プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「スリーテン2013」感想3

2013/02/02(Sat) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

参加して良かったです。
楽しかったし、面白かったです。

頭を使うのは嫌だなぁと思っていたのですが、ほとんど使わず、その時に思ったことを表現していました。
思いを率直に表現できればとても楽だし、それを聴いてくれる人がいれば、さらに嬉しいものだなぁと思いました。


これはそのままチャイルドのことのようです。
相手の思いを受け止めることで自分の器が拡がるということを聞いて、たぶん今まで私がチャイルドの気持ちを受け止めてきたから、人の思いに対するジャッジを最小限にして受け入れることができたんじゃないかなぁと思いました。

発言できたことも含めて今までの積み重ねによる自分の変化が分かりました。

そして、観察することされることの両方でも気付きがあったり、アドバイスを実践してみたりして、成長のきっかけがありました。実践したことを誉められたのも嬉しかったです。



発表準備の頃にはエネルギー切れで、あまり積極的に関わらなかったのですが、「フリーダム」という言葉が浮かんでいました。
このグループで本当に面白かったです。

いろんな人と出会えて、
いろんな考えを聞いて、
さらに自分も表現できて
受け止めてもらえる「スリーテン」は本当にいいですね。

そこに先生達の存在があるのだから、鬼に金棒って感じです。



懇親会でもさらに打ち解けた雰囲気の中で中尾先生が振り返りをしてくれるのもすごくいいなぁと思いました。

余談ですが、討議のテーマで手塚治虫の火の鳥を思い出しました。

チャイルドに、
出会った人達に、
先生達に感謝です。
ありがとうございました。



(以上、抜粋)







1,掲載許可をいただいた感想を掲載しています。
2,読みにくい部分、段落など一部修正しています。
3,チームの色は別の言葉に代えています。



関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

私も中尾さん始め、皆さんに会えて良かったです(^^)


内容は違えども、根本的な辛さが一緒だと思うので、他の方の悩みの内容は気にせずいられるから、自分の悩みの内容を比較しなくていいのがラクです。。。 (例えば恋愛なら彼氏が浮気性なのかモラハラなのかとか。。でも私達の悩みは相手ありきじゃなくて自分の中の自分ありきの問題なような気がします。。わ、わ、わかりにくくてすみません;)


いつか富士山の麓なんかで合宿なんてやってみたいもんです(^w^)

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード