プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「あるがままの自分を取り戻す講座(2015)」感想10

2015/03/16(Mon) Category : 家族心理・子育て講座
【あるがままの自分を取り戻す講座感想】

講座では大変お世話になりました。
昨年12月頃からブログを読ませていただくようになったのがきっかけで、今回この講座に参加しました。うまくまとめられないかもしれませんが、心に残ったことを書いてみたいと思います。


インナーチャイルドへの言葉を声に出すワークでは、思いがけない言葉で涙がこぼれ、とまどいました。
と同時に、人前での涙を恥ずかしいと思う自分もいました。

恥ずかしいはダミー感情とのことですから、自分の人生脚本を明らかにする糸口といえるでしょうか。



昼食後に行った人間知恵の輪では、ワークの途中で、それはちょっと難しいんじゃないかと言ってしまったり、もう少しトライしてみたいと思っているのに口に出せなかったりしましたが、輪がほどけた時には皆さんと喜びを共有できうれしかったです。

また、最初に手を繋ぐ際、自分だけ両手を誰とも繋げなかったことがあり、どうしてなのか少し謎です。ここにも自分自身の改善の鍵があるような気がしています。



聞き方三態では、石になった人の横顔に話しかけるのが楽だと感じる自分を発見し、衝撃でした。



当初は懇親会で帰る予定でしたが、最後のカラオケまで参加させていただきました。いつもはなかなかこのような場に参加できない私なのですが、行こう!と誘ってくださった方がいて、背中を押してもらいました。

歌っている時にも皆さんに勇気づけられうれしかったですし、皆さんの歌を聞くのも楽しかったです。



お互いに名も知らぬ方々との時間でしたが、今は一期一会という言葉を実感しています。


先生方、そして参加者の皆さん、ありがとうございました。




関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード