プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

9-4)万引き事件―脚本人生の再スタートを切るために仕掛けた「謝罪」ゲーム(2005.01)

2015/02/10(Tue) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【9.母への絶望と憎しみの封印(2004.06~2005.01)】


4)万引き事件―脚本人生の再スタートを切るために仕掛けた「謝罪」ゲーム(2005.01)

そして05年1月、歌織は渋谷のデパートで5万6,000円相当のブランド服を万引きして捕まります。ネット情報では、「常習犯」として書類送検されたそうです。

万引きの意味はいろいろと解釈できますが、1回ではなく「常習」とすれば、思い当たることがあります。脚本人生(虚構)を生きている人は“証拠”を欲しがるわけですが、その証拠作りにする行動というのがあるのです。

たとえば、「ハードワークする」という脚本の場合、
仕事を複数掛け持ちして複数の賃金明細をストック(←証拠)したり、
過労で倒れて点滴を打つこと(←証拠)を繰り返したり、
定期的にスーツや靴を買い換えたり(←証拠)します。

たとえば最後のケースでは、「スーツや靴の買い換えを続ける」こと自体が「ハードワークをしている」証拠になる(と自分では思っている)わけですが、まだ着ることが出来るのに買い換えるのはリアリティがないので、(無意識に)食べ物を服にこぼして汚したり、他人が指摘する(←二次証明)くらいまで靴をはきつぶしたり、という“演出”を行っています。(このように第三者まで巻き込んで延々と無意識に“一人芝居”を演じているのが脚本人生劇場です)



ここで歌織の脚本を見てみましょう。
「自律せずに金を浪費し、男性に束縛され暴力で支配されて我慢しつつ、都心にマンションを得る」―つまり、歌織は金を浪費し続けている姿を脳内母親に見せなければならないわけです。そして、歌織の浪費対象は高校時代からブランド物でした。つまり、「浪費している証拠としてブランド物を買い続けなければならない」わけです。

お金があろうがなかろうが、「浪費」の演出は続けなければならない―歌織が万引きをしていたのは、「浪費」の演出のため=脳内母親にそのブランド品を見せるためだったのではないでしょうか。

そして、常習していたにもかかわらず発覚したのは、その演出の努力にも疲れてきた・・・のかもしれません。もう脚本を降りたい。けれど母親は許してくれなかった。とはいえ、脳内母親(神)を裏切れないので、自分でも自分を止めることが出来ないのです。

ならば、警察に捕まることでこの脚本を終わらせることが出来ないか・・・
「警察に捕まってよかった」―捕まったときにそう言った事件を思い出します。その人は、捕まるまで未成年に対するわいせつ行為を繰り返していました。

果たして、“そういう感じ”なのでしょうか・・・





弁護側「あなたは平成17年に、万引事件を起こしている。この時、祐輔さんには何と言ったのか?」 
歌織 「『申し訳ないことをした』と謝り、『別れてください』と言った」 
弁護側「それに対して祐輔さんは?」 
歌織 「当時、彼は○○(外資系金融会社)に転職することが決まっており、『これから生活が安定するというときに、何でこんなことをしたんだ。自分も暴力ふるわないから、お前も酒を飲むのをやめてくれ』と言われた」 
弁護側「それに対して、どう思った?」 
歌織 「今までの彼に感じたこともないような心からの謝罪を感じ、(許すのは)本当にこれで最後だと思った」


歌織は、『別れてください』と言ってますね。「万引き」と「離婚」―直接結びつかないものが、結びついてしまっています。不自然さを感じたときには、そこに何かあります。まずわかることは、歌織は『別れてください』と言いたかったんだな、ということ。万引きはそれを言うためのきっかけに過ぎないようです。

ではその後、どう展開すると歌織は想定していたでしょうか。束縛を強めていた祐輔がそのまま離婚に応じるなどとは、元より考えてもいないでしょう。ということは、祐輔が離婚を止めることを想定した上で、わざわざ『別れてください』と言ったということです。ここに、このゲームを解く鍵があります。


その前に万引きに至るまでの背景を振り返っておきましょう。
2004年5月に離婚(脚本人生から降りる)を決意して実家に帰りましたが、神(母親)は許してくれませんでした。一方で、祐輔の優しさに触れた歌織は揺れますが、その年の夏に友人に会って自己洗脳を強化し、IC(かおりちゃん)を封印して脚本人生に戻ろうとします。

そのことで「かおりちゃん」は怒り、自分を閉じ込める自分(歌織)に対する怒りを噴出させようとして心は波立ち、秋にはお酒や薬の力を借りなければ眠れなくなっていきます。つまり、自分を脚本のレールにきちんと戻し再スタートするためには、さらなる手を打つ必要が出てきたわけです。そこへ来ての万引き事件でした。

歌織は、「かおりちゃん」をなだめるために、自分はこの脚本人生をやめたがっているという姿勢を見せなければなりません。だから、「かおりちゃん」に聞かせるために、「別れてください」と「言ってみせる」必要があったのです。

一方で、「かおりちゃん」を抑え込むと同時に脚本人生にきちんと戻らなければなりません。そのためには、自分の意志ではなく、相手がそう言ったから仕方なくそうしたという“演出”が必要です。でなければ、「別れてください」と言ったことと矛盾するからです。これがうまくいけば、「かおりちゃん」を抑え込むと同時に、「仕方ないでしょ」と自分(かおりちゃん)に言い訳することができます。

そして、自分を引き留める役を担えるのは、代理母親たる祐輔しかありませんでした。そこで、祐輔が引き留めることが分かった上で、ゲームを仕掛けたわけです。


最後の言葉が意味深ですね。
この時期の歌織は、自分を繰り返し絶望のどん底に突き落とす母親への憎しみを見ないように、見えない闘いをしている時期でした。その絶望と憎しみのさらに根底にあるのは、母親しか見ていない自分に対する「かおりちゃん」の怒り、悲しみ、悔しさ、情けなさです。

そしてこの時、実際に祐輔がどう言ったかは分かりませんが、祐輔(代理母親)からの「謝罪を感じ」ました。元より歌織は、相手がどのような言葉であれ、よほどのことがなければそう受け取る“構え”があったはずです。というのも、自分を絶望に突き落とした母親の謝罪がなければ、再スタートが切れないからです。再スタートを切るためには、(代理)母親からの謝罪という儀式がどうしても必要だったのです。

そして、この謝罪を持って「かおりちゃん」を再封印したのだと思います。


同時に、条件をつけました―『本当にこれで最後だと思った』。
これも、「かおりちゃん」を納得させるために思ったことだったと思います。かおりちゃんに対して、「また苦しい脚本人生に戻るけど、母を許すのはこれで最後だからね」と言い聞かせているようです。

しかしこの自分との約束が歌織を追い詰めていきます。
『これで最後』と思うことは、「今度は、もう許さない」=「殺意を起動させる」ということでしょう。この時歌織は、密かに内なる「母への殺意」をセットしたのでしょう。けれど、それは代理母親である祐輔に向いていくことになります。(このように目の前の相手と母親を分離できず、虚実ないまぜに生きているのが脚本人生を生きている人なのです)



この万引きゲームのゴールは「自分を脚本人生に戻すこと」。そのためにクリアすべき条件は2つでした。

1,代理母親による自分への謝罪
2,代理母親が自分に脚本人生に戻るようにお願いすること

この二つを持って歌織はインナーチャイルド(かおりちゃん)を説得し、封印し、人生脚本の再スタートを正式に切ったわけです。






【ご参考】
万引きの心理-なぜ、分別ある大人や高齢者が万引きするのか

子育て心理学:第4部 5)「ストローク飢餓」に陥った人は「ゲーム」を仕掛ける





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・フォト蔵の不具合により、アルバム及びブログ内写真が見られない場合がありますが、その際は復旧までお待ちください。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード