プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

鋸山の日本寺―1.百尺観音と日本一の磨崖大仏

2013/12/17(Tue) Category : 神社・寺・城・歴史
鋸山には、その名も日本寺(にほんじ)があるんですね。

仏教に篤く帰依し、悲田院(貧困者救済)や施薬院(医療施設)を設置した光明皇后が、1000人の入浴をさせる行をされました。そして、999人が終わった日、癩病患者がやってきて腫物を吸ってくれと言いました。

意を決した皇后が膿を吸うや光り輝く童子に変化し、「我は東方の教主薬師如来なり」と言って東を指さし、姿を消したそうです。薬師如来とは東方浄瑠璃世界の教主で、瑠璃光を以て衆生の病苦を救う医薬の仏様です。

皇后は聖武天皇に頼んで行基を東国に遣わしました。行基は鋸山に三尊の姿を見て、中央を瑠璃山、その両側に連なる山を日輪山、月輪山と命名し、薬師瑠璃光如来像を彫って中腹の岩窟に安置しました。

薬師如来は東方の教主=「日の本」なので、日本寺と名づけたそうです。(正式名は乾坤山日本寺)



-----------------------------------------------------------------
725年の開山当時は、七堂十二院百坊という国内有数の規模を誇り、名僧も滞在しました。良弁は木彫りの大黒尊天を彫り、弘法大師(空海)は石像の大黒尊天を彫り、慈覚は仁王門の金剛力士像を彫ったそうです。

石仏としては日本最大の大仏は、薬師瑠璃光如来。左手に薬壺を持っています。大野甚五郎英令が門弟27名とともに彫った当時は約38m。修復された現在は31m。

千五百羅漢像は、やはり大野甚五郎英令&門弟27名が21年間をかけて彫った石像群。中華民国壊安大中寺の八百羅漢をしのぎ、世界一の羅漢霊場として知られているそうです。

百尺観音は、戦没者供養と陸海空の交通犠牲者の供養のために山肌を彫って作られた像。交通安全の守り本尊となっているそうです。



この由緒正しい日本寺は、残念なことに昭和14年(1939)に大火で焼失しました。聖武天皇の勅額宸翰、皇后手ずからの刺繍、源頼朝の扁額、薬師如来像、観音像など国宝級の品々が消失したそうです。

原因は、宿泊研修に来ていた教育団体のメンバーのたばこの火の不始末。複数の者が「腹を切ってお詫びする」と申し出たそうです(もちろん、そんなことはなされませんでしたが)。

本堂の再建が計画されますが、時折しも大戦突入時。鋸山は東京湾を守る要塞とされ、敗戦後は焦土と化した国の再建にエネルギーが注がれ、結局再建されないまま現代に至っているそうです。

2025年に開山1300年を迎える日本寺は、それまでに本堂の再建をしたいと考えているようですが、600円の拝観料だけが運営の基盤であり、目処は立っていません。


・・・悲しい話です。
日本の名を冠した日本寺。
その日本寺の消失は、その後の敗戦を暗示していたようにさえ思います。

その日本寺が、未だに再建されていないとは、いったい何を意味するのでしょうか・・・


ともあれ、日本寺を歩いてみましょう。

鋸山日本寺 案内図
鋸山日本寺 案内図 posted by (C)Hide



★百尺観音-------------------------------------------------------

石切場跡に彫られた百尺(約10.3m)観音です。

鋸山日本寺 百尺観音1
鋸山日本寺 百尺観音1 posted by (C)Hide


岩から木が生えている。
たくましいですね。

鋸山日本寺 百尺観音2
鋸山日本寺 百尺観音2 posted by (C)Hide


確か、この観音様の敷地に下のお札が立っていました。
切々たる訴えです。

鋸山日本寺 復興支援のお願い札
鋸山日本寺 復興支援のお願い札 posted by (C)Hide








★千五百羅漢道を下る-------------------------------------------

百尺観音を出るときの光景です。
木漏れ日が美しく、石切場の岩肌も味わい深いものでした。

鋸山日本寺 参道の木漏れ日
鋸山日本寺 参道の木漏れ日 posted by (C)Hide

鋸山日本寺 虹色の陽光
鋸山日本寺 虹色の陽光 posted by (C)Hide

鋸山日本寺 味わい深い岩肌
鋸山日本寺 味わい深い岩肌 posted by (C)Hide


千五百羅漢道については、次の記事で掲載します。




★薬師瑠璃光如来-----------------------------------------------

千五百羅漢道を過ぎ、降りていくと見えてきました大仏様。
日本寺の本尊である薬師如来像です。

鋸山日本寺 大仏1
鋸山日本寺 大仏1 posted by (C)Hide

鋸山日本寺 大仏2
鋸山日本寺 大仏2 posted by (C)Hide


切れ長の眼を開いて、しっかと見据えていらっしゃいますね。

鋸山日本寺 大仏3
鋸山日本寺 大仏3 posted by (C)Hide

鋸山日本寺 大仏4
鋸山日本寺 大仏4 posted by (C)Hide


大仏広場にお願い地蔵がありました。

鋸山日本寺 お願い地蔵
鋸山日本寺 お願い地蔵 posted by (C)Hide

足下には、たくさんのちびっこたち。

鋸山日本寺 お願い地蔵2
鋸山日本寺 お願い地蔵2 posted by (C)Hide







★駐車場からの光景---------------------------------------------

大仏様を見た戻り道、駐車場から垣間見えた光景。

鋸山駐車場:金の海
鋸山駐車場:金の海 posted by (C)Hide

鋸山駐車場:光がまるで金の粉
鋸山駐車場:光がまるで金の粉 posted by (C)Hide



太陽が、まるで燦然と輝く真珠に見えました。

フワッと雲に乗っかり輝く真珠
フワッと雲に乗っかり輝く真珠 posted by (C)Hide






鋸山から見た「銀の海」「金の海」と「地獄のぞき」
・鋸山の日本寺―1.百尺観音と日本一の磨崖大仏(本稿)
鋸山の日本寺―2.千五百羅漢道を行く



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード