プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あるがままの自分を取り戻す講座」感想15

2013/11/26(Tue) Category : 家族心理・子育て講座
【「あるがままの自分を取り戻す講座2013」感想】

中尾相談室のブログに出会ったのが2ヶ月程前で、ブログをよく読んでいましたが、講座に初めて参加してみて、実際に耳から声で話を聞くのは違うなと感じました。

また、聞き方三態や、自分に許可を与える言葉を
皆さんと一緒に声にできた事は、とても貴重な体験でした。

ブログに頭の中で思っているたけでは駄目で、
声に発して自分の耳で聞く事が大切と書いてありましたが、
その事を実感した思いです。



また、頭の中では思えても、実際に声に出そうとした瞬間に
心が苦しくなったフレーズがあった事は驚きでしたし、
そのフレーズが自分の問題の原因になっているのだろうなと思いました。

中尾夫妻が「声に出そうとして苦しくなったフレーズはありましたか」と問いかけてくれたので、しっかり認識できたのだと思います。



また、参加された皆さんが自分の思い・体験等を具体的に話してくれましたので、段々と自分の思いを話しても良い場なんだと感じて安心感が生まれ、当初は一般的な質問しかできませんでしたが、講座の最後には自分自身の思い・体験について質問する事ができました。

その質問に対して、中尾先生からは
「自分の思いに従って行動すれば良い」と言ってもらい、
真智子先生からは、
「自分の思いを声に出して言えた事に拍手を送りたいと」言ってもらえて、とても心強く感じ、安心する事ができました。

講座自体が中尾夫妻が聴いてくれて、
見守ってくれている場なんだなと感じました。
(生まれ育った家庭がこのような場であれば、自分に自信を持って力強く生きられる子供が育まれるのだろうと感じました)



今まで気持ち・感情よりも思考・理性を優先して生きてきており、
思考で気持ちや感情をコントロールする事が、
欲望・煩悩を抑えるためには必要だと考えていたため、
中尾相談室の真理は天動説から地動説への転換ぐらい衝撃的でした。

世の中の少年事件や家庭の問題についてのブログを読んで、なるほどと思う事が多かったのですが、どこかで違うんじゃないかという考えが正直抜け切れませんでした。
(たぶんインナーペアレンツがそうさせているのですね)

でも、今回の講座に参加して、皆さんから具体的な家族の問題や思いを聞く事ができ、その要因・背景が中尾先生が言われている事とぴったりと合致したので、心にしみた感じがしました。



人は自分を変える事ができるもの、心を変える(魂を磨く)ためにこの世に生まれ、魂を磨くために輪廻転生を続けるのだと今は信じているので、中尾夫妻と講座に参加された皆さんに今回出会えた事・ご縁に感謝しております。

まだまだ、自分の心を注視し、自分の棚卸しをする事には抵抗がありますが、今回の講座を通して気づく事ができたので、これから一歩一歩進んでいけたらと思います。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード