィードバックがある
  (ここでは、ふつうの声で話しかけること)
3,すると、それを打ち消すようにネガティブフィードバックで返す
  (ここでは、小さい声で返すこと)
4,そのフィードバックを受けて話しかけた側は自己修正し、小さい声で話をするという自己修正フィードバックを行う
5,こうして禁止令および静けさを保つというホメオスタシスは維持される。


職場を活性化しようと、あの手この手を使ってもどうにもならない。
コミュニケーションを活性化しようと挨拶運動などやっても焼け石に水。
聞こえてくるのは、キーボードを打つ無機的な音ばかり…。

なぜ、海の底のようにシーンと静まりかえった職場なのか?
その答えの一つがここにあると思う。

ごく単純な話、空間が密閉されているからだ。
それは、外部価値と交流してはならないという禁止令の空間となっている。
その構造的原因の一つが、「冷房」なのだと思う。



---------------------------------------------------------------
私たちは即物的な快適さを求めて、
打ち水や風鈴などの知恵を捨て、
赤ちゃんの時からエアコン付けにすることによって体温調節能力を奪い、
自律神経を失調させ、
ノイズを奪うことが知恵を奪い(←ネズミの実験)、
さらに人と人との関わりまで喪失させている。
そして、人の社会をおかしくするばかりか気候をもおかしくさせている。


ザラザラして心地よくない“刹那の快適さ”を求める代償は、あまりにも巨大だ。コスト換算すれば、瞬く間にエアコン文明は消失するだろう。
代償が、人体崩壊、社会崩壊、自然環境崩壊では意味がないからだ。



かつて、電車の中は会話があふれていた。
見知らぬ人との会話もあった。
開放され、1/fのゆらぎもあればノイズもあったからだ。

私の若い頃など、電車でも飛行機の中でも、ふとしたきっかけで隣に座っている女性などと話が始まり、長い距離があっという間だったことがよくあるよ。社会が解放されていれば、婚活などしなくとも出会いの場は至る所にあった。「袖触れ合うも多生の縁」という言葉が生きていた。(羨ましい?)

道路は貨物を流し、電車は人を流し、川は水を流すところではないのだよ。すべての通路や経路は縁を結ぶ場でもあるのだ。
が、効率(スピード)ばかりを求めて、道路から人を排除し、ダイヤからゆとりを排除し、川はコンクリで固めて生態系を排除した。

人を輸送する交通機関は、人と人がふれあう空間でもあるというところに再度焦点を当てて、老人や子供のペースに戻そうよ。
せめて、今日はエアコンはいらないと感じる気温であれば、クーラーを強迫神経症的にかけることをしないところからでも始めてほしい。

みんなの思い方一つで、開放的でゆとりある社会(開放定常系)に帰ることはできると思うよ。




「秋葉原通り魔 弟の告白」(後編)より-密室(価値閉塞空間)の中に事件の種が蒔かれる



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

国が生活保護でもクーラー保有可とせざるを得なくなったような悪化した状況をなんとかしないと。 東京区部でもクーラーが普及していなかった時代に建てられた敷地の広い建物は冷房不要。でも、全体的に高層化が進み、湾岸に高い建物が建ち、海風が入らなくなったのでかなり敷地が広く木が多くないと

駄目ですが、そういう家の近所も多少は涼しい。
江戸時代は二階建て迄しか建てられないのが原則だったので都市の風通しがよかったです。皇居を見下ろす建物が建てられるようになる前は、大手町でも汐の匂いがしました。
敷地が小さい京町屋も夏は涼しく暮らせるように出来ていて一階はいいのですが、最近は二階の風通しを良くすると外から熱風が入ります。

冷房が無い時代、「徒然草第55段 家の作りやうは、夏をむねとすべし。」としていた日本建築で、一番暑さを過ごし易くしたのは、多分京都御所と江戸城なんでしょう。
新規の建築は、御所と江戸城内郭の土地利用の建ぺい率と容積率を基準にして、御所や皇居から離れるにつれて緩和するようにし、高さは御所や江戸城天守閣を見下ろさない高さ。地形的に見下ろすところは二階建て迄、山を隔てた僻地迄いかないと新しい超高層建築が建てられなくなるから地方の為にも良いでしょう。

後は、暗渠化された川を元に戻して、河川敷を拡げて川の土地を川に返して緑地にすること。

今の東京じゃ夏に何かあって停電したら暑さで人が死んじゃいます。石原都政がやった建築制限緩和は国防上もよろしくない。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・フォト蔵の不具合により、アルバム及びブログ内写真が見られない場合がありますが、その際は復旧までお待ちください。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード