プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あるがままの自分を取り戻す講座」感想11

2013/11/22(Fri) Category : 家族心理・子育て講座
【「あるがままの自分を取り戻す講座2013」感想】

昨日の講座ではどうもありがとうございました。

カウンセリングを受けているわけでもなく
先生にお目にかかるのも初めてでしたので
いったいどのような一日になるのか
様子を見にいってみるような感じで参加させていただきました。


前半の講義とひとつひとつの事例が
納得のいくことばかりで
特に自分にあてはまる事例があげられたとき
これまでの親子関係の中で作られてきたゆがみの原因が
はっきりしてきたような感じがありました。


自分自身がどうしてあまり親と会いたくないのか?
それは、両親の気持ちや機嫌を優先させるあまりに
自分の本当の気持ちを押さえてきたんだということ。

我慢して、後回しにしてきたために
自分が本当は何を感じているのかさえよくわからなくなっていたこと。
その中で怒りをいっぱいためてきたことが
はっきりしました。


自分のインナーチャイルドに本当に申し訳なかったと思いました。

この講座に出て、私は自分のインナーチャイルドを
必ず守り、必ず味方になることに決めました。



聞き方の練習は、自分がチャイルドのほうをちゃんと向いて
自分の気持ちを聞いてあげる練習にもなったような気がします。

それぞれの事例でのみなさんのシェアによって
事例への理解がさらに深まったと思います。

これだけでも十分に参加した価値がありました。



後半の講義で大きく目指すところがわかりましたが
1日たっぷりの濃い内容なので
ついていくのがいっぱいなところもありました。


年に一度といわず、小分けにして 一回の時間が少し短くても
ひとつのテーマを掘っていくような講座を
今後頻繁に開催していただけたら
その時々で自分の現在地を確認できていいなとも思いましたが
遠方よりいらっしゃっている方々や
先生もお忙しいと思いますので
なかなか難しいかもしれませんね(^^)

自律に向かって進んでいかれる方が
さらに増えていく社会になることを心から願っています。

すばらしい場を提供していただき
本当にありがとうございました!



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード