プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

「スリーテン2015」感想14

2015/07/14(Tue) Category : 家族心理・子育て講座
【「スリーテン2015」の感想です】

先日は講座に参加させて頂いて、ありがとうございました。
沢山の気づきを頂きました。

実はこの感想のメールは大分前からまとめていたにも関わらず、送るのが嫌で嫌で・・・これもIPの仕業でしょうか。
まとめている間にも、皆様の感想を読ませて頂いて更に気づきがありました。

私は数回カウンセリングを受けさせて頂いて、今IPとICの大きな揺れの中にいるところです。
講座への参加は2回目で、他にも何度か東京へ行ったことはありますが、今までほとんど夜行バスを使っていました。
でもそれも脚本だったな~と気づき、今回は飛行機で行くことにしました。
昔、家族でスキー旅行をしたとき、夜行バスで行ったんですよね。
そのとき母が、「楽しい所に行く時には夜行バスで・・・」というようなことを言った記憶を思い出したんです。
楽しむ為には我慢しなくちゃ・・・というニュアンスでした。

飛行機を予約する段階からIPの罠&逆襲、来てましたね~
行きは飛行機で帰りは節約のために夜行バスにしようかな?というのを変更し、帰りも飛行機で予約しようとしたら酷かったです。
予約番号メモする右手が言うこときかない!
もしかしたら飛行機が落ちるということを第六感で察知して、乗りたくないんじゃないの?とか心配になりながら行きました。
(そんなことはなかったですね~)

前日から東京入りしていましたが、晩にパニックになり、吐き気がしたり、翌日講座に行けるんだろうか?という状態でした。
講座の日もかなり強くIPが来ていましたが、沢山気づきを頂ました。

スリーテンについて箇条書きで感想を書いてみます。





◎コーチングする側にいるとき・気づいたこと、感想--------------

・人の話していること、観察ポイントが頭に入って来ない。なんで??
 →「分かることを禁ずる禁止令」

●コーチングするということについて―相手の状態を受け入れ、そのまま返すのがフィードバック。そのフィードバックを受け、どう変わるか、あるいは変わらないかは相手の自由

・観察した内容をそのまま伝えて、それを聞いてどうするかは相手に任せればよかった
・聞こうとしているのに頭に入ってこない焦りから、「何か言わなくては・・・」と強迫観念にかられてしまったこと
・相手を変えようとするのではなく、相手を見守る視点が大事
・観察内容に、IPの癖が表れていた
・コーチングするポイントも、コーチングポイントにそって修正すれば良かった(自分の価値観を押し付けようとしていないか、批判的にとらえていないか、自由に発言できているか、目的に沿って発言しているか・・・等 わりとそのまま当てはまるな~)
・相手に意見を伝えることの怖さ―もともとすごく素敵なのに、IPに汚染された私の意見を伝えることで、輝きがくもってしまったらどうしよう?という怖さがあった



◎討議する側にいるとき・気づいたこと、感想-----------------

・自分が周囲の雰囲気に合わせていることに気づいた
・最初に、どこかで「SFだ・・・」と思ったこと
・自分一人なら、どこまでも深く掘り下げるけど、他の人の前だと自分の想いにアクセスするのが困難なこと

・人類のためにならない人に、生きる価値はないの?
 子孫を残せない人に価値はないの?
 最初に「SFだ・・・」とフタをした部分に、大きな傷があること

・後から湧いてきた想い
 私に・・・生きる価値はないの?

(→存在不安:きっと、まるごと受け入れることで、あるがままの私に戻れる。この議題チョイスしてるのって、存在不安に直結してるからじゃないのかなー?という気がした)

・コーチングを受けて、自分の意見を思ったよりはっきり言えていたし、他の人にもそう見えていたにも関わらず、自分では聞き役だ・・・と思ってたし、生き癖から脱しきれてない、と自分を責めていたこと (責めるのはIP?)

・ずっと不安があった(不安から逃げるために何かが発動してる感じ)
・コーチングしてもらえて、見てくれている嬉しさがあった
・意見を言っても批判されない嬉しさ


●コーチングしてもらった内容・・・自分の意見を最初から、芯があって変えていないこと、発言できていること、発言しないメンバーにも気を配っていること・・・

あれ?結構良いこと言ってくれてるんだよね・・・
これ、自分にフィードバックしちゃっていいんだ?
普段、自分(=脚本)にとって都合のいいこと(マイナスなこと)ばかり拾い上げていた

あれ??私、本当に、他の人から見たプラスの自己イメージを自分にフィードバックしちゃっていいの?
えっ、そんなのすごくゼイタク!!いいんだ!?そんなの!?

そこに驚いている自分にも驚き
普段どれだけIPと脚本ちゃんにそってマイナスの自己イメージを拾っていたのか
これじゃあ、自信持てないはずだよ・・・
良いフィードバックは無視して(そういう時、耳が聞こえ辛くなっていました)、自信持てない要素ばっかり拾ってるんだもん

そういえば、コーチングしてもらえて、嬉しい!と感じた後、IPが「これはいけない・・・」って修正しようとしてた気がする。あれがIPの逆襲だったのかーー!!!


--------------------------------------------------------
などなど・・・
講座の数日後、文章をまとめていると沢山のことに気づかされました。
けれど、直後はIPの大逆襲で自分を責めまくっていました。
グループ発表のとき、思うようにできず・・・
「私が居ない方がいいのは分かってる・・・!」これは小さい頃の想いでもあるのでしょうか。とても強かったです。
あるいはチャイルドを出せればうまくいくのにできない、というジレンマがあり・・・脳が責める材料に使っていた感じです。
本当、直後はへとへとでした・・・

あまりにも自分を責める思考が強かったので、前述の感想等は以下の散文を書いて持ち直し、色々気づいた後に出てきたものです。





(散々脳内で自分を責めた後・・・)

って、えええ~~~~~~い!!!
自分を責めてばっかりいたって、しょうがないでしょ!!

楽しかったことはいっぱいあったじゃない!
気づいたこともいっぱいあったじゃない!
嬉しかったことも、もらい泣きしたことも!!
頑張ったことも!!全くの暗闇にいた頃より、ずっと進んでいるじゃない!!

なんでそっちに目を向けないの!?

楽しかったこと、嬉しかったことを、
脳が記憶に定着させないようにしてる!!

IPが操っておいて、後で沢山自分を責めて、反省させて・・・
これじゃ自分で自分に仕掛けるダブルバインドだよ!!!



あ~~~・・・ そうだったんだ

私、自分で自分にダブルバインド仕掛けてたんだ・・・

ということは、その姿を、脳内親に見せていたんだ・・・

苦しむ姿を見せていたんだ・・・
私は、人とつながれずに一人でいるよって、脳内母親に見せていたんだ・・・
まだ忠誠誓ってたんだ・・・
そうだったんだ・・・

どれだけ忠誠心高いんだよ私!?
騎士か侍かっつーの!!

あー・・・うん、そうだったなあ
お母さんのための、騎士だったなあ

もう、こんなことからは降りよう

ゆっくり休んで、疲れを癒して、私は、私の、新たな旅を始めよう






○懇親会とカラオケについて、他

懇親会、とても楽しかったです。色々話させて頂ました。
けれど、カラオケも共に申し込んだつもりになっていたのですが、懇親会しか申し込めていませんでした。
一人欠席された方がいたので、カラオケの席にも入れて頂いたのですが、
曲を入れたつもりになっていて、履歴にも残っていたのに、いつまで経っても順番が回って来ないという状況になっていました。
気づいた頃にはもう終わりの頃で、「なんで??」となりながら、もう一度入れ直しましたが、私の順番の前でカラオケ終了。

何かその前に中尾先生とふっと目が合った瞬間があって、(あの時、チャイルドという感覚でした)先生はわざとわかり易く、ICが出やすいように流れ出した曲を消して下さったのだと思います。
帰り際、歌えなかったことを、「なんで?なんで?」となって絶望気味でした。

先生に歌いたかったのはチャイルドだね、と指摘して頂いた瞬間、
「私もみんなと一緒に歌いたかったのに!」という想いが吹き出してきました。とても楽しみにしていたので、IPの妨害にあったこと、本当に悔しかったです。

そしてしばらく時間が経った後、その想いは幼稚園の頃に起因していることに気づきました。私は、その頃に同年代の成長から取り残され、既に一人の世界に居ました。ずっと、悔いていたんですよね・・・
同年代に流れる時を、一緒に過ごせなかったことを・・・

これだけIPが妨害するということは、歌うことは私の自律につながることなのでしょう。


そういえば、何故か自分のフリーチャイルドの部分を変な奴・・・と思っていることに気づきました。そういう部分を人に見せることを躊躇していました。
でも、眞智子さんのグループがフリーチャイルドパワーで楽しんでいるのを見て、あれでいいんだ・・・って気づきました。

でも、私は出せなかったんですよね・・・
なぜ、出せなかったんだろう?と探っているうち、
人と繋がってはいけない禁止令があること、
それから人間という種に対して根本的な信頼を失っていることに気づきました。
大分克服しているつもりになっていたのに・・・
結局、表面でしか人と接することができてなかったんです。

それが、スリーテンで「SFだ・・・」と切り捨てた底にあったものでした。
信頼できないモードで入っていましたこと・・・、
あの場に居る皆様にとても失礼なことをしていたんだと気づきました。
心からお詫び申し上げます。



講座の一日後、ずっと昔から切り捨てていた自分の気持ちのありかにたどり着きました。
地元を出て、久々に安心できる環境で眠れたことも大きかったです。
「痛い!」と「苦しい!」のチャイルドが洪水のように出てきました。
命を吹き返したような感覚です。

子どもの頃とつながったような、自分の体が戻ってきたような・・・
歩いているだけでうれしい感じ。
それからも沢山の気づきがあり・・・
たった1日(私にとっては4日の旅)で、ものすごく成長していることに気づきました。



皆様の感想を読んでいるうちにも、気づいたことがあります。
それは、他の人は何故当たり前のように、自分の気持ちがグループに反映されなかったとき、悔しいと思えることができるんだろう?ということでした。
それに気づいたとき、自分の感想を書き上げた後もまだ晴れなかったモヤが晴れて、色々なことがつながりました!

私、自分の意見がグループに反映されるということに、全くこだわりがなかったです!
諦めてました!

その裏には、反映されなくて当然だし、誰も聞いてくれなくても、私は私の信念として、自分の意見を大事に持ってるからいいや、という思いがありました。

それをその場で誰かに見せることは決してしない。
私のホームグラウンドで自分を表現できればそれでいい。

あー・・・なんか、気持ちに行き当たりました。



おまえら(家族)(母親)なんかには、決してわからない!!!

私の・・・人間としての尊厳を踏みにじったおまえらなんかに、絶対分からない!!!

私の命の尊厳、人間であることの証明、おまえらなんかには分からないッッ!!!!!


あーーーー  これだーーーーー
スッキリ~~~~



母親筆頭に、気持ちが伝わるということが全くなく、
一生懸命つながろうとしてつながらなかった深い傷。
もうこれ以上傷つきたくないから、諦めていたのでした。
母も、家族も、社会も、周囲の人にも・・・
私、本音でしゃべったこと、ほぼない・・・

でも、自分の信念を自分だけで持っていたからといって、
それで満足感が高いわけでもなく・・・
結局人とつながってはいけない禁止令の罠の中にいるということだったんだな・・・

だって、消化不良なんだもん!
全然スッキリしなかった!
本音で話し合いたかったよ~~~


私の意見反映されなくてもいいけど(あ、まだ諦めてる!)
いや・・・まてよ・・・反映されたら・・・聴いてもらえたら、ものすごく嬉しいことなんじゃ・・・
あ、だから一生懸命話し合おうとするの?
え~~~・・・私の意見にも、価値があるの・・・?
あれ?それだけで、なんかすごく嬉しい・・・
あれ、私の生命にも価値がある・・・?
ははは、嬉しい。

これを認めることができて嬉しいってことは、私の命、ディスカウントされてたんだな・・・
そうかーーー、私、相手も生命や命の尊厳を大事にする前提をもった、人間なんだという
大前提の安心感が無かったんだ・・・今まで・・・・
はは・・・あ~~・・・うちのカゾクって・・・ハハオヤって・・・
私、色々崩壊した場所にいたんだなあ・・・

そして、私も私の命ディスカウントしてたんだよね・・・
大事にするやり方知らなかったんだ・・・
ごめんね、私の命、IC・・・
でも、お互いに守りあってここまで来れた部分もあったんだ。
ここまで導いてくれてありがとう。
頑張ったよね、私達・・・!

まだこういう状態なんですよね~・・・
グループ討議に出るには早かったかな?とも思いますが、沢山収穫がありました。


本当に沢山、まだまだ書ききれないほど気づいたことがあります。



中尾さんご夫妻、参加された皆様、本当にありがとうございました。





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード