プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

お知らせ

2012/01/25(Wed) Category : 自律(自由と責任)への道
 
Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

遠くまで

先生のブログに出会って四年目の冬
また、ほんのすこしだけ進めた気がします。
両親を赦すということ
生かされていること
私は不必要でないこと

大切な人をまた失いました
でも
悲しいと辛いと
直接的に感じ取れる私になれて、嬉しいです。

先生、ありがとうございます。
生きて行きます。
私が私であるために。

 

「眠いよ~」も

感じちゃいけなかったんです、私。
「おしっこ~」も「お腹すいた~」も「だっこ~」も。
赤ちゃんて、眠いとかお腹すいたとかおしっこでて気持ち悪い~とかって泣いて表現するから。
で、「ぐずるな!」ペンペン!となるわけです。
でもそれ感じちゃいけなかったらもう人間じゃない(生き物ですらない)ですけどね。
そりゃあ自分は世界から受け入れられてないって思っても仕方ない。
少し大きくなって「いや!」なんて言おうものなら「なんてわがままなの!」ペンペン!
嬉しがれば「バカじゃないのそんなことで喜んで」と辱める。
この子も意思表示をできるようになったか、成長したななんて感じる心の余裕は無いんですね。
自分が不安にならないように子供を形作っていく。
不安になる要素は徹底的に排除しようとする。
それはそのまま私自身が私をそういう目で常に監視するということになる。
いまも。
こんにゃろ~どうしてくれんだよ、思うように生きられないじゃない・・・って苦しい。
怖がらなくてもいいことを怖がり、恥ずかしがらなくてもいいことを恥ずかしがってる徒労感。
でも怖いし恥ずかしいし不安で仕方ない。
参っちゃうよほんと。
でもそうなんだからしょうがないけど。

小中学生の頃ブルーハーツが好きでした。
最近になってまた聞くようになって、「すごいな~本物だな」って思います。
’ナビゲーター’って曲があるんですけど、
歌詞の中に


私はきっと悲しみの真ん中あたりで泣いている
私はきっと喜びの真っただ中で笑うんだ

あ~この旅は気楽な帰り道
のたれ死んだところで本当のふるさと
あ~そうなのかそういう事なのか


っていうのがあって、本当にそうだなって思います。
焦って自分を責めて苦しいときにはこの歌を口ずさんで、ただこうして生きればいいんだって言い聞かせてます。

 

ありがとうございました。

全部目を通しました。
思った以上にわかってなさすぎでした。
ただ、わからないままに、すべてに当てはまっていて愕然としました。
しかし、わかってないことを認めることができないでいました。
まだ未消化です。時間をかけてまた読みたいと思います。
取り急ぎ、お礼をしたくて、コメいたしました。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード