プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

家族ロールプレイ(20141122)の感想8

2014/12/10(Wed) Category : 家族心理・子育て講座
【家族ロールプレイ(20141122)の感想】

ロールプレイからは逃げてしまいましたが、自分の癖というかやりかたというか、良く分かりました。
多分直面させられるので否応なしに炙り出されるという感じです。
こんなにはっきりと炙り出されるのはあの場だったからだなと感じています。
自分観察の場としても働くのですね。


インナーチャイルドの役をやりましたが、子どもは親が楽しければそれでいいんだ、親が自分自身をいきいきと生きていればそれを見てるだけで子どもは幸せなんだなと感じました。


受け止めあう ロールプレイでは延々と話がつきなくて(その役のままの話題です)、振り返りもせずにただ話し続けていましたが、それが楽しくて嬉しくて。みんなが楽しそうに話してるのを見てるだけで嬉しくてそこにいるだけで嬉しくて。

あの時感じた嬉しい気持ちは私の宝物です。


自分の楽しみが子どもに悪いかな?とちょっと遠慮してしまうところがあったんですが、遠慮は要りませんね、というか遠慮はよくないということが分かりました。

私が遠慮してたら子どもも遠慮しなければならないし、親も子どもも両方ともちっとも楽しくないし、こんなに悪いものだとはっきり分かりました。

同じく子どもに悪いかなと思い誤魔化すのもよくないと分かりました。
すべて お見通しですものね。

ありのままでいいということが良くわかりました。



あのような場を設けていただきほんとうにありがとうございました。
事例を出していただいた方もほんとうにありがとうございました。

また次がありましたら是非行きたいです。



関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード