プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

5-1)ハラッサーのリミットテストとハラッシーのリミットテスト(2002.11~)

2014/11/25(Tue) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【5.祐輔を自分の土俵に乗せた歌織(28/2002.11~29/2003.4)】


1)ハラッサーのリミットテストとハラッシーのリミットテスト(2002.11~)

心の奥で惹かれあったとはいえ、歌織から積極的にアプローチするわけにはいきません。なぜなら、「男性に束縛され暴力で支配」されなければならないからです。つまり、相手が強引に乗り込んでくる形で一緒にならなければ「人生脚本」に反するのです。

ハラッサー(人を道具にする人)は、自分の道具になる人間を常にアンテナを立てて探しています。自分に合う人間(道具)に出逢えばしがみつき、よりフィットする道具に出逢えば、あっさり前の道具を捨てて乗り換えます―それがハラッサー人生です。その中で、ハラッサーとハラッシーハラッサー(受け皿となることで、「人を道具にする人」を道具にする人)が出逢うわけです。


祐輔は、歌織が道具になることを見抜いたでしょう。そして、リミットテストを仕掛けます。リミットテストとは、わかりやすく言えば「相手は自分の欲求をどこまで受け入れて行動するだろうか」という限度を試すことですから、合理的な理由ではテストになりませんので、「何でそんな理由で?」という理由を付けます。

さて、出逢って1ヶ月後、彼が打診をしてきました。
『12月21日に彼から「一緒に住んでいた人が帰るので、年末3日だけ泊めてほしい」とお願いされた。「年末は親が来る」などと言ったが、3日だけというので結局泊めた』(歌織)

「一緒に住んでいた人が帰る」―ならば一人で過ごせばいい。こちらの人生には全く関わりのないことです。それを引き受けるということは、「あなたの人生に関わるよ」という意思表示です。

また、「一緒に住んでいた人」とは祐輔が今付き合っている人ですから、こちらに来るということは、「今付き合っている人よりあなたを取るよ」というメッセージも含ませています。その上で受け入れるということは、「私の方を取って」という意思表示です。

もちろん上記は、意識の水面下でのやりとりですから、表面的には断られないための限定も付けます。相手が自己説得しやすい材料を与えたわけですね。

そして、歌織は見事にこのリミットテストを呑みました。これで祐輔は、歌織を与することが出来るという手応えを掴んだでしょう。

けれど、その手応えを掴んでいたのは、むしろ歌織だったでしょう。祐輔が「リミットテストを仕掛けてきたこと自体」が合格だったのです。

いかがでしょうか。互いに利用し合っているハラスメント界ですが、リミットテストを呑んだことで与することが出来ると思ってしまった祐輔と、リミットテストを仕掛けてきたこと自体で合格にした歌織―どちらが上手かわかると思います。







【ご参考】
援助者の心構え(=人間関係の心構え)






関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

> 「一緒に住んでいた人が帰るので、年末3日だけ泊めてほしい」

普通の人?なら、この ↑セリフで
「絶対ひとりではいられない危ない人」と捉えるのではないでしょうか?


>自分の道具になる人間を常にアンテナを立てて探しています。

無意識で「束縛や暴力的支配」を望んでいる人は ( 過去の私も含む…)、
このアンテナが、
「危険を望んで探す」アンテナになっている、ということでしょうね( →自分では全く気がつかない)

わりとすぐ逃げれた私の場合、
暴力的支配を望む「無意識 (=脳内母親) 」に、
暴力は絶対ダメという「顕在意識」? が かろうじて勝った
という形だったかもしれません。
あ、危なかったです…

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード