プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

映画「朝日のあたる家」を応援します

2013/06/24(Mon) Category : 映画
映画はできたのに上映する館がない。
そういう映画があるんだ、ということを真智子から聞いた。

見たい。
Youtubeかなんかで、有料でもいいから公開してくれないかな。

ともかくこういう映画があるという事実をお知らせします。


太田監督からのメッセージ------------------------------------------

福島第一原発事故。多くのマスコミは被害の深刻さを未だ十分に報道していない。そして政府は「事故収束」を宣言。だが、私が訪れたウクライナの国立放射線医学研究所のドクターたちはこう言った。

「チェルノブイリ事故のあと、放射能によって多くの子供たちが病気になり死んで行った。福島も同じことになる・・」

調べるほどに、被害はこれからも広がるとを感じる。なのに、日本人の多くは「遠く離れた福島での災害。自分とは関係ない・・」と捉えている。
このままでいいのか? 映画監督として何か出来ることはないか? 考え続けて結論を出した。

「映画で原発事故を描こう! 福島の悲しみを見つめる物語を作り、大切なことを伝えよう」

その製作費を集めるべく映画に出資する会社を訪問。だが、どこも同じ答えだった。「原発に関する映画には、出資できない!」映画会社、テレビ局、ビデオメーカー。多くの企業。いずれも同じ返事。僕だけでなく業界通の友人も駆け回ってくれたが、同じ結果だった。

ある担当者がこっそり教えてくれる。「原発はいろいろと問題があるんだよ。そんな映画に出資したら・・」さらに業界の友人からも注意された。

「原発事故の映画なんて止めた方がいい。二度と映画監督の仕事ができなくなるぞ・・」


なぜ、大切なことから目を背けようとするのか! 今も福島の悲劇は続いている。故郷に帰れない人が数多くいる。子供たちの健康問題もこれからだ。それら事実を皆で考えることで、悲劇を止め、繰り返さずに済むはずだ。やはり、映画を作ろう!

いろんな方に相談。考え抜いて、一般の方々から寄付を募ることにした。寄付目標は1000万円(企業映画の製作費は1億円以上)。映画を作るには十分な額ではないが、何とかなる。賛同してくれるスタッフもいる。1人1万円の寄付なら、千人の支援があれば目標達成。小さな映画を作ることができる。

タイトルは「朝日のあたる家」ロケ地は静岡県湖西市。原発から60キロの距離にある町。そこを舞台に福島の悲しみを共有できる映画を作る。そして日本人にとって本当に大切なものとは何かを描く。

地元・三上市長も、原発問題に長年取り組んで来られた方だ。理解を頂き、応援をしてくれている。地元有志の方々は事務局を設置してくれた。そこで寄付金を受け付けてくれる。以下に振込先。規約を記してある。何とかご支援、お願いします。

「朝日のあたる家」監督 太田隆文




★------------------------------------------------------------------

そして、目標額は達成し映画は完成した。
来たる6/29、30に湖西市で完成披露上映される。
6/29―湖西市民会館大ホール、6/30―新居地域センター



【映画「朝日のあたる家」予告編 NO1】


原発事故の悲劇を描く映画「朝日のあたる家」監督日記

上記の中に映画を見た感想があります。
「朝日のあたる家」上映後の感想


映画監督として出来ることが映画を作ることなら、
映画館はそれを見せること、
私たちにできることは、それを見ることだ。

関東もどこかでやってくれませんか?






9/28渋谷アップリンクで第1回目を見てきました(^^)↓
近未来ドキュメンタリー「朝日のあたる家」が映すリアル(現実)



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード