プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

体が気持ちを記憶している

2013/12/04(Wed) Category : 脳内親vs小さいちゃん
【脳内親vs小さいちゃん】

前記事で、『全身で感情を表現』するということを書きました。
「感情の監獄」となっている肉体を、肉体本来の機能=「感情の表現機関」に変えようということです。

気持ちが出てこなくても、体は気持ちを記憶しています。
その気持ちを言葉で表現しないから、体はパンパンになって苦しくなるわけです。

けれど気持ちが出てこなくても、体に語らせることで、記憶が呼び起こされたり感情が出てきたりすることがあるのです。

以下の記事は、許可を得て掲載させていただきます。




【肉体記憶】--------------------------------------------

講座に来られたことを機に、電話をしてこられた相談者の方がいらっしゃいました。その方は一度面談しただけで、ほぼ半年ぶりのことでした。

このような場合は、前項で見ましたように(ざっくりと言えば)IPにやられてあれこれと意識を外に向けさせられていることが多いのですが、「事実否認」の場合もありますので、こちらから声をかけることはありません。その人が次の一歩を自ら踏み出すまでは、黙って見守るしかありません。



その方(Aさんとします)は、講座に出るという行動をされたことで、ICが再び力を得たのでしょう。その後のある日寝ていたら、
「もう逃げられないぞ」
と(体の中から)声がしたそうで、電話をしてこられました。

それでも、電話をしようとすると不安が襲ってきたそうです。この場合の不安は、IPがかけさせまいと邪魔をしているのでしょう。

さて、強くIPに支配されている方は皆様そうですが、何かに押されて電話をしたからといって気持ちが出てくるわけではありません。そういう時は体に注目してもらったりします。

訊けば、電話をするときから左腕に震えがあったそうです。
ICが何かを伝えようとしているのかもしれません。そこで、
「こわくないよ。出てきていいよ」
とAさんにも言ってもらい、体のなすがままにしてもらいました。

すると、腕の震えが大きくなり、やがてそれが右腕に移っていき、そして、両足までがバタバタと動き始めました。

やはり何かを訴えたいようです。
と、「焦り」の気持ちが出てきた―とAさんが言います。

すかさずIPの邪魔が入ったわけですね。焦らせることで、目の前のことに集中させない←これは、IPがよく使う手ですので、その焦りの気持ちは無視してもらいました。


そして、腕や足にちなむ思い出はないか訊いてみました。
すると、自分を痛めつけた過去、親に無視された過去の記憶が出てきたのです。

その記憶当時のAさんは、その出来事についての小さいちゃんの“本当の思い”を実感していませんでした。
「あぁ、小さいちゃんは本当はどういう気持ちだったかを“自分”に伝えたかったんだなぁ」と思いました。

そこで、第三者として見たらどういう気持ちになるかを想像してもらいました。そして、その気持ちを口に出して言ってもらいました。

いつしか、震えは消えていました。



その後、いくつか思い出が出てきて―



終わる頃に、Aさんは言いました。
「日向に干している布団に寝っ転がっているような感覚」

Aさんに気持ちを言ってもらえて、小さいちゃんもうれしかったのでしょう。そして、Aさんに初めてホッとしたのだと思います。






【ご参考】
男も出産する=ICの誕生―(5)肉体を通して出てきた声なき声






関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

体が気持ちを記憶している。


>確かにそうだなぁということを実感しています。

>何にもないのに、外にいるのがものすごく怖かったりして(でも、自分ではすぐに気付かない。)、知らず知らずの内に顔が強張っていたりします。


>体の凝りや強張りも強くなり、呼吸も浅くなります。


>今は、独り言で気持ちを口にするのが習慣になって、少しずつ楽にはなってきました。


>過去にあったことを、頭は忘れても、体はちゃんと覚えているんですね。

>おかげで少しずつ、忘れていたことを思い出してきました。



 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード