プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「原発作業員が語る福島第一原発のその後」 報道するラジオ(20121005)

2012/11/13(Tue) Category : 地震・災害・脱原発
8月に、『毎日放送「たね蒔きジャーナル」頑張れ!』という記事を書きましたが、たね蒔きジャーナルに続く新番組「報道するラジオ」(毎金夜9時)が始まりました。

【報道するラジオ 第1回放送10/5】
パーソナリティ:水野晶子、平野幸夫(毎日新聞大阪本社)
レポーター:上田崇順




上記の書き起こしが下記にありました。書き起こされた方、本当にありがとうございました。(m--m)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2417.html

その抜粋を記載しますが、肉声を聴いてください。
いろいろな思いが湧きます。思わず涙が出ました。
是非、生の声を聴いてほしいと思います。



★原発作業員の見合わない賃金------------------------------------

今でも原発内で、命を削って作業をされている作業員3000名。

2012年9月。宿を出ろと言われた=自分で金を出して食住を用意しろと言うこと。

『15万っていうのが無くなったんですよ。だからかなりの痛手ですよ』

『家族がいる分の生活費と自分の分と二重にかかってきて暮らしていかなければいけない。そもそも作業員の給料って安いんです。前回の取材では1日働いて7000円から1万2~3000円位』
中には、『93%がピンハネされるケースもあったと』

なぜ、今年の9月から急に宿代が出なくなったか?
『当初、事故のあとは緊急という事で指名で仕事があったという事だったんです。東京電力からの指名で。ところが、去年の夏ごろから国のお金で仕事をするという事にもなっていきますので、入札という制度になりました』

『20次下請けという、なんかひどい、これは明らかに労働基準法違反ですよ』『これは摘発しなければならないと私は思いますけれどもね』




★原発作業員はどんな仕事をしてきたのか---------------------------

『建屋の人間、「あそこに走って登って行ってあれ取ってきて」とかいうそんな仕事です。水処理「あそこにレバーあるやろ。走って行ってレバー開けてきて」とかそんな感じです。そういうふうにしか進められないんですよね。放射能が高いので』




★野田総理が福島第一原発の収束を宣言したことについて-------------

『変わらん!何も変わっとらん、現場は。現場も周りも何も変わってない』

『いや、何をいってるやん?と思って、何をもって収束なのか?っていうのをまず聞きましたよ。収束っていう意味はやっぱり「もう大丈夫ですよ」っていう事じゃないですか。もうこっから先は放射能が漏れることもないですし、あとは改善に向かって進んで行くだけですよっていう事でしょ、収束っていうのは。
いや、全然ですからね。なんかステップ1からステップ2になったとか言っていますけれども何一つ変わっていないですよね。今日も放射能は出続けていますし、今日も何百人、何千人っていう作業員が被ばくしていますから』

『汚染水の仕事をする人っていうのは、最初の頃と線量は全く変わってないですからね』

『30分働いただけで1ミリ』
『一般の人が許される被ばくの上限っていうのは1年間に1ミリシーベルト。作業員の人でも年間20ミリシーベルトなんですね』
『1日30分働いても20日しか働けない線量ということになります』




★さらに、日当まで2000円下げられたことへの無念-------------------

『それも、7月から下がりますっていうのを7月に入ってから言われたんですよ。もう全員そうですね。一律、その、要は東電から支払われている金額が下がったっていうことですよね』

『使命感を感じて福島にきているっていう方が非常に多いので、大変なお気持ちだっていう事が分かります。その作業員の方のお声をお聴きください』

『東電もね、やっぱり、なんていうのかなぁ・・・ん…ね…ま、結構、使い捨てみたいな感じで考えているなぁと思う、うん。そうね、使い捨てだよね』

『電気料金の値上げはするわ、ボーナスは出るわ、ね、で、俺らは?って言ったら、宿代は下げられるわ、食費は無くなるわ』

『いやもう単純に怒りを感じますよね。一番しんどい時に来たわけじゃないですか。それでもその、長い事やってもらうからという事で、上がることはあっても下がることはないと思っていたんで、その期間長い事働いてくれたなら、当然その必要な戦力になってくれるんで、給料は上がっていきます。っていう話やとおもうんですわ。
それできたもんで、いきなり下げますよっていう話になって、全くま逆の現象が起こったわけじゃないですか、だから、正直ちょっとホンマにどう言うつもりや?と思いますけれどね』




★作業員を見てこられた福島県の宿やお店の方-----------------------

『もう本当によくやって下さったと思います。作業員の方達はね、本当に知らない土地にきてね、だから電話でお子さんとか奥さんの声、電話がかかってきたら、あの、お話ししているかおなんかはね、本当に嬉しそうだしねぇ~。

本当に早く、あの、原発のほうがね、直って早く自宅に戻してあげたいなって思いましたね。もう、なかにはもう、あの、福島県のために、子どもたちのために頑張んなきゃなんないって、「おいらがやんなきゃ誰がやるんだ」っていう、すごい強い気持ちで来ている方がいらっしゃるんでびっくりしましたね。

いや、もう、「妻には止められたんだけど、もう、福島救わなきゃなんめや」って「ちっちゃな子どもどうすんだ」って言って、「そして納得してもらってきたんだ」っていう方もね、何人かいましたけどね。ありがたいことですよ』


『作業員の人達も、お金はそんなに貰ってないだろうし、被ばくするだけ損する感じだから、帰るもの仕方がないと思う。
だけど、あのぅ、やっぱり福島県民だったら、あそこを片付けてもらわなくっちゃいけないんだから、いまだに誰も見に行けない訳でしょ!?その燃料棒があるところ。

それなのに収束なんかしていないのに収束しているっていう。
福島も元気になっているっていう。元気だよ、そりゃここで暮らす人々は覚悟を持って生きているんだから元気に暮らしているよ。
だけど、それは、ね、毎日元気なくは暮らせないのよ。人は笑わなくっちゃいけないし、食べなきゃいけないし、だからみんなそれぞれ覚悟をもって元気で生きているけど、決してその心底からね、安全でも安心でもないだろうし、外に向かって「安全だから安心だから来て下さい」って言ったところで、自分たちだって一物の不安は何時も持っているわけなんだしさ。
だから…ま、人がいなくなるっていうのは大変って言えば大変だけど、しょうがないとも思うけれど、東電も国ももっと考えてやらなきゃいけない事なのかなとも思うけどね』




★報道の使命----------------------------------------------------

『中には、「これをあなたに話して僕らなんかなるんですか!」と』いう作業員もいらっしゃったようです。向けどころのない怒り・・

『上田さん、ずっと続けて取材するっていう事の意味を今日私は教えて貰ったような気がしますので、また報告を待っております』





人がやったことの始末は人がしなければならない。
「なぜ東電の社員や原発をいまだに推進している原発ムラの人がしないの? 絶対安全と言い続けてきたんでしょ」と言いたくもなる。

ほら、町田市だって言ってるでしょ。
https://twitter.com/Deuxpeco/status/263444536246820865/photo/1

(なお、上記は合成写真との話もありますが、秀逸ですのでそのままおいておきます)


死をかけなければならない仕事を生み出す原発。

昨日の記事で、海を殺し、生態系を殺し、生活を殺し、地域を殺していたことがよくわかりましたね。いのちの営みとは相容れないものが原発です。

原発コストが高いことを城南信用金庫さんが証明してくれたし、そういうものに頼らなくても電気がまかなえることさえも証明されたというのに―


原発という腫瘍は列島の全身に転移しています。
その腫瘍が破裂して、かつ焼却炉によって、一挙に拡散しようとしています。

その末期癌を克服するワクチンがあるとすれば、それは私たちの「心」です。
心が変わらなければ、行動は変わりません。


関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード