プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

TPPの本質~国家は株主のもの

2013/07/20(Sat) Category : TPP
明日は参院選ですね。
ねじれ解消などと言っていますが、ろくでもない法案をノーチェックで通されてはたまりません。「知らなかった」ではすまされない悔しさを、私達は311で味わいました。

TPPを受け入れ、原発は輸出する―自民党の進む先は監獄社会です。既存の大企業による新技術つぶし、制度規制、政策改悪、商品押しつけ、そして国民統治。ここに並べた言葉が“実態”であることを見てきました。

結局、無意識に不安から逃げ続けようとする人々が「寄らば大樹」を望み、規制の中での安心を選んでしまうので、一人一人、地道に自律に向かってもらうしかないのですが・・・。

「事実を知り」、「気持ちで動く」人が増えていけば、社会は変わっていきます。そして、この二つは密接に関係しています。なぜなら、虚構を生きている人々は、「事実を見ず」「理屈で動く」からです。

私達にできることは、しがらみや理屈で行動することをやめ、気持ちを率直に伝える努力です。相手に分かってもらおうと「気持ちの説明」をすることは「思考」です。理屈はいらない。「嫌なものは嫌」でいいんです。

ハラッサーに対する時はシンプルです。
・推測はしない。「なぜ?」と訊く。
・相手の言動で、自分がどう感じたか、気持ちを言う。

これをすべての職場でやっていく。さほどのエネルギーはいりません。
それだけのことで、ハラッサーは撃退できます(向こうが近づいてきません)。ハラッサーに分かってもらおう、説得しようとする努力は無意味です。

残るエネルギーは自分がしたいことに使って下さい。お金は自分の意志で使って下さい。お金の使い方が世の流れを変えるでしょう。そして、新たな潮流を生み出しましょう。その流れが大きくなっていけば、闘わずして彼らは崩壊するでしょう。


投票日直前。TPPへの各国からのメッセージを掲載します。
下記動画には文字起こしをされている方もいらっしゃいます。これまでも度々思っていることですが、大変な労力をかけていらっしゃるなぁと頭が下がります。それぞれの方に感謝して、抜粋して引用させていただきます。





TPPについて - 日本の皆さんへのメッセージ(抜粋)---------------
<カナダ:ブル­ースター&キャサリン・ニーン>



TPPは、企業が好きな場所で事業を展開できるよう特権を与えるものです。“パートナー”国となれば、そのような企業の特権を認めて、その権利を守らなければならないのです。

モンサントやカーギルのような多国籍企業と国々との関係は植民的で、実際、植民地支配をする側、される側の関係になってしまうと言った方がより正確かもしれません。日本を含む各国は、企業のための保証人や執行者といった役割を担うことになってしまうでしょう。

TPPの目的は、人々の幸福ではなく、企業の幸福なのです。

モンサントやシンジェンタのようなほんの一握りの種子を取り扱う巨大企業が、作物の遺伝子組み換えや特許を利用して、グローバルフードシステム(世界の食糧市場)の支配を手中に収めようとしている。TPPはこの目的 達成を手助けするために企図されたものなのです。

TPPは健康や環境に関する安全基準を引き下げ、それを国際基準として統一しようとするものです。その意図は、医薬品や遺伝子工学の分野においても、企業の乗っ取りを助長するものなのです。

カナダでは、企業の利益が守られる範囲で規制が策定されているとさえ言われています。さらに政府は、適切な試験もせずに、全ての新しいバイオテクノロジー製品を認可しようとしています。

国民が黙ってさえいれば、政府にはそういうことがやれてしまうのです。

食糧主権とは、私たちが、私たち自身の持つエネルギーを使って、地域規模の食糧システムを構築することです。

大切なのは、家族が十分食べた後で残りを市場へ持って行くという考えで、地域の人々の生活が優先されるシステムなのです。






アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは------------
<アメリカ:市民団体パブリック・シチズンのロリ・ウォラック>


 ↓

1---------------------------
TPP Public Citizen01

表向きは『貿易協定』ですが実質は企業による世界統治です。加盟国には例外なく全ての規制が適用され、国内の法も規制も行政手続きもTPPに合わせなければなりません。

全26章の内、貿易関係は2章のみ。他はみな企業に多大な特権を与え、各国政府の権限を奪うものです。

外国の投資家がTPP条項を盾に米国政府に民事訴訟を起こし、国内規制が原因で生じた損害の訴訟を請求できるのです。


2---------------------------
TPP Public Citizen02

これは1%が私たちの生存権を奪うツールです。

暴露されるまで2年半も水面下で交渉していた。600人の企業顧問には草案へのアクセス権を与えながら、上院貿易委員会のワイデン委員長はカヤの外です。TPPを監督する立場なのに草案にアクセスできない。

ワイデン氏は情報委員ですよ。核関連の機密も知る立場なのに貿易協定という名の「企業の権利章典」は見られない。じつにみごとな「トロイの木馬」です。通りのいい看板の裏に表に出せない内容を仕込む…製薬大手の特許権を拡大する条項も入手しました。医薬品価格を急騰させます。

TPPはいわばドラキュラです。陽に当てれば退治できる。

国民は国内法や司法を使って権利を譲り要求を推し進めますが、企業は別だての司法制度を持ち、利益相反お構いなしのお抱え弁護士たちが、いんちき国際法廷に加盟国の政府を引きずり出し、勝手に集めた3人の弁護士が政府に無制限の賠償を命じるのです。

TPPは強制力のある世界統治体制に発展する恐れがあります。世界的なオキュパイ運動に対する企業側の反撃です。旧来の悪弊が一層ひどくなる。

医薬品や種子の独占権が強化され、医薬品価格つり上げのため後発医薬品を阻止する案まである。


3---------------------------
TPP Public Citizen03

TPPは地域産業の優先を禁じます。
地産地消や国産品愛好は許されないのです。


4---------------------------
TPP Public Citizen04

環境や人権に配慮する商品も提訴されかねません。TPPは企業に凄まじい権力を与えます。密室だから過激になった…


5---------------------------
TPP Public Citizen05

どの国の人もこんなものは御免です。過激な条項を推進するのは米国政府です。だから陽の目にさらして分析することが重要です。何が起こっているか、人々に知ってほしい。






★企業ロビイストによる秘密交渉 アメリカ市民よ 目を覚ませ!--------
<WakeUp America>



1---------------------------
wakeupUSA1

・星条旗-星は州、縞は入植地、赤は勇気、白は真実、青は正義
・企条旗-星→企業、縞は企業の植民地、赤は血の涙、白は欺瞞、青は勝ち組の正義
なんでしょうかねぇ・・・


2---------------------------
wakeupUSA2

・たった600人のロビイストが世界を牛耳る手先になっているわけですね


3---------------------------
wakeupUSA3

・アメリカのみなさん、ともに立ち上がりましょう!






★TPPをテコに日本に譲歩を迫る米の戦術に気づいて----------------
<ニュージーランド:ジェーン・ケルシー教授>



1---------------------------
TPP NZ1


2---------------------------
TPP NZ2

ジェーン・ケルシー教授の警告を神保哲生、宮台真司のお二人が解説されています。以下はそのお二人の発言のまとめです。

まず、日本は「アメリカに見放されたら生きていけない」と思っており、アメリカは「日本はアメリカに依存せざるを得ない」と見くびっている、という基本構造がある。

対米従順の構造は若者にまで蔓延している。ヘイトスピーチを見ても愛国というと嫌韓、嫌中しかないのがその証拠。つまり、戦前の国体が天皇制であったように、アメリカを拝するのが戦後の国体と言ってもよいくらい。

アメリカがやっていることに乗り遅れると日本は世界の孤児になってしまうよ、と言う強迫観念の中、アベが「TPPに参加させてくれ!」と頭を下げてきた。

それが「飛んで火に入る夏の虫」で、アメリカ十八番の“かませ犬戦略”にやられる。アメリカは強気に出て、日米FTA交渉でアメリカの意見を呑まなければ、TPPには参加させてあげないよ―という態度。

つまり、情けなさ過ぎて愕然としますが、日本(自民アベ政権)の方が、「仲間に入れてくれ!」と尻尾を振っているんですね~。






★『TPPで日本をぶっ潰せ!!』~10分で理解できるTPPの問題点----------



鳩山政権が描いていたのはASEAN+3(日中韓)
これは、欧米にとって脅威、特に米国にとっては安全保障上の問題があった。

2009年4月11日、日中韓+ASEAN10カ国の首脳会議がタイで行われるはずだったが、親米タクシン元首相派のデモ隊が会場のホテルに乱入して中止となった。雇われ市民だった(←わかりやすいね)。

一方で、金融で失敗した米国は貿易輸出倍増を決めた。その輸出先を輸出しやすいように地均しするのがTPPである。先に宣教師を派遣して欧米文明を受け入れやすいように地均ししたように、今度はTPPで強引に地均しする。

日本がTPPに入ると、日本は次のような輸出先(受け皿)となる。
米国→農産品、商品&知財輸出先
オーストラリア→農産物の輸出先
その他の国→安い労働力の輸出先

つまり、加盟国すべてのターゲットが日本。いかに日本が蹂躙されるかが分かろうというものです。そこにわざわざ日本の方から「入れてくれぇ~」と、飛び込んできてくれたわけです。まさにカモネギ?

結果、日本の産業は空洞化し、失業者は増大し、外国人との仕事の奪い合いで治安は悪化するだろうとのこと。【→この具体的事例が、「TPPの心理学的本質-人間が「情況の囚人」であることを利用する米国」の記事の「アニメで見るNAFTA10年早わかり」にあり、よくわかりましたね】


(ところで、日月神示の言う『悪の仕組は、日本魂をネコソギ抜いて了ふて、日本を外国同様にしておいて、一呑みにする計画であるぞ』『外国から攻めて来て日本の国丸つぶれ』ということの“兆し”はこれなんですかねぇ)


GDPと言う指標はまがい物(右のものを左に動かすだけでGDPの数字になりますからね)。事実を見よう。世界でGDPナンバー1のNAFTAグループ-その盟主である米国は、超格差貧困社会。

GDPで得たお金は大企業の間だけを循環している。
「大企業栄えて国滅ぶ」

そして、「食料を押さえられた国は独立国ではない」






★「国家は株主のもの」-------------------------------------------

かつて、「企業は誰のものか?」が問われました。
そして、「企業は株主のもの」になり、社長を含めて全社員が株主の奴隷となりました。

そして、今、「国家は誰のものか?」が問われています。
既にアメリカは、「国家は企業のもの」になっています。

さて、その「企業は株主のもの」ですから、つまりはこうなります。


「国家は株主のもの」


株主が、国を格付けもでき、滅ぼすこともできるのです。
株主が、国の政策を自分の都合のいいように変えることができるのです。
株主が、国家元首以下、全国民を奴隷にできるのです。

今、社長以下全社員を奴隷にしているようにね。



だから、企業も国家も「株主」(金持ち)の道具
つまり、
大企業vs民衆ではなく、
1%の金持ちvs地球人類

これが、
「1%の金持ちのために99%が犠牲になるTPP」の本質なのです。



すべての企業が、株式会社であることをやめるといいかもね。






関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

当選祈願

今回の選挙は私も山本太郎さんと三宅洋平さんに注目しています。てか投票します。とてもまっすぐマトモだと思います。TPPも原発も憲法改正も正気の沙汰ではないと思うからです。どれひとつ妥協したくないと思っています。
昨日バンダジェフスキー博士の放射能の講演会にいきました。博士とも、主催の木下黄太さんとも知り合いの山本太郎さんがちょっとだけ来ました。彼のエネルギーはすごいです。彼自身の思いと行動が一致し、周りの人々の応援エネルギーがすべて山本さんに乗っかっているような、肉体の10倍くらいのオーラをまとっているような印象をうけました。ぜひ当選してほしいです。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード