プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あるがままの自分を取り戻す講座」感想14

2013/11/25(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
【「あるがままの自分を取り戻す講座2013」感想】

「さびしい!」にずっと翻弄されていて、今回は行けるかどうかがまず心配だったので、参加できてよかったです。
向き合っても後から後から湧いてくる寂しさ。

脚本ちゃんやら謎解きちゃんやらに翻弄されて、どうにもならない自分や逃げる自分をまた責めたり。

そんな時期が続き、そんな自分を見せるのも怖かったので、
「もう今日は行くだけ、いるだけでいい」と自分に言い聞かせて家を出ました。



自分のあり方? 皆さんの雰囲気? 机の並び方? 慣れなのか?
わかりませんが、今回が一番リラックスして参加できました。

講座が始まると「話を聞きたくない」「眠い」「何か話さなきゃ」とかありましたが、「来ただけでOKだから」と自分を安心させるようにしました。



事例はほとんどが私や家族に当てはまるもので、
そのようになってしまった自分や、
そうなることすらできなかった自分を思いながら、
あらためて一番つらかった時代を振り返っていました。

先生が「何か話したい方?」というたび、だいたい話すことがある自分がいて、とてもしんどかったです。(話せなくてごめんなさい。)



聞き方3態はおもしろかったです。
話すほうがつらいと思ったのですが、
聞くほうがつらかったのが意外でした。

なぜかな、と後々よく考えてみたら、
話すときに「聴いて欲しい」と
思っていなかったのに思い当たりました!

日記を書くときのように、話しちらかしているだけでした。
こちらを見て話を聴いてくれるとなった時は、「真剣に話さなきゃ」と思って初めはかえって話に詰まってしまいましたが、
最後は「もっと話したかった!」となりました。



皆さんのお話、とてもすばらしいものでした。
親の立場からの話もあり、私は子の立場で聞いていたので、
初めは「聞いてもつらいだけ」などと思っていたのですが、
終わった後に拍手したくなるようなお話がいくつもありました。

「こんなお母さんだったら、いいな」とか、
聞きながら色々沸いてくる気持ちを見られてよかった。


みんなもがんばっていて、
それをいいと認められる自分もいて、
じゃあ私もがんばってる、いいよって思おう。

そんな気持ちにさせてもらえました。
ありがとうございました。



講座の後また色々気持ちが湧いてきますが、
講座で自分を確認できたので、
受け止める余裕もちょっとできました。

参加できて、本当によかったです!
どうも、ありがとうございました!




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード