プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

松島湾一周 仁王丸島巡り

2014/01/09(Thu) Category : 旅行記
松島湾遊覧仁王丸の2階船内は下の通りガラガラだったので、昨日の記事のように海猫とのひとときを満喫できました。(島巡りの動画は、昨日の記事をご覧ください)

松島湾遊覧 仁王丸1
松島湾遊覧 仁王丸1 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 仁王丸3
松島湾遊覧 仁王丸3 posted by (C)Hide


松島湾内一周仁王丸コースはこちら。
matsushimayuran.jpg



★-------------------------------------------------------------
それでは、ユニークな島々の姿をお楽しみください。
松島湾遊覧 島巡り1
松島湾遊覧 島巡り1 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り2
松島湾遊覧 島巡り2 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り3
松島湾遊覧 島巡り3 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り4
松島湾遊覧 島巡り4 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り5
松島湾遊覧 島巡り5 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り6
松島湾遊覧 島巡り6 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り7
松島湾遊覧 島巡り7 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り8
松島湾遊覧 島巡り8 posted by (C)Hide




★-------------------------------------------------------------

仁王丸の名の由来でもある仁王島―スフィンクスのようにも見えますね。船はエンジンを停止して、ゆっくりと周りを回ってくれます。

松島湾遊覧 島巡り9
松島湾遊覧 島巡り9 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り10
松島湾遊覧 島巡り10 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り11
松島湾遊覧 島巡り11 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り12
松島湾遊覧 島巡り12 posted by (C)Hide




★-------------------------------------------------------------
仁王島から折り返します。
松島湾遊覧 島巡り13
松島湾遊覧 島巡り13 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り14
松島湾遊覧 島巡り14 posted by (C)Hide



再び個性あふれる島々―

松島湾遊覧 島巡り15
松島湾遊覧 島巡り15 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り16
松島湾遊覧 島巡り16 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り17
松島湾遊覧 島巡り17 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り18
松島湾遊覧 島巡り18 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り19
松島湾遊覧 島巡り19 posted by (C)Hide


おや、鵜?
松島湾遊覧 島巡り20
松島湾遊覧 島巡り20 posted by (C)Hide



だんだん、福浦島が近づいてきました。島の浜辺に観光客がいました。250mある朱塗りの橋は福浦橋。

松島湾遊覧 島巡り22
松島湾遊覧 島巡り22 posted by (C)Hide

松島湾遊覧 島巡り23
松島湾遊覧 島巡り23 posted by (C)Hide




★東日本大震災の時の松島の様子---------------------------------

到着前に、東日本大震災の時の松島の様子が船内放送で語られました。

地震の際は、住民観光客とも瑞巌寺に避難。
1時間半後に3mの津波がきたそうです。

観光の中型船2隻、小型船26隻が桟橋ごと流出。

海面は牡蠣棚、のり筏、転覆漁船、家屋の残骸で覆い尽くされました。

陸上にはがれきの他、ヘドロが10cmほども体積したそうです。

けれど、献身的なボランティアの方々をはじめとするみんなの努力によって、4/29には運行再開―すごいですね。

他の地域より被害が少なかったのは、島々が守ってくれたおかげとのことで、壊れた島もいくつかあったようです。

ボランティアの皆様に心からの感謝を告げてアナウンスは終わりました。お聞きください。








★「東の松島 西の象潟」----------------------------------------

ところで、宮城に松島があれば、秋田に象潟(きさかた)があります。
下の地図のにかほ市の所ですね。
matsushimakisakata.jpg


象潟も、九十九島・八十八潟と言われた景勝地であり、江戸時代までは、「東の松島 西の象潟」と並び称されました。

下記ににかほ市象潟郷土資料館所蔵の往時の象潟の絵図や立体模型がありました。
にかほ市象潟郷土資料館へ

すばらしい景勝地だったでしょうね。


それが、1804年の大地震で土地が2mも隆起して、八十八潟が一夜にして陸地になったそうです。わずか200年前のことで驚きです。一夜にして隆起したり水没したりすることがあることがわかります。

*歴史津波のカレンダーに加えておきましょう。
700年頃仙台沿岸津波
869年 貞観津波
1611年 慶長津波
1804年 象潟大地震(隆起)←
1896年 明治三陸津波
1933年 昭和三陸津波
1960年 チリ地震津波
2011年 東日本大震災



東の松島は陸地が沈み込んで山頂が残って島となりました。
西の象潟は陸地が隆起して海が田んぼとなりました。
(それにしても、潮にまみれた海底が水田になるんですね~)

列島の下のプレートがダイナミックに動き続けていることがわかります。


ところで、象潟は『その後、干拓事業による水田開発の波に飲まれ、歴史的な景勝地は消されようとしていたが、当時の蚶満寺の住職の呼びかけによって保存運動が高まり、今日に見られる景勝地の姿となった。

現代も102の小島が水田地帯に点々と残されている。とりわけ田植えの季節に水が張られると、往年の多島海を髣髴とさせる風景が見られる。』(Wiki)

地元の人は、国のプレッシャーに負けずに、よく土地を守り切ったと思います。あっぱれ。

いつか、田んぼの中に浮かぶ島々を見に行きたいですね。



松島は大量を祝う民謡が有名です。
象潟に大豊作を祝う民謡があるとおもしろいかも。


【斎太郎節】



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード