プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

311東日本大震災の爪痕―2.戦慄!津波にえぐられた陸地

2013/12/26(Thu) Category : 地震・災害・脱原発
★福島県相馬郡:松川浦~大戸浜-----------------------------------

広野ICをUターンし、いわきジャンクションまで戻って磐越自動車道に入り、東北自動車道に乗りました。安達太良サービスエリアで昼食。

案内の方がいらっしゃったので話を伺うと、2011~12年までは一般の人はいなかったと言います。モノトーンの服ばかりでものものしかったとか。
今年になって一般の一足も戻り、服装もカラフルになってホッとしたとか。


さて、福島西インターを降りて相馬市に向かいました。
着いたところは、松川浦です。

福島県相馬市松川浦1
福島県相馬市松川浦1 posted by (C)Hide

海が近い。“そこ”に海。
遠くに見える大洲が天然の防波堤になっていますが、あれがあってさえも大地は波に洗われました。

福島県相馬市松川浦2
福島県相馬市松川浦2 posted by (C)Hide


【追記】当時の映像がありました。








相馬港を後にして38号線を北上しました。
右手は、海水浴賑わう砂浜だったのでしょう。

311津波の爪痕1:復興中の相馬港
311津波の爪痕1:復興中の相馬港 posted by (C)Hide


街があったはずの左手は荒れ野となっています。

311津波の爪痕2:荒れ野となった街
311津波の爪痕2:荒れ野となった街 posted by (C)Hide


少し行くと、土台だけ残した残骸を見つけ、車を止めました。

311津波の爪痕3:相馬郡新地町大戸浜1
311津波の爪痕3:相馬郡新地町大戸浜1 posted by (C)Hide


奥の建物は、石垣の上に立っていて津波を免れたようです。

311津波の爪痕4:相馬郡新地町大戸浜2
311津波の爪痕4:相馬郡新地町大戸浜2 posted by (C)Hide

311津波の爪痕5:相馬郡新地町大戸浜3
311津波の爪痕5:相馬郡新地町大戸浜3 posted by (C)Hide


この道の両側にも住宅が広がっていたのでしょう。

311津波の爪痕6:相馬郡新地町大戸浜4
311津波の爪痕6:相馬郡新地町大戸浜4 posted by (C)Hide


川に来ました。

311津波の爪痕7:相馬郡新地町大戸浜5
311津波の爪痕7:相馬郡新地町大戸浜5 posted by (C)Hide


破壊力のすごさを感じます。

311津波の爪痕8:相馬郡新地町大戸浜6
311津波の爪痕8:相馬郡新地町大戸浜6 posted by (C)Hide




-------------------------------------------------
38号線を北上しているはずですが、だんだん道なき道になっていきます。

「今、どの辺?」
心配になった私は、妻に訊きました。妻のアイフォンが頼りです。

「今、交差点を過ぎるところ」
―なるほど、十字路がありました。

そこを過ぎて間もなく、
「えっ?!」―心の中で、驚きの声を上げていました。



見えるはずのないものが目の端に飛び込んできたのです。

あり得ない・・・

右側に、「水面」が見えたのです。



なんと・・・
運転席の右下―道路の右側がえぐれていて、

そこが、

海になっているのです。



信じられない・・・・



そこをおそるおそる通り抜けて、広っぱで車を止め、妻に言いました。
「ちょっと見せて。今どの辺なの?」

「釣師浜郵便局の辺りだよ」

アイフォンの画面を見て、絶句しました。


OOTOHAMA-iphoneMap.jpg

道の両側に街があります!



ゾワッと、戦慄が走りました。

確かに、
右側にも、
街があった!



「大地の上にあるもの」が波にさらわれただけではなく、
「陸地そのもの」が、波にえぐられている。

「こわい!」
恐怖が走りました。

一刻も早く、その場から逃げ出したくなりました。



地図を見ていた妻は、“そのこと”に気づいていませんでした。

怖いけれど、この目で確認をしておこう。





ビデオを撮ると、すぐにその場を離れました。

171号を内陸側に入って行ったとき、ホッとしました。

「津波」のすさまじさを“実感”しました。







【追記】
こちらも画像がありました。大戸浜の方が撮ったそうです。








関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード