プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

お伊勢参り1―伊勢神宮外宮(豊受大神宮)

2014/12/21(Sun) Category : 神社・寺・城・歴史
【伊勢三宮+熊野三山の旅】

お昼に伊勢市駅に到着。
伊勢市駅
伊勢市駅 posted by (C)Hide

すぐに駅に隣接する手荷物預かり所へ。午後1時までに預けると宿泊所まで荷物を配送してくれるので便利です。身軽になれるのは、ありがたいですね。

ここで現地の方と落ち合い、名物の伊勢うどんを食べに。
お伊勢参りの長旅をしてきた人の胃に優しいように、また混み合う客を待たせないために、麺は太く柔らかく食べやすく、薬味はネギだけ―というところから始まったようです。いわゆるうどんの常識に反しても、お客さんのニーズを考え、突き抜けると名物になるんですね~。旨かったです。

腹ごしらえをして、伊勢市駅前に立つ式年遷宮記念鳥居をくぐって、いよいよ外宮参道へ。

伊勢市駅前式年遷宮記念鳥居
伊勢市駅前式年遷宮記念鳥居 posted by (C)Hide

伊勢神宮外宮参道1
伊勢神宮外宮参道1 posted by (C)Hide


自販機の外装がすごいことに。
思わず拝んで、“賽銭”入れて買ってしまいそう。

伊勢神宮外宮参道2拝んで買う?自販機
伊勢神宮外宮参道2拝んで買う?自販機 posted by (C)Hide


昭和の風紀的な駄菓子屋さんや、

伊勢神宮外宮参道3昭和的駄菓子屋さん
伊勢神宮外宮参道3昭和的駄菓子屋さん posted by (C)Hide


ジブリ的な風情のある旅館もありました。いい味出してるね~。

伊勢神宮外宮参道4ジブリ的風情のある旅館
伊勢神宮外宮参道4ジブリ的風情のある旅館 posted by (C)Hide


豊受大神宮(伊勢神宮外宮)到着~(のんびり歩いても駅から10分)。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)1
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)1 posted by (C)Hide


高札に「下乗」(げじょう)って書いてありますね。馬から下りなさい、ということのようです。ここからは“自分の足”で。当たり前ですが、意味深に感じたりします。

ところで、案内板に付加すれば、内宮が出来て481年後、雄略天皇の代に天橋立付近から迎え入れたのが豊受大御神とのことです。日本書紀には登場せず、古事記では「豊宇気毘売神」とあって姫神様のはずですが・・・

伊勢神宮(内宮&外宮)の正殿は、伊勢神宮だけの「唯一神明造」。
外宮は鰹木が9本で、千木の削り方は外削ぎ。
内宮は鰹木が10本で、千木の削り方は内削ぎ。


さてここで、【出雲大社の注連縄考2:千木と牛とスサノオとゴータマと蛇】の記事を思い出してみましょう。(以下抜粋)

-----------------------------------------------
1,千木の削り方
・男神は外削ぎ(先端を地面に対して垂直に削る)
・女神は内削ぎ(先端を地面に対して水平に削る)

2,鰹木の数
・男神は奇数(陽数)
・女神は偶数(陰数)


千木の削り方は男女のエネルギーの違いを示しているように思います。
・男性は垂直のエネルギー 
・女性は水平のエネルギー

・男性は天(てん)
・女性は天(あま)=海(あま)


出雲大社の千木は外削ぎですから男神。
鰹木も3本(奇数)ですから男神。
3という数字は、天・地・人を現しているのでしょうか。


-----------------------------------------------
どうやら、外宮にも秘密が隠されているようですね~。


それでは、火除橋を渡って中に入りましょう。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)2 表参道火除橋
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)2 表参道火除橋 posted by (C)Hide


一の鳥居と神楽殿を経て、

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)3 一の鳥居
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)3 一の鳥居 posted by (C)Hide

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)4 神楽殿
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)4 神楽殿 posted by (C)Hide


何やら人が集まって手をかざしています。
なぜだかぬくもりを感じるというパワースポット―「三ツ石」でした。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)5 三つ石
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)5 三つ石 posted by (C)Hide


ここは、昔は宮川の支流が流れていて内宮と同じように禊ぎをする場所だった所。今でも、「川原祓所」(かわらはらいしょ)と呼ばれているようです。地震によって川が埋まったそうで、この下にも断層が通っているんでしょうね。つまり、地球のエネルギーが漏れているのでしょう。手をかざしてみましたが、感じるような感じないような。


歩を進めると、風宮様。元寇の時に神風を吹かせて蒙古軍を撃退した神様です。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)6 風宮
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)6 風宮 posted by (C)Hide

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)7 風宮
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)7 風宮 posted by (C)Hide


続いて、山道を登ると多賀宮(たかのみや)。
山頂にあるので「高宮」だったのに、縁起がよい当て字をしたものらしい。イザナギ、イザナミを奉る多賀神社(たが)とは関係ないようですが、なぜこの字を当てたんでしょうね。

豊受大御神の荒御魂をお祭りするという高宮。
ちょっと『一霊四魂と和魂(調和)・幸魂(分離)・奇魂(統合)の三位一体』の記事でおさらい。

荒魂は、「勇」の機能。忍耐、前進、進取。
神の荒御魂は、神の威力(荒・粗・現・新・顕)を表しています。
陰陽でいえば、陽の機能ですね。

外宮を見下ろす山頂に祭られているわけですから、実はここがご本尊なのかもしれません。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)8 多賀宮
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)8 多賀宮 posted by (C)Hide


下って土宮。
地主の神である大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)を祀るとされていますから、おそらく大和民族が征服する前の縄文の神なのでしょう。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)9 土宮
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)9 土宮 posted by (C)Hide


そして、乳白色ですが鏡のような池を過ぎて御正殿へ。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)10
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)10 posted by (C)Hide


豊受大神宮(伊勢神宮外宮)11 御正殿前
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)11 御正殿前 posted by (C)Hide

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)12
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)12 posted by (C)Hide





何より素晴らしかったのは、澄み切った陽光。
歩いているだけで、体が澄み渡っていくような清々しい光でした。

豊受大神宮(伊勢神宮外宮)13
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)13 posted by (C)Hide



豊受大神宮(伊勢神宮外宮)14
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)14 posted by (C)Hide


(写真最大で見てみてください。光に包まれるようです)

帰り道、地元の方に素的な場所にご案内いただきました。
ありがとうございました。




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード