プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「スリーテン2015」感想8

2015/07/08(Wed) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

2月の講座に引き続き参加させて頂きました。
前回の講座は受け身の講義だったので、今回は体験できるワークショップということで、何日も前から楽しみにしていました。
当日会場に入ってからも程良い緊張感とワクワクした気持ちでいました。

私たちのグループは、なんとか時間内に「小1」、「銀行員の妻(妊娠中)」、「プロ野球選手」の3人を選ぶことができました。
でも家に帰って・・・雑多な感情に取りつかれていました。
なんだかスッキリしない。

モヤモヤの正体を考えていました。
んー・・・、やっぱプロ野球選手はないな。
「プロ野球選手は反対」ってちゃんと発言したけど結局3人に選ばれてしまって、自分の中ではきちんと自己主張した上での納得した結論だと思っていました。

でも・・・、私は「社会的影響力」で決める視点がものすごく嫌なんだ!と気がつきました。
そのような肩書きだけで判断される影響力ってなに!?
他人に与える影響力のために生き残れる命ってなに!?
そのモノサシに強い嫌悪感が残っていました。

それって、なんだか「がんばってる人だけは助けてあげますよー」って言われているような気がして嫌だったんだ。
そして、それがうまく言葉にできなかったから悔しかったんだ。

それより、私は人生を楽しんでほしいんだと思いました。
未知の人生を切り拓いていくっていう希望を重視したかったんだ。
まだ白紙の人生を歩んでほしい、だから年齢が小さい方を選びたかったんだ!!

自分が大事にしたいことに気がつきました。
私は、生きてほしい、その人の人生を!
恋もしてほしい、夢を持ってほしい、失敗もしてほしい、成功もしてほしい。
とにかく色んなことがあるけど、人生って楽しいんだよっていうことを味わってほしいんだな、って。

だからプロ野球選手が与える社会的影響力より、助かった若い命が人生を謳歌している姿の方が私にとってはずっと感動するんだな。
その断片的な社会的影響力に怒りすらあって、地位とか役職とかヤダヤダヤダ!って駄々こねてました。

だから、プロ野球選手を推してくる人に対抗心すらありました。
その人が私の意見を聞いてくれたらなんだかスッとするし、それでもプロ野球選手の利点を述べてきたら、またその人の意見の反論するポイントを探っていたり・・・。
私の中でその人だけやけに引っかかっていたんです。

今思えば、これってまさに母親ですよね。
「あなたの基準もうウンザリなんだよ、私のこと聞いてよ!!!」って。

これらの想いをノートに書きなぐり、やっとストンとしました。
心残りは、その場で伝えれなかったことだけ。

その上で、それでもプロ野球が選ばれていたら、良かったのかもしれません。
ICがヤダヤダ!って発してくれたんですね。
ちゃんと聞いてるよー!



私たちのグループでは特にリーダーという役割がいませんでした。
それでもなんとかプレゼンもできたし、グループとしての一体感はあったはず。なのに、グループをまとめあげることができなかった消化不良感が残りました。

もっともっと積極的に発言しても良かったと思う一方で、それでも自分の意見は十分述べたし、あまりでしゃばり過ぎずあれぐらいで良かったのかなぁ、とも思い・・・。
そして、もっと色々議論したかったなぁ・・・という気持ち。

これまでは、思っていることを出しつくすという心の満足度を重視していました。でも、WSでは制限時間内に結論を出すということの重要性を肌で感じました。

決定するのは辛いし、本心では決めること自体が嫌なんだけど、決定しないと可能性すらなくなってしまうというのは大きな気付きでありました。


それから、私を観察して下さった方がフィードバックの最中に涙を流されていたんです。
その姿に私も感動してしまいました。

自分が何を発言したのか覚えていないんですけど、「私の意見と同じだったから」とおっしゃっていました。
きっとお互いのICが反応したんでしょうね、言葉にできなかったけど。
初対面の方と感動し合えるってのはすごいですね。
ありがとうございます。
私も嬉しかったよ!


WSの最後の方では考えすぎて頭が痛くなるくらいでした。
そこまで向き合える時間ってとても貴重です。

向き合うって、
深くて、
面白くて、
時に苦しくて、
モヤモヤしたり、
スッキリしたり。

色んな感情に出会うことができました。
参加して本当に良かったです。
ありがとうございました。




関連記事
 
Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

記事のリクエスト

こんにちは。初めまして。

「心の乗っ取られ方 5タイプ( 2008.6.1)」の「冬眠」について、いつか記事にして頂ければ嬉しいです。また、「冬眠」に覆いかぶさり、外側で庇って守ってくれているもの?についても、紹介していただけると嬉しいです。
↑昔見た夢ですが、灰色の人型のものがうずくまっていているので、つらそうに見えて、助けたくて私は声をかけました。顔をあげてくれたのですが、そのまま砂のように崩れてしまいました。下から、元気な小さい命が飛び出してきました。すごく悲しかったです。灰色は、ミイラも通り越しているような感じでした。
サイトを読み進めていくうちに思い出し、冬眠には、それを支えるものがいるのかなと伺いたくなり、コメントいたしました。

いつも、貴重な記事をありがとうございます。
失礼いたします。

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード