プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あるがままの自分を取り戻す講座」感想4

2013/11/15(Fri) Category : 家族心理・子育て講座
【「あるがままの自分を取り戻す講座2013」感想】

講座ではお世話になりありがとうございます。
今朝は地震がありましたが大丈夫でしたか?
私は、浅草観光をして大吉のおみくじを引いて、ついさっき帰ってきたところです。江戸って感じを満喫しました。

講座の感想ですが、中尾さんの今回の講座は、まるでリトマス試験紙みたいに感じました。いろんな事例を見て、自分の今を見直すと、あーまだ私はこんな所で無理しているなあとか、、、試験紙に反応がでるみたいに自分の反応を感じていました。


一番きつかったのは聞き方三態でした。
話すのがつらくて、こころが氷っていきました。
こんなに思ってることを話すのがこわいとかんじてるんだなーと意識が遠くなりました。。

みんなが話していることにも、ひとつひとつこころが反応していて、せんせいが全てを肯定して、しかも誘導しない、その姿が私がわたしにしてあげてもいい姿勢のお手本なんだわーって思って聞いていました。



懇親会も二次会も楽しくて、今思い出してもすごく居心地いい時間でした。何もかんがえないで楽しむ為だけに来たみたい。

全体を通して、自分の言いたいことを訴えたいというより、誰かにわかって!って認められたいという感じの自分が見えるみたいだったから、聴いて感じようとおもっていました。


人と話すって何なんだろう。
自分の気持ちは、自分で聴いて。

何を話すの?
懇親会みたいに楽しかったらそれでいいのかな?

といった事が今回感じた事です。


ありがとうございました。
そしておつかれさまでした。





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード