プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

鎌倉あじさい寺巡り-3.成就院

2013/06/20(Thu) Category : 神社・寺・城・歴史
今朝の「あまちゃん」は、思わず涙でした。

春子がアキの夢をなぜああも頑迷に反対したのか。
そこに春子の夏への思いが隠れていましたね~。

夏には夏の事情があったけれど、
春子は寂しさを抱えてずっと生きていました。

夏が春子の心を頑なにさせ、
頑なだった母の元で閉じていたアキ
そのアキの心を開いたのは夏。

その開いたアキが、夏と春子を揺さぶります。
そして、
春子は我が子アキに自分を認めてもらい、
母夏から謝ってもらいました。

涙が溢れて止まりませんでした。

祖母―母―娘の間に連鎖があり、同時に、
母と子、祖母と孫の関係は違うのです。

とても見事な場面でしたね~。






・・・では、前記事の続きを―

★昔の地獄谷に建つ極楽寺--------------------------------------------

大仏を見終わる頃はお昼時。いずこも一杯でした。
ならば行ってしまおうかと、一駅乗って極楽寺駅に。

何もない駅でした・・・が、一軒ありました。
私はこの辺りの名物しらす丼。
真智子が頼んだ確か赤鯛が肉厚で見事だったこと!


さて一息入れたところで、まずは極楽寺へ。
ここは境内は撮影禁止でした。

鎌倉 極楽寺 山門
鎌倉 極楽寺 山門 posted by (C)Hide

このお寺を興した忍性(にんしょう)という人も、衆生救済に邁進された方だったんですね。平安時代、朝廷は税金の一部を文殊会に出し、文殊会は貧者や病者の救済をしていましたが、やがておこなわれなくなりました。それを鎌倉期に復興したのが文殊菩薩に深く帰依した忍性でした。

15歳の時に死の床にあった母の懇願により出家。35歳頃まで厳しい修行に明け暮れ、関東に出てから本格的な布教が始まります。42歳の時(1259)、北条重時から呼ばれます。当時、死骸が遺棄されたり、行き場を失った者たちが集まり死を待つ場所だった地獄谷。そこに極楽寺を建てよと言うことでした。その8年後に極楽寺が開山しますが、その間にも非人3000人を救済したりしています。

この頃の気候は乾燥していたんでしょうね。飢饉が多く、いろいろな所で祈雨の法を行っています。87歳で亡くなるまで、貧困者や病人の救済、祈雨の法をされていたようです。救済や祈雨の法をしているときは、母親とともにあったのでしょう。

忍性が尊敬し手本としたのは聖徳太子でした。聖徳太子が四天王寺で行ったと同じように、極楽寺にも療病院・悲田院・福田院・癩宿を設け、また本家四天王寺にも悲田院・敬田院を再興させています。今はひっそりとたたずむ極楽寺ですが、すごいところだったんですね。





★アジサイ寺 成就院--------------------------------------------------

そこから歩いて程なく成就院がありました。1219年建立ですから極楽寺より半世紀ほど古いですね。
山門にある「普明山」という山号―普明(ふみょう)とは、「普(あまねく)照らし出す明るい光」のことのようです。

鎌倉 成就院01 山門
鎌倉 成就院01 山門 posted by (C)Hide


平安初期に、弘法大師がここで修行したとか。

鎌倉 成就院02 弘法大師様
鎌倉 成就院02 弘法大師様 posted by (C)Hide


聖徳太子の八角堂もありました。

鎌倉 成就院03聖徳太子八角堂模型
鎌倉 成就院03聖徳太子八角堂模型 posted by (C)Hide



列をなして拝むは、大日如来の化身、不動明王。
真言は、「ノウマク サンマンダ バサラダン センダンマカロシャダヤ ソハタヤ ウンタラタ カンマン」―成田山に行ったときに覚えましたね~。

「激しい大いなる怒りの相(すがた)を示される不動明王よ。迷いを打ち砕きたまえ。障りを除きたまえ。所願を成就せしめたまえ。カンマン」という意味だそうです(wiki)。だから、「成就院」なんですね~。

鎌倉 成就院04 不動明王
鎌倉 成就院04 不動明王 posted by (C)Hide

所願などありません。
今はどちらへ行っても、ホオポノポノの4つの言葉を唱えるだけ。



外へ出ました。
紫陽花が咲き誇る参道は、人も満開でした。

鎌倉 成就院05 参道
鎌倉 成就院05 参道 posted by (C)Hide








関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

いいですね~

中尾先生ご夫妻が訪ねた三日ほど前に、
極楽寺~成就院に行きました。

わずか三日で 紫陽花の花の咲き具合が違っているのに驚きました!
私が訪ねた時も、紫陽花はきれいでしたが
いちばんちがうのは、 感動を共有するパートナーがいないということ!

成就院は、相変わらずの人の波ですね。
紫陽花のシーズンをはずすと、極楽寺~成就院は、人がほとんどいない 穏やかなところです。

7月は鶴岡八幡の池の蓮が見ごろです。
8月になると、極楽寺のサルスベリの巨木が見事な花を咲かせます。
偶然とはいえ、鎌倉のお隣に住むことができて、
つい5年前まで北海道にいた私には、ほんとうにありがたいことだとおもってます。

生きていると、思いがけないことが たくさん起こりますね。それが全部 面白いと思えるようになりました。

また 楽しい記事&ためになる記事を 楽しみにしております。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード