プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

家族ロールプレイ(20141122)の感想13

2014/12/15(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
【家族ロールプレイ(20141122)の感想】

一度感想を送りましたが、もう少しじっくり見つめたくなりまた送ります。
皆さんの感想とても素直で胸を打ちます。
他人の経験がとても勉強になることが分かりました。

私はほんとにいいかっこしいと言うか、失敗を恐れるというか、自分の負の部分を見せることが苦手だなと改めて感じました。
負の部分だけでなく自分を晒すことが苦手なんだろうな。
一歩離れたところから見ている、自分は加わらない、そうやって自分を守っている。

怖いのかな、
自信が無いのかな、
怒られるのが怖いんだろうな、
「まったくあんたは」って思われるのが怖いんだろうな。

想像しただけで身がすくむ。
これはなかなか手ごわい。

家族ロールプレイてどんなだろう、自分がどうなるんだろう、どんな感情が出てくるんだろう、などと怖かった。



----------------------------------------------------------
当日最初のRP、お祖母ちゃんがいるという理由でそこを選んだ。お祖母ちゃんになってみたかったから。
なのにそう言えず、お祖父ちゃんとお祖母ちゃんを聞き間違えて「なんだお 祖母ちゃん決まっちゃった・・」ととても落胆しました。
母役をやることにしましたが急に怖くなって「出来ない」と他の役に変えてもらいました。

その母親は失敗しないようにビクビク恐れているのですが、それが小さいころの私そのものであまりにもそのままだったので急につらくなったのです。

ん?小さいころって思ってたけど今もじゃないか?
今だって失敗しないようにってびくびくしてる。恐れている。

だからやらせたくなかったのか。
やったら今もビクビクしてるチャイルドがどんな感情を爆発させただろう。どんなに喜んだだろう。


本人のシャドーをやりました。
最初の場面で本人が縮こまってはらはらしながらみんなを 眺めている様子がよく分かりました。
多分そこにいた祖父祖母父母はそれぞれ自分のことしか見ていない、だれも人のことを見ていない。

子どもである本人だけは自分のことは二の次で4人のことをじっと見ている。
特に父親が怒り出すんじゃないかとはらはらしてた。お母さん怒られないといいけどって心配してた。

これはつらいな、やってられないな、そう思いました。
そして、みんなは大人なのになにやってるんだという怒りが出てきました。

今思うとこの怒りは私が私の両親や祖母に対しての怒りだろうなと思います。



----------------------------------------------------------
次に受け止めあうRP。
最初お祖父ちゃんが登場し言葉を発したとたんに本人が驚き、心がぱぁーっと晴れ渡 り、もう嬉しくて嬉しくて小躍りしているのがよく分かりました。

言葉は覚えていませんが他愛のないほんのちょっとした言葉ですが、みんなに向き合おうというのが見えてその姿勢がうれしかったのかもしれません。

気持ちが変われば言葉も態度もがらりと変わることに驚きましたし、一人が変わればまわりの人もどんどん変わることを実感しました。

みんなの会話も弾みみんな笑顔で嬉しそうで、もう楽しくて楽しくてずーっとこの場にいたいと思いました。

小さな子どもなのにその子が全部背負ってたんだな、何も背負わなくてよくなって途端に肩がすっと軽くなり心まで軽くなりました。


これも背負っていたのは私かもしれない。
私が勝手に親の分も背負っ てしまっていたかもしれない。
でも子どもはそれだけ健気で親のことを思ってる。
改めてそのことがよくわかりました。

こんな経験ができてほんとに良かった。






お昼何を食べようかとお店に行っても何も食べたくなくて、さっきトイレですっきりしたはずなのになんでだろうなどと思いながら注文しました。
むかむかして食べたくなかったのですがお腹が空いてるからかなと思ったし、朝から何も食べてないのでここで食べないとまずいと思ったし。

でもやっぱり受け付けなくて、一口食べただけでダメでした。
それぞれ一口づつしか食べてないのに、それさえも吐いてしまいました。

何も入れたくないという体からの強い意志のような ものを感じました。
どうしちゃったんだろう、このまま続けられるのかなと不安でしたが中尾先生の解説でそういうことかとちょっと安心しました。



----------------------------------------------------------
午後のRP
さっきは怒られる役ができなかったから是非したい、と進んで怒られ役をやったのに役になりきれませんでした。
そのうえ怒り役の人に「優しいんだもの」とその人のせいにしてしまいました。
もう一人の人はビクッとしてちゃんと怖がってるのだから怒り役の人のせいではないのに。

私が怒られることを拒否してたんだろうな、なのに人のせいにしてしまって、このやりかた私がよくやる手です。
そうやって逃げてきました。

怒り役の人ごめんなさい。

役になりきれなかったけど、たくさん得るものがありました。



----------------------------------------------------------
心配していた体調も大丈夫で懇親会に出られて良かったです。
でも行き先が違うバスに乗りとんでもないところに連れていかれたのですが、2人だったせいか今までのようにパニックになったり青ざめたり慌てたりということもなく、淡々としているのが不思議でした。

またやっちゃった(えへ、ぺろって感じです)、タクシーで行けばいいやとのんびりしてました。遅くなってご心配をおかけしてしまいましたが、遅れたら大変!と思ってませんでした。
何なんでしょうね。


長々と書きましたが、とても楽しかったです。
あんなに安心して要られる場所はありません。
気持ちが心地良かったです。

また是非参加したいです。




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード