プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「初音ミク」と「911」~現実とバーチャルの融合の世界で

2013/09/12(Thu) Category : 世相・社会
昨日、自己洗脳についての記事を書きましたが、偽装(ごまかし)と脱洗脳については、下記にありますのでご参考まで。
偽装自分と脱洗脳

ところで、昨日9/11は、現代の対テロ戦争の時代の幕開けとなった「911テロ」から12年目でした。偶然ですが、たまたま「自己洗脳」の記事を掲載することになったわけで、ついでですので「グローバルな洗脳」についても掲載しておきます。

2001.9.11 資本vs共産のイデオロギー戦争を制したアメリカは、この日をもってキリスト教vsイスラム教の宗教戦争を開始しました(対テロ戦争と名付けて)。その延長上にシリアがあります。

その巨大な戦争を始めるに当たって、国民感情を参戦に持って行くために引き起こしたのが、どうやら「911」のようです。第2次大戦に参戦するためにパールハーバーを犠牲にしたのと同じことを再び米政府はやったのです。(マスメディアに踊らされていない多くの人々が真実を知っています)

参戦の大義を得た米政府は、“敵国”を徹底的に破壊します。そこに痛みを感じません。リンダ・ホーグランド監督が言っていたように『アメリカには正義のためなら人を殺してもいいという神話がある』からです。

やろうとしていることは、国を破壊して“民主化”という大義名分の下に他人種を「市場の奴隷」に組み込んでいくことです。TPPは、それを“合法的”にやっています。



--------------------------------------------------------------
*ちなみに、「ウィキリークス―勇気は伝染する」(2010.8.2)の記事を同年12.5の記事で削除しようと思ったのは、アサンジ氏が「911はテロだ」と明言しているのをどこかで見たからです。嘘を暴露するシンボルとなっている彼が911をテロと言っていることの効果―それを考えたときに、怪しいと思いました。

一方で、その記事を残したのは、この世界には真実と嘘が入り交じっていることの一つの証拠として残しました。私達一人一人が脳内現実(虚構)の世界を生きているわけで、脚本人生とは、シナリオを現実化していく人生ですから、私達は虚構にのみ込まれやすい体質を持っていると言えます。

社会システムが人を自律させない方向に向かうのも、人が自律していない度合いが高ければ高いほどメディアなどを通じて動かしやすいからでしょう。

2次元の「初音ミク」が3次元に飛び出してコンサートを行う時代。




一方で、命を道具にするハラッサー達は、3次元で虚構を演じています。
もはや何がリアルで何がフィクションなのか、
何がtruthで、何がlieなのか―混沌としています。

その上、そういう世界の中で私達一人一人は、脚本に都合のいい事実をスタンプ集めし、不都合な事実は見ないか、記憶をすり替えるか、消し去るかしながら生きているわけです。

自分の内側も外側も混沌としています。

このカオスの海を突き抜けて、新たな時代にたどり着ける羅針盤は「直感と感情」しかありません。まさに「ワンピース」のルフィの世界です。その感情とは、脚本人生劇場で演じられるダミー感情ではありません。インナーチャイルドとつながりましょう。

『「事実を知り」、「気持ちで動く」人が増えていけば、社会は変わっていきます。そして、この二つは密接に関係しています。なぜなら、虚構を生きている人々は、「事実を見ず」「理屈で動く」からです。』



--------------------------------------------------------------
さて、「911」について事実を知ることが大事だと、2010年10月に、私達は渋谷のシアター・イメージフォーラムで「ZERO:9/11の虚構」を見ました。自分の足を運び、自分の目で見ることが大切です。

(このブログの記事も、一つ一つの記事は常にある方向から切り取ったものであり、他の観点もあるわけですから、それを前提にお読み下さい→ご参考:ゼロポイントに戻ろう

「ZERO」は、2007年にイタリアで制作され、ローマ国際映画祭(2007年10月)、ブリュッセルEU議会場(2008年 2月)、ロシア国営放送(2008年9月)で上映されたドキュメンタリーです。

この映画に限らず、911の真実を追究する様々なサイトがありますので、自分の目で見られるといいと思います。現実とバーチャルは、初音ミクのコンサートと同じように“融合”しています。



ご参考までに、Youtubeで公開されているいくつかの動画を紹介しますのでご覧下さい。


【実写撮影に映っていない飛行機】
開始30~35秒の映像を見てみて下さい。



【物理学を知らない者が作った“決定的瞬間”】
大画面で見て下さい。この画面は小さいので字幕が途切れています。



【911ボーイング不在の決定的証拠映像】



【911は、CG(Computer Graphics)だった】



【音声も合成されていた】



【「建物へ飛行機は突入していない」ペンタゴン職員の体験談】


うつぎ・れい氏が細かく分析していらっしゃいます。
911テロ旅客機が捏造CGである完全な証拠と証明



私も自分の子供が、もしもこのような事件に巻き込まれたら、真実を追究し続けるでしょう。


【A Message From Bob McIlvaine】

彼は、純粋にわが子がなぜ死ななければならなかったのか、真実を求めています。が、陰謀論者とレッテルを貼られているようです。これからの日本でも、このようなレッテル貼りがなされることが増えるかもしれませんが、メディアに惑わされることなく、私は自分の目で判断していきたいと思います。



形を変えて戦争は続いています。
放射能の垂れ流しは拡大しています。
福島では子供の甲状腺癌が増え続けています。

あなたは、自分及び子供が癌になったら、どのように国と闘いますか。



小出先生の推測が正しいと思いますが、
福島は既にチャイナシンドローム状態なのかもしれません。



メルトスルーした灼熱の核燃料が、この2年間地下に沈み込み続けて、ついに深い地下水脈に到達したのだとすれば、浅い防護壁など、作ったとしてもただの飾りです。皮膚の下の動脈に放射能が注入されたわけで、これから長い年月をかけて、その動脈を通じて日本全国に、いえ全地球に放射能が拡散されていくことになったわけです。

見えないことへの想像力を失ってしまった私達は、地下で進行している恐ろしい事態に思いを馳せる暇もないままに、卵の殻の表面で行われている人類同士の支配権争いに翻弄されています。もうそういう猶予は与えられていなかったにもかかわらず。

原発と向き合わないまま、結果なるべくしてなってしまったよ、という狼煙が、恐らく地下水脈から漏れ出した海洋の放射能汚染問題だったのでしょう。

放射能は、アウト・オブ・コントロールとなりました。
それを安倍首相は、パーフェクト・コントロールと言いました。

それは、米仏など原発推進勢力から、国際的な場でそう宣言しろという圧力があったからだという話もあるようです。その宣言と引き替えにオリンピックが転がり込んできたのかもしれません。



・・・・



虚構に生きる人々は、虚構に生き続けようとします。

そして、虚構を維持するために、脳内現実を“現実化”しようとします。

これは、自分の人生脚本に気づくまですべての人がそうですから、逃れられることではありません。

虚構にしがみつく人=目が覚めたくない人に、「目覚めよ」と迫るのは意味がありません。



まず、そのエネルギーを自分の目を覚ますことにおつかい下さい。
本当に目が覚めたときに、皆様ショックと共に言われます。

「今までの人生は、一体何だったの?!」と。



つい最近も次のようなお便りをいただきました。
『小学生の頃から、私は眼圧が高くて、
一日二回、欠かさずずっと、眼圧を下げる目薬をしてきました。
数か月ごとに通院して、毎回眼圧を測る。
これを、30年以上も、ずっと続けてきたのですが、
中尾先生のカウンセリングを受け始めてから眼圧が下がり、
それから約2年間、低い状態が続いています。
眼科の先生に、今日、
「眼圧、低くなりましたね。
身体が変わってきたのでしょうね」と言われました。
もう、びっくりです!!!』


体型が変わった方もいらっしゃいます。
『突然右胸の後ろから肩、首、歯、顔全体が締め付けられて動けなくなりました。本当にびっくりした。顔面が痛いって何。

数分もだえた後、背中から首にかけてラインが綺麗になった。
昼前まで内股に痛みがありましたが今はふくらはぎ。
痛みが下におりていってます。
不思議な体験でした。
ほんの数分で体のラインが変わるなんて面白い。』

―この方は、会社を辞められました。今では「別世界」に見えるそうです。


脚本が変われば、ダメである必要も、できない自分である必要も、美しくあってはいけない必要も、怖がる必要も、敵を作る必要もなくなってくるのです。だから、自ずと平穏で自足した生き方に変わっていきます。しかも、エネルギーに満ちあふれて。


「あまちゃん」を見てもわかるように、幸せに生きている人は勝手に周りを幸せにしていきます。

幸せに生きる人々が増えれば、勝手に世界は幸せになっていきます。



虚構から目を覚ますきっかけの一つは、事実を見ること。
(特に、親という事実をね)

そして、自分の生の気持ち(リアル)に触れることです。

虚構の世界から抜ける人が一人でも多くなることを願います。





関連記事
 
Comment5  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

この記事をお書きになった中尾様の勇気に敬服いたしました。
まずは知ることから、ですよね。

↓ 知る準備のない方は開かないほうがイイかもです。
http://m.youtube.com/watch?feature=related&v=AoOp-VBgMNg

支障があれば、このコメントは消して下さいませ。

 


>「自分の足を運び、自分で見ること」の大事さを最近しみじみ感じています。
>気持ちに素直に動くようにしたら、「怖い」と思うことも事実を知ることで、自分でどうしたいか選べるし、なにより今までと自分が周りを見る目や関わり方も変わったし、周りにいる人も変わってきた気もします。
>色々見えてくると、元には戻れないのも実感しています。
>〔初音ミクのコンサート〕も前なら「すごいね。」と思ったと思いますが、今はそう思えないなぁ。そういう世界に入り込めない自分がいます。


 

所謂ハラスメント界におけるこの世の中のすべては自作自演なんだなぁ…って実感が最近物凄い。
それは個人的な小さな世界だけではなく、国家間という少し大きな視点から見ても。やってることは個人か集団か国かの違いだけで、皆同じだなぁって。

「かまってちゃん」たちに振り回されるの、疲れちゃったな。
なんかもう、全部やめちゃいたーい。

 

『911 真実』で検索してサイト様をお邪魔してきました
何か、頭が痛い。
自作自演とか最低過ぎる。
対アフガニスタン戦争で犠牲になったのは弱者…

私の故郷は広島です
母親の親戚はあの日被爆しました
被爆死、入市被爆、胎内被爆、なんでもござれです
アメちゃん(アメリカ)にとって、戦争は手段なんでしょうか
しょうもない手段の為に、私の身内は殺された?
安倍ちゃん(現総理大臣)にとって、原発事故は手段なんでしょうか
しょうもない手段の為に、福島は切り捨てられた?
パーフェクト・コントロールと言った時に
福島は国から捨てられたと思いました。
震災当時、茨城にいた私には
福島のことは他人事には思えないです

もう、次はないと思います。
仏の顔も三度までですから
ショックで眠れそうにないです

 

ハラッサーとハラッシーがタッグを組むのを阻止しなければ。。。。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード