プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あるがままの自分を取り戻す講座」感想6

2013/11/17(Sun) Category : 家族心理・子育て講座
【「あるがままの自分を取り戻す講座2013」感想】

どうもありがとうございました。
行って良かったーーーーー、とつくづく思っています。

行く、って決めたときから、楽しみでたまりませんでした。
先生のブログにあった言葉
「私達夫婦ができることは、その安心できる場作り。
参加される皆様は、安心して自己開示してください。」

なんて素敵な場所なんだろう!って思いました。
この場所に行って、私は私のまま、気持ちのままで過ごしてみたい!私は私を出してみたい。
すごくそう思いました。本当に、楽しみで楽しみでたまらなかったです。



でも、一週間前ほどからは、
「もしも何か不慮の出来事が起こって、行かれなくなったらどうしよう」と胸がドキドキして不安でいっぱいで、どうにも落ち着きませんでした。

行かれなくなったらどうしよう?という不安と
そんなの嫌だ。絶対行きたいんだ。っていう気持ちとがいつもあって、いつも葛藤している感じ。いっぱい泣きました。この葛藤は、前日の夜まで続きました・・・。

やっと当日になって、会場にたどりつけて、ほっとしました。
中尾先生や真智子さんの姿を見て、ほっとしました。

みなさんの姿を見て、またまたホッ。
うれしい気持ちでいっぱいでした。

うれしくって、わくわくして、もう、全員一人一人に話しかけたいくらい。
でも、「おっと、きっとみなさんそれぞれの気持ち、事情があるんだ」と思ったら少しその気持ちが引っ込みました。



講座では、、、
自分で、どうしようもなく、気づいてしまった。。。

私、自分の気持ちを言えてない!!!!!
手を挙げて、発言した時、先生に「それだけ?」と聞かれた。。。
その時、ハッとしました。
私の言葉って、なんて断定的なんだろう!って。

みなさんが発言するときは、自分の体験や気持ちを色々と話されているのに、私の発言は、たった一言だけ、なのです!!!

ショックでした。
私、言えてない!!!
言葉が、出てこない!!!
色々話してみたい。
私も、色々言ってみたい。
それなのに、いざ話すとなると、言葉が何にも湧いてこない!!!
なんでーーーーーーーー?
「言葉が出てこない自分」に気が付いて、猛烈にショックでした。。。



「聞き方三態」の時もそうだった。
特に、相手が正面を向いてる石になって、私が話す番になったとき、頭が真っ白になって、何にも思い浮かばなかった。
「えーと、えーと」そればかり言ってた。。。

言葉が出てこなかった。。。
私の中には「話すな」っていう禁止令があるの???

悲しいーーーーーーーーーーーー。
言いたいのに言えてない。
話をしたいのに、言えてない。
悲しいーーーーーーーーーーーーー。

聞くのは大好きなのです。
聞き方三態で、私が聞き役で石の時、
相手の方はとっても話しにくそうだったけど、
でも、私は話を聞くのがとっても面白かった。楽しかった。
もっと聞きたい、って思いました。
でも、私は、話せない!



懇親会でも、私は話せなかった・・・
何かおしゃべりしたいな、って思うのに、頭が真っ白。
なんだ、これは?
認めたくないけど、これが、今の私。
突きつけられました。現実を。
向き合う課題、見つけました。



他にも、出てきたチャイルドはいっぱいいたし
(帰ってから、泣いてばっかりです・・・)
人から優しくされることにものすごく抵抗がある自分も発見したし。
課題をいっぱい見つけました。
一つずつ、向き合って行こうと思います。




中尾先生と真智子さんを、私はどこかで「理想の両親」と勝手に思い描いていました。私の中では、空想の中でのお2人だった。

でも、講座でお会いして、中尾先生と真智子さんを「理想のお父さん、お母さん」ではなく1人の人として見ることができました。
というか、見ざるを得なかった。

当たり前ですよね、目の前に本物のお2人がいるのだから・・・
ブログなど、ネットだけの繋がりだと「この人はこういう人」って、自分の妄想に突っ走ってしまうのかも、って思いました。
リアルにお2人にお会いできて、本当によかったです。



最後に。
中尾先生、真智子さん、そして同じ時間を共有して下さったみなさん。
貴重な体験を本当にありがとうございました。

握手やハグをして下さったみなさん。
とってもとってもうれしかった。私の宝物です。


またどこかでお会いできるかな。
私も、歩いて行きます!

どうもありがとうございました。




関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

一緒

この感想のかたと一緒。

自分の気持ちを表現することを許されなかった環境で育ったら当たり前なんだよね~。

自分が表現するとその言葉に依存してきて怒られたり馬鹿にされたり。そりゃ表現するの怖くなるよ。

本当に環境って命って思う。

アダルトチルドレンからの回復って本当に生き直しですよね。なんというか狼に育てられてて人間の言葉話せてなかったけど、もういっかい人間界に戻って人間の言葉を一から勉強する感じ。




 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード