プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

家族ロールプレイ(20141122)の感想2

2014/12/04(Thu) Category : 家族心理・子育て講座
【家族ロールプレイ(20141122)の感想】

先日はお疲れ様でした。
再びこのような機会を作って下さってありがとうございました。
緊張しましたが、思っていた通りなんとかなりました。

他人の気持ちなのに、浮かんでくるものなんですね。
自己投影や願望も入っているかもしれないですけど。

事例の家族関係が自分の家族と重なって、両親も弟もこんな気持ちだったのだろうかと、新たな視点を得ました。

些細に思える出来事でも傷ついたり、我慢したりしているかもしれない、そしてさらに深い気持ち、思いがあるらしいということが分かりました。

素直な気持ちを伝えて、受けとめ合った時にパーッと明るく楽しい雰囲気になって、こういうのいいなぁと思いました。映画やテレビの中だけと思っていました。



ロールプレイや集団カウンセリングでいろんな人のいろんな気持ちを聞いて、とても疲れました。もう人の話は聞きたくなーい!という感じで、懇親会ではいつも以上に無口になってしまいました。見事にIP&脚本ちゃんです。

でも、カラオケは楽しかった!
歌うこと、その場にいることを楽しみました。



気付きがあり、先生の解釈に目からウロコが落ちたけれど、スッキリするどころか頭が混乱しました。自分がこんがらがっているのをまた認めるばかりです。

インナーチャイルドの受けとめ方をもう一度よく聞いたら、自分のやり方がなんておざなりだったのかということが分かりました。

帰宅して、久しぶりにポロポロと泣きました。

インナーチャイルドはあきらめずに私のことを待っているのだなぁと思いました。本当にありがとう、ごめんなさい、です。。。



相変わらず自分に駄目だしや後悔が出てくるけれど、参加して良かったです。明日からまたこの世界で生きていく勇気、自分と向き合う気力が湧いてきました。
生きている限り続くものだと腹をくくって、自分のペースで進んでいきます。

ありがとうございました。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード