プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

日本への鉄器の浸透過程と国の形成

2013/06/13(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
【「平成の大遷宮」出雲大社~鳥取砂丘の旅】13

古代出雲の中心であったと目される雲伯の西伯。なぜ栄えたのでしょうか。 群雄割拠する部族国家を統一していったのは鉄という武力でした。ここでは、鉄の文明がどのように古代社会を変化させていったのかをおおまかに眺めてみましょう。


★地球規模の気候変動が引き起こした文明の新陳代謝----------------------

人の社会や文明のあり方は、当然ながら地球の気候に大きく左右されます。列島に自然人間循環社会の縄文文化が栄えたのは、列島が暖温帯落葉広葉樹林だったからでした。

しかし、bc1000年頃、地球規模で気候は厳しい寒冷化に向かい、世界的に民族の大移動をもたらし、それまでの文明を壊し新たな文明を形成しています。それが縄文社会の崩壊であり、弥生人の渡来でした。
(参考)気候の寒冷化がもたらした東日本縄文人の南下

以下、時代区分は大雑把ですが次を参考にして下さい。

縄文末期               アラハバキ神、オオモノヌシ (女神)
厳寒冷化 bc1000~        縄文社会の崩壊

弥生前期 bc800-bc400(石器)出雲族は縄文人と融合 国津神(男神)
弥生中期 bc400-ad100(青銅器) 出雲王国(他百余国)オオクニヌシ
弥生後期 ad100-ad300(鉄器)  倭国大乱~邪馬台国 スサノオ
古墳時代 ad300~(前方後円墳) ヤマト王権形成期 アマテラス

縄文人:縄文モンゴロイド(小柄で彫りが深い)琉球人・本土人・アイヌ人 
弥生人:寒冷適応モンゴロイド(彫りが浅い) 渡来人

縄文人は関東、中部、東北に多く遍在
弥生人が九州、近畿、中国、四国に到来




★日本への鉄器の浸透過程と時代の変化---------------------------------

bc400頃には村の周りに堀を巡らせた環濠集落が作られていますから、敵襲に備えていたことが窺えます。(2世紀後半から消滅していく)

その後、出雲に銅剣・銅鐸に代表される青銅器文明が花開きます(出雲荒神谷で大量に銅剣がうずめられたのを最後に、鉄器の時代へ遷っていきます)。

bc100頃に中国地方一の大河、江の川の上流、中国山地の山あいで誕生した四隅突出型墳丘墓(高句麗がルーツ?)は鉄器が埋蔵されています。
(*江の川―阿佐山を源流とし広島を東流、中国山地を横断して北流し、島根を西流し、島根県江津(ごうつ)市で日本海に注ぐ大河。山陰と山陽を結ぶ大動脈。まるで龍ですね)

紀元0年前後には四隅突出型墳丘墓は伯耆を中心に一気に分布を拡げます(最も集中的にあるのは出雲安来市)。鉄器が急速に普及し、群雄割拠している時代です。

「前漢書」(ad32-92)に『それ楽浪海中に倭人あり。分かれて百余国となる。歳時を以て来り献じ見ゆと云う』との記事があり、この頃の日本には百余国もあって、漢と交易していたことも分かります。

ad100頃には、四隅突出型墳丘墓の中心が出雲に移動し、北陸にまで広がって、青銅器文明だった出雲王国は鉄器文明に塗り替えられていきます。

izumoouchyo


「後漢書」卷85には桓帝・霊帝の治世の間(146~189年)倭国大乱があり、その後、卑弥呼を王として共立した、とあります。この時期は、青銅器から鉄器への文明の移行期。時代の転換期に秩序は一端崩壊して再構成されます。その乱れだったのでしょう。

卑弥呼が亡くなる(248年)頃、四隅突出型墳丘墓の時代も終わりを告げます。

3世紀頃(古墳時代)の『魏志』東夷伝弁辰条に「国、鉄を出す。韓、ワイ、倭みな従ってこれを取る。」とありますので、国力を高めるために争うように鉄を輸入していたことが分かります。この時代、卑弥呼からヤマト政権にどのように移行していったのかが謎です。




★日本国形成過程の概要-----------------------------------------------

まず前提として、縄文人が世界展開していたと言うことがあります。環太平洋の各地、及び大陸に渡った縄文人から日本という自然の豊かな地域があることを知った人々もいたでしょう。倭人の血を引く人もできたことでしょう。(朝鮮には倭人の王もいたようですし)

さて、その自然と調和して生活する縄文人の国日本に、稲作技術を持った弥生人がやってきます。あるいは戻ってきたのかもしれませんが。それが出雲族でした。出雲族は縄文人と融合する形で勢力を伸ばし、やがて土着の神も習合して信仰するようになり、それが国津神を形成していきます。

自然とともにあった縄文人は集落に環濠を持ちませんが、稲作技術を持ち土地の拡大をしていた弥生人は環濠を作りました。この頃から、一族統一のための男神が表れるようになり、縄文の女神の時代から、男神の時代へと変化していくのでしょう。また、稲作とともに牛神も入ってきたでしょう。「水・蛇神」の時代に重ねて「日・牛神」の時代へと変わっていきます。

やがて青銅器文明が花開きますが、後を追うように鉄器文明が追いかけてきます。その鉄器を広める役を担ったのが、天孫系の一派スサノオ族だったかもしれません。“ハハの国”に来たがっていたスサノオですから、“ハハの国”に同化していくことになります。

この時代画期に必然的に大乱が起こりますが、当時の人々は大いなる知恵を持って女王を共立することにより和を取り戻します。
その和を取り戻した日本を統一しようとしたのが、天孫族でした。有力者であった国津神(出雲族)を従わせ、その後神武東征の形で各地を征服していきます。

また、征服者が神話を作る過程で、縄文の生活スタイルを変えなかった=出雲族にも習合しなかった「まつろわぬ神」達は、一切消し去っていきます(アラハバキ神や瀬織津姫など)。

一方で、天孫族は恐らく太陽神(男神)だったと思いますが、アマテラスという女神をいただいたことが成功の秘訣であり、そうでなければ女神の伝統がある日本ではうまくいかなかったのかもしれません。

記紀神話に一切出てこないのが不思議ですが、卑弥呼共立で治まった邪馬台国のあり方に倣ったのかもしれませんね。




★時代転換期の三役----------------------------------------------------

この流れを見ていて、信長―秀吉―家康を思い出しました。
時代を大きく変えるためには、破壊者―地均し役―形成者の三役が必要です。
私が組織改革を体験したときも、企業風土を変えるに当たって「破壊の3年―地均しの3年―土台構築の3年」の計9年かかるというのが実感です(たった一つの工場でも約10年です)。そして、それぞれに適任者がいます。

旧体制を破壊するデストロイヤー信長、破壊後の地均しをする秀吉、地均しの後新体制を構築する家康―この3人の役が必要だったのです。何事もそうですが、破壊は短期ですみます。その破壊後の混乱を鎮める一時の均衡があって、その後新たな体制構築が始まるわけです。


青銅器文明の時代から、現代まで続く鉄器の時代に移行するに当たっても同じ事が言えたでしょう。

旧体制を破壊するスサノオ、
破壊後の地均しをする卑弥呼、
地均しの後新体制を構築する天孫族。

出雲の旅ですからね、スサノオの辺りまで見てみようと思います。






<コラム:園神(そのかみ)と韓神(からかみ)>---------------------------

平安京宮内省内に、天皇の守護神として祀られていた神がいます。それは
・園神:大物主神
・韓神:大己貴神と少彦名神

出ましたね~。縄文の神オオモノヌシと出雲の神オオナムヂとスクナヒコナです。園神とは、日本土着の神という意味なんでしょうか。韓神とは文字通り朝鮮からきた神という意味です。出雲族が朝鮮から来たことを証明しているかのようです。



<コラム:姓に見る在来系と渡来系の混在>------------------------------
出雲には、「蛇信仰族」と「渡来系氏族」の両系の名前があるそうです。
古代出雲『地名・姓名の起源』の謎



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード