プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

インドの国津神(シヴァ)と日本の国津神(大国主)

2013/06/06(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
【「平成の大遷宮」出雲大社~鳥取砂丘の旅】8

一体、出雲大社からどこへ旅してんだか・・・(^^;)
(オオモノヌシ→蛇神ナーガ→ヒンドゥー教の旅です)


★バラモン教からヒンドゥー教へ--------------------------------------

善悪二元論の思想を持っていた古代アーリア人。「aria=高貴な」民族と自称していた「選民思想+勧善懲悪」の思想ですから、他民族(=他の神は悪)を征服することを躊躇しなかったんでしょうね。

インド北西部に侵入したアーリア人はバラモン教を創ります。それを理論化したのが、ウパニシャッド哲学(紀元前7~4世紀:ブラフマン(宇宙我)とアートマン(個人我)の本質的一致(梵我一如)の思想)。

哲学はいいように思いますが、支配者と被支配者の間には厳然とした階級がありました。釈迦(紀元前4世紀前後)が生まれてすぐに歩いて「天上天下唯我独尊」と話したという伝説には、人は生まれながらに貴賤なしというアンチ・バラモンの思いがこめられているように思います。

さて、紀元前5世紀頃にバラモン教の4大ヴェーダ(聖典)が成立。言わば支配階級(バラモン)が自分たちの支配の正当性を体系化した「日本書紀」のようなものでしょうか。次のような神が活躍します。
・ヴァルナ(天空神、水神) 眷属にアスラ族
・アグニ (火神)
・インドラ(雷神)

その後、釈迦が創始した仏教がクシャトリア(王族)に広まって隆盛しますが、13世紀に偶像崇拝を禁ずるイスラム教が入ってきてインド仏教は“破壊”されます。

その間に、劣勢だったバラモン教は民間信仰を受け入れ三神一体のヒンドゥー教へと変化。次の神が登場します。
・ブラフマー(創造神:水鳥ハンサに乗った老人→梵天)
・ヴィシュヌ(維持神:鳥神ガルーダに乗る→釈迦も化身)
・シヴァ(破壊神:首にコブラを巻き牡牛のナンディンに乗る→大自在天)

それぞれの妃が
・サラスヴァティー(→弁財天)[水(湖)を持つものの意]
・ラクシュミー  (→吉祥天)
・パールヴァティー

そして、仏教消滅後は、英雄クリシュナやラーマを化身(アヴァターラ→アバター)として取り入れた「ヴィシュヌ派」と、蛇信仰や女神信仰を取り入れた「シヴァ派」に分かれて発展しているそうです。

(参考)ヒンドゥー教のなりたち




★シヴァ→大黒天→大国主→大黒様------------------------------------

そのシヴァが、とても興味深いのです。
天竺奇譚 シヴァ

上記によると、シヴァの肌の色は本当は黒いけれど、黒は不浄の色だから青を使うのだそうです。で、肌の色が青い神様は地元色が強い=アンチ・アーリア系の神様とのこと。インドでも土着信仰を取り入れた神と渡来系の神のそれぞれの勢力があるようですね。

もう一つ面白いのは、シヴァ(右半身)とパールヴァティー(左半身)が合体した姿があること。また、シヴァ神の象徴は、リンガ(男性器を表す石棒)がヨーニ(女性器を表す受け皿テーブル)の中に立っている形です。

これって、縄文人の石棒(男性器)と縄文土器(子宮)の組み合わせによく似ていますね。やはり、生命豊穣への切なる祈りがあったのでしょう。そこに、後からシヴァの信仰がくっついたのではないでしょうか。シヴァは、土着の蛇神の要素(コブラ)と破壊神の要素(牡牛)の2つを取り入れた神になったのかもしれません。


シヴァが世界を破壊するときはマハーカーラ(大いなる暗黒)の姿であらわれ、炎で焼き尽くした後、水で埋め尽くすそうです。大カタストロフィー(天変地異)の現象を神格化したものでしょう。

これが仏教で“憤怒相の大黒天”となり、やがて神道に入って大国主と習合して慕われるようになり、破壊と豊穣の二側面の内、豊穣の面が残って七福神の一柱の“にこやかな大黒様”となります。


面白いですね~。縄文人と同じくインドの土着信仰も生命豊穣の蛇であり、その象徴は「男性器+子宮」でした。そして、その土着信仰と習合したインドの国津神がシヴァ。ヴィシュヌが天津神なのでしょう。

そのインドの国津神(シヴァ)と日本の国津神(大国主)が形を変えて習合しているところ、いずれも蛇及び牛と関わりが深いところが面白いですね。



もう一度、出雲大社の注連縄と本殿を見てみましょう。

『稲(稲わら)、牛の角と顔、蛇(絡みつくナーガの形と釈迦族のガビアルの形)、八雲立つ雲、稲光、そして大量の雨(水)』

出雲大社 拝殿注連縄が現しているもの
出雲大社 拝殿注連縄が現しているもの posted by (C)Hide


そして、牛。

出雲大社 御本殿6 “最上の牛”
出雲大社 御本殿6 “最上の牛” posted by (C)Hide


シヴァの額には第三の目が開いていると言われます。

青い破壊神シヴァ?




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード