プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あるがままの自分を取り戻す講座」感想16

2013/11/27(Wed) Category : 家族心理・子育て講座
【「あるがままの自分を取り戻す講座2013」感想】

11月9日の皆さま、ありがとうございました

集団カウンセリングというものがどういうものかもわかりませんでしたが、必要に迫られ、とにかく何かヒントや方法を得たくて参加しました

他の方のお話を聞かせていただきながら、共通点を見出す事ができて、皆さんも頑張っておられるのだなぁと、励まされる思いになりました

本当は会場で自己開示できたらよかったですし、質問もしたかったのですが、体調も今ひとつで乗りきれず、声を発する事ができませんでした

元々声を張るのが苦手です

体力的に夕方が限界だろうと懇親会は参加しませんでした

帰り際にほんの少し言葉を交わした方が居らして懇親会に心引かれましたが、無理はやめようと思い帰路につきました

その別れ際の笑顔を拝見しただけでも何か思いが繋がっているような感覚になりました



例に出される家族の形態が両親と子が主だったので、私が抱えている問題に、どう置き換えようかと考えながら色々な立場から講演を聞いていました

世の中の多くが怒りたい欲求を持っているから、機会を得れば誰かを責めたいのだという意味合いの事も聞かれて、世の中の見え方が変わり、興味深かったです



これまで何かおかしいと思ってきた事が、ある切っ掛けで、ようやく正しく把握できたわけですが、まず自分の強い不安感と恐怖心をどうにかしなければ、対処もできないくらいに不安定でグラグラでした

溺れそうな人間が、ジタバタしているように誰かの助けを欲していましたが、すがるのにも限度があるのもわかっていました

しがみついたら相手まで溺れさせてしまいますからね

さみしいや、怖いや怒りを口に出して外に解放することで、溢れて本当に辛かった心の状態の波を減らしていけるかもしれない、と実行してみています




「従順」はいい事だと思ってきました

でも、それで本当の平和は訪れませんでした

状態を理解したら、あとは具体的な方法を知りたいのではないでしょうか

少しずつでも一人でもできる辛い感情から逃れる方法

それは、辛い感情が自分の中にあることを認めて、
口から外に出してやる事、なんでしょうね



無性に身の回りを明るい色にしたくなったり、黒に拒絶感が出てきています

これは何かの表れでしょうか?



兄妹の仲を裂いてまで自分の居場所を確保しようとする母
自分の孫さえも道具にして罪悪感を持たない母
同じ道に入ってしまった妹
母が怒りの塊である姿を知らない無理解な身内

人間でないものがそこにいて、
今も戸をバシバシ音を発てて存在を示しています

三代目でようやく事態が分かるという事を講演で改めて感じました



母と同じになっている妹の、その子どもたちの苦しみを、どうしたらいいだろう?

自分が母親に理解を求める気持ちは捨てました

ですが、せめて妹が自覚してくれたら、と思ってしまう

子どもたちのために


本当は質問したかったんです

自分に許可する項目がありました

それを子どもたちにとって必要なら伝えてもいいのだろうか?という質問です

でも、できなかったんです

それを子どもたちが欲していると感じた時に、ポツリポツリ伝えていく姿勢であることを自分のあり方として置いておこうと、どこかで決めていたのかもしれません




自分は変えられる

でも他の人は変えられない

他者との間に線を引く必要があること

確認しながらでないと、気持ちは水の様に流れやすいですね




お話できた方はわずかでしたが、ご縁があり会場を共にした方々

心からの言葉を発していた方々の様子は
深い苦しみを伴っていましたが、
同時に素直で正直な美しい姿であると感じました

心の中のほんのひと欠片を拝見したに過ぎませんが

嘘や歪曲で身を固めた人たちと対峙していると、
人間ではないもの(鬼か何か)と向き合っていると感じるので、
皆さまのやり取りの中に人を思う暖かいものを感じました

自分でも、人と暖かみのある関係を持っていきたいと思います




不安や恐怖の波は容赦なく襲ってくるけれど

波によって選ぶ言葉が変わるので、
文章がなかなかこれで良しになりませんね

自分のためのカウンセリングのはずが、他にも問題を抱えていて、自分自身のことに集中できず色々な立場で聴いてしまっていたのですが、会場に来られた方々の真剣なご様子に触れられたことはよかったと思います




まず、自分が変わること

それによって周りにもよい変化が起きると信じたい

他人の事ばかりにエネルギーを使いすぎると、すぐにショートしてしまう

自分が自分でいることが第一なんだ、と言い聞かせないと、すぐ忘れちゃうんですよね



講演の会場は、自分だけではないんだなぁというのを感じられる空気がありました

改めて、ありがとうございました





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード