プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

毎日放送「たね蒔きジャーナル」頑張れ!

2012/08/04(Sat) Category : 地震・災害・脱原発
今日、朝日新聞の購読者調査の方から電話がかかってきました。どうやら朝日新聞を購読しなくなった理由を知りたかったようです。私の地区では、どうやら(東京でもないのに)東京新聞を取っているのは数名のようですので、目立つんでしょうかね。

訊いてくる順番を聞いていて、「あぁ旧態依然だな」と感じました。
1,何らかのトラブルがあったのか
2,サービスに何らかの不満があるのか

まずこの二つ。販売店とのトラブルも、今はそうあるものではないでしょう。かつて読売との間で、洗剤などのサービス合戦を繰り広げていましたが、サービスで売る時代でもないでしょう。

で、ようやく3番目に「紙面の内容ですか?」と訊いてくるわけです。もうそこしかないよね。情報を得るためにお金を支払っているわけだから、正しい情報を得ることができなければ払う価値がないわけです。

こちらが支払うお金を元にして、本当に社会のためになる情報を発掘し発信してほしいわけです。今巻き起こっている底流の流れをちゃんと伝えてほしいのです。

私たちのお金が、意欲のあるジャーナリストの活動資金になるのであれば支払うでしょう。たとえば、真智子は岩上安身さんを応援するために、お金を支払って会員になっています。


私たちは、自分の意志で「選択」できます。
どのテレビ番組を見るのか、どの新聞を読むのか、どのラジオを聞くのか、あるいはそれらのことに費やす時間自体を減らすのか―日常のささやかな選択の一つ一つが、実は社会を変えていきます。

このような選択も、「行動」なのです。





さて、その東京新聞で、「たね蒔きジャーナル」打ちきりの記事。

tokyoshinbun20120804


「たね蒔きジャーナル」は、原発報道で初めて知ったラジオ番組。
下記記事で登場しています。
内部被曝の怖さ―ICRPの元最高責任者が懺悔、児玉龍彦‬‏氏が怒りの訴え

youtubeにアップされるので聞くことができましたが、放送は近畿2府4県のようです。パソコンでラジオが聞けるラジコで放送すればいいのに、と思ったら、『radiko.jpのサービスは基本的に放送エリアに準じて』いるようです。エリアなどにこだわらず、せっかくのネットの強み、活かせばいいじゃん!と思ってしまいます。

今時、地元を離れて転々流転している人も多いのだから、エリアが異なっても地元の放送を聞く人も多いのではないでしょうか。このあたりに、テレビではなくラジオが活躍できる金鉱が眠っている気がしますが・・いかがでしょうか、ラジオ局さん。


同じく原発関連で聞いたことがある「ぽぽんぷぐにゃん」でも、【え、たねまきジャーナル自体が打ち切り!?】と放送していましたね。

坂田記念ジャーナリズム賞特別賞も受賞し、聴取率も堅調であるにもかかわらず打ちきりとは解せません。





ところで、20120730 たね蒔きジャーナル「脱原発で山口県知事選を闘って・飯田哲也」[1/2] が面白かったです。



民主党への風が吹いたときにも揺るがなかった自公の保守王国山口。
「自由競争―弱肉強食―上意下達―男性優位」が一貫しているようです。まさに産業革命~20世紀の遺物。

そこに、あの飯田哲也氏が切り込みました。
期日前投票ではなんと飯田氏優位。そこから組織票が動いたようです。その上、自公候補の山本氏も「原発凍結」を口にする始末。討論会では「脱原発依存は当たり前」という発言もされたそうですから、保守王国でも脱原発に向けての風が猛烈に吹いているようです。

結果は、25万票:18.5万票。

しかし、自公は35万票→25万票(10万票減)
飯田氏は、0→18.5万票(18.5万票増)

『山口は地割れが起きた!』と言っていましたね~。

負けて胴上げをされたそうです。
なぜか。

「それまでは、何をやっても無駄という空気。空気が死んでいた」
「やれば変わるというエネルギーが溢れ出した」
「目に光がともった」


いや~、心の岩盤に亀裂が入り、そこからインナーチャイルドが出てくる情景そのままですね~。

年寄り世代は心の岩盤を割ることはなかなかできません。逆に割られたくなくて、主義主張を超えて存在不安の塊同士が身を寄せ合ってくっつきます。

飯田氏を応援したという女性と若者世代よ頑張れ!






というわけで、いい番組を放送していただいている「たね蒔きジャーナル」存続へ向けて、下記サイトで署名しました。(←こういうサイトがすぐに立ち上がっているところがすごいですね。)

私のすぐ前に署名されている方は、なんと91歳の方。
このお齢で、社会のために動かれていることに敬服です。(それにしてもネット使っていらっしゃるんですね~)

真智子も、ブログパーツを貼り付けて頑張っています(^^)

打ち切り濃厚「たね蒔きジャーナル」の継続をお願いしよう!





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・フォト蔵の不具合により、アルバム及びブログ内写真が見られない場合がありますが、その際は復旧までお待ちください。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード