プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「スリーテン2013」感想5

2013/02/04(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
「スリーテン2013」の感想です】

9月のまほろば講座同様、この日も、すんなり新小岩まで行くことはできませんでした。途中、入った喫茶店では、あとから来た隣の人たちが気になって出てしまったり。

電車で平井まで来て、車窓をみて、乗り越した!と思って降りて、秋葉原まで気付かず引き返したりしましたが、なんとか新小岩まで来ました。そこから会場へは、すんなり行くことはできました。しかし時間ギリギリ。

部屋に入っても、すんなり席につけない。
受付で真智子先生のいうことも、すんなり頭には入らない。

道中も会場でも、落ち込むより「そんなに行かせたくないんだね~、やらせたくないんだ」と思い、流していました。



あとは始終、正反対の思いがありました。
来たことに対しては「失敗、駄目」という思いと、
「来れただけよくやった!」という思い。

「空気を読め」という思いと、
「自分を大事に、無理はさせなくていい」という思い。

「みんなと溶け込もう」という思いと、
「疲れたから出来ない、やりたくない」という思い。
終わる頃にはクタクタでした。



写真に写りたくなかったのは、写真を誰が見るかわからないから拒否した、と思っていましたが、本当のところは「存在してはいけない」…でした。

今は、精神科は必要ないと判断して通院していませんが(これは薬で治らないし、医師は薬しか出さないと、12年もかけてわかったので)、病院での治療が必要と思っていた頃、見るのが辛くて、かなり幼い自分以外の写真は、ほぼ全て焼却しています。



スリーテンは、自分の今の状態がわかるには、良い機会でした。
一緒のグループの方には、本当に申し訳なかったと思っています。
私は、サイレントハラッサーだったのだと気付きました。
なので、本当は、部屋に入り、違和感を感じた時点で帰れば良かったんだ、と今は思っています。
それでも、戦ってきた自分には、よくやったと思っています。

結局、私の好きにはさせない、という思いが強く、行動や言葉に出ていました。



帰りもすんなり帰れず、なんとか家に着いて、ラジオ聴いていて、浜崎あゆみさんの〔voyage〕という曲が聴こえ、はじめの、

僕達は、幸せになるため、この旅路を行くんだ。
ほら、笑顔がとても似合う。

の部分を聴いたら、ぐあって気持ちが盛り上がり、声を殺して泣きました。






浜崎あゆみ 「Voyage」






----------------------------------------------------------------
こうして書かせもらうと、最近の行動の一つ一つが、
存在してはいけない、
気持ちを言ってはいけない、
気持ちを出してはいけない、
人と繋がってはいけない、
に基づいていると気付きました。


英司先生の親御さんの話にしても、話の最中、親を棄てたと言いつつ、思いつつ、無意識に両親に思いを馳せている自分に気付きました。

今は全く会わなくても、過去にどんなにひどいことをされていても、まだ両親を大事にしている部分が残っているんだな、と気付きました。

大変苦しい状況ですが、自分を大事にしようと行動しています。
結果としては、気持ちと行動がちぐはぐで、そうなっていないけど、
諦めずにやっていこうと思います。

今まで、思うことと行動は、全て〈自分〉と思っていたけど、それは違う、ということを意識できるようになっただけでも、自分としては成長していると思っています。



以前のような、ロボットじゃないので、すんなり動けなくなったけど、
元々幼かった私は、ゆっくり動く子供だったし、
考えるのもゆっくりだったことを思い出すことはできています。

今は、以前以上にまわりとは距離ができて、浮いていることもわかりました。
嫌なことがあれば、嫌と思うし、言える時はそう言うけれど、そして、時に相手の指示に従いたくないと感じ、でも仕事だからと気持ちを一時的に抑えても、行動としては結果、指示に従っていないことがある、今。

まわりの人も自分も、ありのままでいい、というのはよくわかり、以前意識していなかった時のように、相手を悪いと思うことは少なくなりました。

自分の〈嫌、したくない〉と思う気持ちを大事にして、相手を攻撃しないように距離を置くことができる時もあるので(自分は攻撃しないと思い行動しても、相手が感じる気持ちは自由なので、実際はわかりませんが。相手には距離を置く=無関心、嫌い、になっているみたいです。自分の状況は伝えても、以前のように、私のこと、わかって~と押し付けないようにしています。)、そこは自分でも評価しています。



もしかしたら、こうして感想を言うのも、私をわかって~っていうことかもしれないですね。

とにかく色々な気付きがありました。感謝しています。
ありがとうございました。

今後も、こういう機会に参加したいとは思いますが、正直躊躇している自分もいます。
気持ちと行動が、ちぐはぐだからです。
やりたい!と、やりたくない!が同居しています。
それでも、今は気付いたことを大事にしたいと思います。


感じる気持ちと向き合います。


苦しいけど楽しいから。





(以上、抜粋)








1,掲載許可をいただいた感想を掲載しています。
2,読みにくい部分、段落など一部修正しています。
3,チームの色は別の言葉に代えています。




関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

同じような気持ちを抱いて
あの場にいた人がいるとわかって
いま、とても心強く感じています

こうしてコメントすることにさえ抵抗があったけど
ものすごく気持ちを伝えたくなりました
どうもありがとう、勇気をもらいました

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード