プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

14-1)離婚闘争の号砲となった父の会社の倒産(2006.04)

2015/03/30(Mon) Category : 渋谷夫バラバラ殺人事件
【「渋谷夫バラバラ殺人事件」の考察】
【14.離婚に向けての攻防(2006.04~2006.秋)】


1)離婚闘争の号砲となった父の会社の倒産(2006.04)

そこに、大どんでん返しが来ます。父親の会社が倒産したのです。

弁護側「前にやっていた自営業はどうなった?」
父親 「平成18年の4月に倒産した」
弁護側「借金はあるのか?」
父親 「会社の債務保証、個人の債務保証、そのほか、いろいろ入れて2500万くらいある」
弁護側「以前は1軒家だったはずだが、どうなった?」
父親 「おそらく競売になると思う。今は知人や親類の家で世話になっている」
弁護側「生活はどうか?」
父親 「…きつい」

4月と言えば、父親が歌織に『離婚サンプル』を送った時期です。2月に書いていた離婚申立書のサンプルをなぜ4月に送ったのかが不思議でしたが、父親も会社のことでバタバタしていたのかもしれませんね。そして、この時期に送ったということは、倒産なら倒産でけりがついて、歌織にコンタクトするタイミングが来たのかもしれません。

母親はこのときに歌織に電話しているわけですから、おそらく歌織は母親から倒産のことを聞いたのではないでしょうか。それは歌織にとって朗報だったかもしれません。歌織の認識では離婚を邪魔しているのは父。都心にマンションまで用意したのに母親が東京に出てこない理由は、父がいたからでした。その父が倒産したわけです。これで一挙に自分が優位に立てると歌織は思ったかもしれません。

そしてこのことは歌織から祐輔にも伝わったことでしょう。この頃はセックスを通じて祐輔とよりを戻し、その上で堕胎してまた暴力をふるわせ、その暴力を理由に祐輔を追い出して、ついに母親と2人で青山を散歩するという「夢の現実化」を遮二無二やっていたときでした。母親と青山を歩いて半月後に父の倒産を知ったわけです。

祐輔はどのように変化したでしょうか。弁護側の質問に母親はこう答えています。

弁護側「その後、祐輔さんと会うことはあった?」
母親 「5月の連休にあった」
弁護側「会えた?」
母親 「祐輔さんから電話で会いたくないといわれた」
弁護側「どのように?」
母親 「『お父さんの会話をテープに録音します』といわれた。私たちは電話を切ってマンションに向かった」 
弁護側「マンションで会えた?」 
母親 「いえ、電話で『お父さんとは話したくない。警察に行った。お父さんを逮捕しにくるから待っててください』といわれた」 
弁護側「直接会えず、新潟に帰ったのか?」 
母親 「はい」 
弁護側「それまで祐輔さんはそういう態度をとっていた?」 
母親 「4月くらいに豹変した。それまでは、すいません、ばかりだった」
弁護側「その後、祐輔さんから連絡は?」
母親 「ない、まったく」
弁護側「歌織さんはお父さんにその後なんと?」 
母親 「『お前の田舎の親父のちっぽけな会社なんかいつでもつぶしてやる。お前らの親類は頭が悪くて、だましやすいタイプだ』と(祐輔さんからいわれたと言った)」

『それまでは、すいません、ばかりだった』のが、『4月くらいに豹変した』とありますね。そして、あれほど恐れていた父親に、とても強気に出ています。臆病な祐輔がこれほど強気になれているのは、バックに歌織がいるような気がします。

『お前らの親類は頭が悪くて、だましやすいタイプだ』というのも、歌織の言葉のように思えてなりません。祐輔がどのくらい親類のことを知っていたでしょうか。何より歌織自身が、自分の他愛ない嘘で親が簡単に動いてきた事実を知っています。

『お前の田舎の親父のちっぽけな会社なんかいつでもつぶしてやる。』という言葉も、婿入りして歌織の父親の後を継ごうとしてた祐輔が言ったというよりも、倒産を機に徹底的に父親をつぶそうとしている歌織の言葉に思えます。

歌織はこのチャンスに、徹底的に父親をつぶし、母親に脅しをかけ、ひいては母親を東京に連れてくるべく攻勢をかけたのではないでしょうか。祐輔という駒を使って。





前項のDさんも歌織から相談を持ちかけられて、この頃に会っています。
『「もう別れようと思うから写真を預かって」とA4サイズの紙袋を託された。歌織の身体のあざを撮った写真もあったが、ほとんどが海辺でいちゃいちゃしているような写真だった。』(by河合香織)―何のために渡したのでしょうか。

Dさんは、法廷では次のように証言しています。
検察側「歌織被告から離婚したいと相談されたことは?」 
証人 「ある。平成18年4月ごろ。『殴られたときの証拠写真があるので預かってほしい。弁護士を紹介してほしい』と言われ、居酒屋で会った」
検察側「預かった写真を見たか?」
証人 「はい」
検察側「証拠写真はどれくらいあった?」
証人 「写真は紙袋にかなりの量が入っていたが、そのうち殴られたときの写真はそんなになかった」
検察側「どのような写真だったのか?」
証人 「体に青や、赤黒いアザがあった。殴られて、血が出ているようなものはなかった」
検察側「なぜケンカが絶えないか聞いた?」
証人 「聞いたが、『分からない』と言っていた。『愛人にお金を借りたのは悪いが、生活が苦しかった』と話していた」
検察側「このときの被告の様子は?」
証人 「弁護士を紹介してほしいと言われたが、いつ紹介するとか、弁護士の名前や電話番号は聞かれなかった。『どうしようもない人だが、私が何とかしてあげたい』と言っていた」 
検察側「弁護士紹介の話が具体的にならなかった?」 
証人 「はい」
《歌織被告が祐輔さんに未練があったとも受け取れる証言。歌織被告はほおをふくらまし後、深くため息をついた》
検察側「その後、メールで被告に写真を返してほしいと頼まれた?」
証人 「はい。友人の家に送ってほしいと言われたので、もらった住所に送った。(送り先の)住所、名前は覚えていないが、女性の名前だった」
検察側「メールはいつごろ?」
証人 「18年5月ごろ」

表向きは離婚の相談ですが、弁護士の話が具体化していません。
逆に『どうしようもない人だが、私が何とかしてあげたい』と言っています。つまりは、別れる気がないと言うことですね。それまで離婚に向けてまっしぐらに突き進んできたのが一転しています。それは、父の会社が倒産して、いったん離婚を棚上げにしたのでしょうか。

一方で、離婚相談の話なのに、なぜ『ほとんどが海辺でいちゃいちゃしているような写真』を渡したのでしょうか。もしそれが家にあって不都合なものなのだとしたら、祐輔と歌織が仲良くしている写真が不都合ということになります。そういう意味では、やはり離婚に向けての準備は続けていたのでしょう。

この不可解な歌織の言動。その謎を解く鍵は、歌織の人生脚本にあります。歌織の今の脚本は、「離婚し男性に金を払わせて自分名義のマンションを得、母と共に暮らす」というものです。父の会社が倒産した「今」は、祐輔を使って父親を攻撃し、母親が父親に愛想を尽かしたところで祐輔(代理母親)と離婚し、マンションを手に入れて母親と住む―その成就に向かってひたすらに突き進んでいるように思います。






関連記事
 
Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

数年前に冷蔵庫が壊れた。それが実母に結婚のために一緒に見に行き買ってもらった家電の最後のものだった。それまで、なんとも思わなかったというか気付こうとしなかった実母への怒りが噴出した。自分でも驚いた。一緒に買い物をしているときに感じた違和感も納得できた。実母のための買い物。娘に買ってあげているという実母の気持ちを満たす買い物。私の好みを否定するので、ちっとも私は嬉しくなかった。でも、それは自分の我が儘なのかと思った。買ってくれたのだから、感謝しないとと。だから、嫌な気持ちを感じることに罪悪感さえ感じた。 親に正直な気持ちを言えない。受け止めてくれない。実母自身の気持ちを満たすために行われていた買い物を受け入れた私。なにも言わずにありがとう。小さい頃からそんな関係だったこと。それがやっとわかった。

 

両親とそっくりな自分の姿が、とても怖い。
自分より我が子より、親を選んでしまったことに後で気がつくばっかりで、進歩のない事を繰り返している。

家の中は、実家にそっくりで、ガラクタだらけ。その中で体中を痛くして苦しんでいる自分がバカバカしくなってきた。
なんにも要らなかった。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
アルバム(flickr)
アルバム(フォト蔵)
YouTube

・写真はアルバムページに飛ぶようにしてあります。
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード