プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

【お知らせ】高山市でのカウンセリングについて

2012/06/17(Sun) Category : 家族心理・子育て講座
昨日は、記事をアップした後カラオケボックスに面談に出かけました。

いつもながらですが、相談者の方の頭の中にとてもリアルに親や他の人々が存在していることに驚かされます。エンプティチェアをすると、まさにそこに実体化して見えるかのようです。

この自分で演じて実体化するということが、とても効果を上げます。頭の中の言葉や自分の気持ちを実際に声にすることで、気づきが深まり明確化されます。相手を演じることで相手のことがハッキリとわかり、虚構がはぎ取られて真実の姿が見えてきます。終わる頃には不安や恐怖がなくなり、自分の意志が芽生えています。


また、
「自分の中にあんな思いがあるなんて知らなかった」
「自分の中からあんな言葉が出てくるとは思わなかった」
という感想もよく聞かれます。実際に体を動かすことで、隠れていたチャイルドが飛び出してくるんでしょうね。このように、自分の知らない自分が出てくるのも大きな成果ですね。


ただエンプティチェアは、「頭で理解していても一人では難しい」ということをよく言われますが、一人で行う場合は、主に次の二つの要因で、ほとんどの方はうまくいかないようです。

1,「IP+人生脚本」連合軍に適当なところに落とし込まれる
2,「Youメッセージ」になってしまうため、気持ちを言っているつもりで意識は相手に向いている(ICは置き去りになっている)

そのため、適切な導きが必要であり、また、安全な空間で見守られる中で行うというのが勇気につながるのだと思います。(電話を通じてのエンプティチェアもよくやっております)



----------------------------------------------------------------
さて、帰宅後に朝アップした記事を見て、「ありゃりゃ」!
修正した前の文章がそのまま残っていて重ね餅のような表現になっている箇所がありました。大急ぎで修正。

何事も、急ぐとよくないですね~。




----------------------------------------------------------------
ところで、6/23開催の「囲む会」に際してカウンセリングのご依頼がありました。私も真智子も日程的には融通が利きますので、もし他にもご依頼のある方がいらっしゃいましたら6月20日(水)までにご連絡ください。

場所は、ご自宅かカラオケボックスになります。
日程は、6/26(火)以降で調整させていただきます。

なお、初めての方は、下記を読まれた上でsodan@@jiritusien.com(@を一つとって下さい)宛てにお願いいたします。
カウンセリング申し込み要領






関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード