プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

絶景の日御碕海岸と日御碕灯台

2013/06/21(Fri) Category : 旅行記
【「平成の大遷宮」出雲大社~鳥取砂丘の旅】18

大社停留所から日御碕終点まで一畑路線バスで20分なので、お気楽に。
お昼時、まず海鮮丼を目指し、その後、日御碕海岸、灯台、日御碕神社など約2時間半ほどゆっくりしました。

道中も素晴らしい景色でした。




13:15に着き、ウミネコの島(経島:ふみしま)を眺めながら日射しの強い道を。
日御碕02 20130514
日御碕02 20130514 posted by (C)Hide

日御碕04 20130514
日御碕04 20130514 posted by (C)Hide


左手にウミネコの声、右手にセミの声―もう、ここは夏でした。




とあるお店で海鮮丼を食べ、一息ついたところで14時過ぎから日御碕を周遊。誰も来ないところまで行ったとき、目の前に小さな湾の絶景が広がりました。ここでゆっくりと散歩。




奥に、素的な湾が静かに待っていました。

日御碕14 20130514
日御碕14 20130514 posted by (C)Hide


灯台に戻ったのが15時前。

日御碕灯台4 20130514
日御碕灯台4 20130514 posted by (C)Hide



さすが東洋一。足がぞわぞわしますね~。





帰りは、竜宮のごとき日御碕神社に寄って、15:39のバスに乗って大社へ。

日御碕は20歳の時、1年間ヒッチハイクの旅をしたときに連れてきてもらったところです。いつものように親指を立てていたら、近寄ってきたのはなんとバイクでした。彼もまたバイク一人旅。後ろに乗っけてもらい、着いたのが日御碕でした。子ども達が、既に当時の私の年齢を超えているわけだからねぇ・・・驚きです。









関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード