プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

人を「鵜飼いの鵜」にするネクタイ

2015/03/29(Sun) Category : 脳内親vs小さいちゃん
【脳内親vs小さいちゃん】

【首2】-----------------------------------------

気持ちは下から湧いてくるんだなぁと感じます。
その湧いてきた気持ちをそのまま言葉や体で表現できれば、どれほどスカッとした豊かな人生になるでしょうか。その瞬間瞬間が充実し、後腐れのない生になるのではないでしょうか。

けれど、そうは問屋が卸さない。
誰が卸さないかって? 自分の中に関所がいっぱいあるんですね~。

まず、肉体がIC(感情)の表現器官ではなく、ICの監獄となっている場合―全身が重だるくて、何をするにもおっくうだとします。そこに、IC(小さいちゃん)が出てこようとしたとき―

1,手足がバタバタしてくる(動いたり、痛みなどの感覚が出たり)
2,お腹のあたりがムクムクしてくる(ムズムズしたり、暖かくなったり)
3,胸のあたりが苦しくなる(詰まった感じ、息苦しい感じ)
4,喉が締まったような感じになる(喉に違和感、首にピリピリ感、ヒリヒリ感、痛みを感じたり、チックになったり、凝っていたり)
5,口がピタッと閉じる

このように手足などの末端から始まって、上へと上がってくるのですが、いくつもの関所で堰き止められて、最後は口がピタッと閉じるわけですね。

そして本人が気づかない間に、イソップ童話のお腹をぱんぱんに膨らませた「おろかなカエル」のようになっているわけです。苦しいですね~。



その時の出来事とともにある感情は、肉体のあちこちに封印されています。
体が記憶している感覚が出来事を呼び起こし、その場面を思い出して再現してみることで封印した感情が蘇ってきたりします。

IP(インナーペアレンツ)は、それを阻止しようとします。
それで、胸―首―口に関所を設けているわけですね。

それぞれの関所を突破できるのは? そう、「声」ですね。
上に書いてあるような感覚を感じたら、その感覚や感情をそのまま声に出して言ってみるといいでしょう。実況中継すると、それをIC(インナーチャイルド)も聴きますから、脳内だけで処理してごまかすことができなくなるわけです。手口がばれると困る思考(IP)は、ピタッと沈黙したりします。



さて、首(喉)ですが、『「首から上」と「首から下」』でも見ましたように、まさに「IPvsIC」の分水嶺―「天下分け目の関ヶ原」的なところですね。

自分が喉から出す声や言葉は、
「首から上」の思考の理屈なのか、
「首から下」の感情の表現なのか。



そう考えると、ネクタイという発明はうまくできていますね~。オシャレのふりして首を絞めているわけです。そして、尖った剣の切っ先はお腹(IC)を脅しています。
加えて、「ビジネスに感情はいらない」などという「間違った常識」を洗脳させていき、ネクタイから上(思考)で生きていくように仕向けられていくわけです。

まさに「鵜飼いの鵜」



気持ちを声に出せないということは、この洗脳の社会システムの支配の中で生きていると言ってもいいかもしれません。



(なお、暗示は、それと気づかないから効果があるのであって、気づいてしまえば暗示になりません。ネクタイはネクタイでオシャレに楽しめばいいと思います)



関連記事
 
Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

最近また首が絞まるように痛くなって肩も押されているように痛くて、声は出そうとすると口元に力が入って声が上手く出ない。悔しい思いをしています。
この悔しさも演じてるのかもって感じる時があります。
ネクタイの解釈は面白いと感じました。

 

ケヤキ様と同じです。
私も母からの解放後、父への脚本を生きていたことに数年前に気づきました。

ICとIPが戦っているのでしょうね。
見えないフリしてる時点で、IPが強いのかもしれませんね。
そんな事を思うなんてお前は悪いヤツだ、最低なヤツだとIPが責めている事なのかもしれません。

コメントありがとうございました。

 

私もそう思ったことがあります

トル子様

私ももう10年以上前ですが、母が認知症と診断された時、ホッとしました。その頃は親と自分の関係が、なんなのかわからず、アダルトチルドレンも知らず、ただなんだかしっくりこない、仲が良くない親子関係だと思っていました。
でも、母の診断を父からきいて、これで解放される、とおもいました。
でもIPは父向けの脚本も準備してたということに、いまは気づいています。
そしてその脚本は幸いなことに破綻しました。
そのあと、ようやく小さかった時に置き去りにした自分がいたのがわかりました。

それから、こちらのブログを毎日読んで、泣いて、泣いて、泣いています。
自分が傷ついていることに目を向けることはきつかったです。

IPとIC、なかなかわからないですよね、でもトルコ様の見たくないと思う、でも見てみたら、という様子はきっとIPとICの戦い中なんじゃないでしょうか。。。トル子様ご自愛くださいね。





 

こんにちは。

ICの思いか IPの思いか
私にはどっちなのか分かりません。

父が病気になり、この先長くはないとわかり...
毎日涙が止まらず胃が痛く眠れず、どうしてよいかわからなかった自分。
でも
ジワジワ何かが出てくる、でも見えないフリ。
思いきって見てみると
解放される!本当に自分だけの人生を生きれる!って思ってる自分。
どっちが本心?どっちがIP?
全然わかりません。

いつもどっちなのかわからない。
どうしたらわかりますか?
いつでもわからない私はIPに強く支配されているということでしょうか?

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード