プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

ミンミンゼミの鳴く6月

2006/06/19(Mon) Category : 環境
梅雨入り宣言…したばっかりじゃなかったっけ?
この日差しと、入ってくる風のぬるさは、もはや6月のものではないよね。
長梅雨の風情が懐かしい。

高山の母より電話。
なんと、ミンミンゼミがわんさか啼いているらしい。
あの、夏の盛りを象徴するアブラゼミが、だ。

去年から、日本は明確に亜熱帯になったと私は思っているが、高山でもこういうことはなかったと、驚いていた。
「日本は沈むんじゃないの」
と、もう80になんなんとする母までもが心配をしている。

ツバルが見捨てられるようであれば、東京(関東平野)も同じ運命を辿ることでしょう。「週刊現代5/27号」に、次のような記事が写真入りで載っていた。
・マレーシア、インドネシア
 100年間で原生林の80%(!)が消滅

・キリマンジャロ頂上の氷河面積
 90年間で1/5→山ろくの熱帯草原の砂漠化加速

・世界4番目の面積を誇るアラル海
 30年間で大きさは1/4→砂漠化加速

・モルディブの珊瑚が白化(痛々しい比較写真)

人類の物質文明の進歩とともに。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード