プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

去りゆく雲と進撃の雲

2015/07/21(Tue) Category : 家族小景
あまりに夕焼けがきれいなので、思わず散歩。

広大な空のスペクタクル。

雲を連れて行く夕日20150721-01
雲を連れて行く夕日20150721-01 posted by (C)Hide


ネオンのように光る雲

ネオンのように光る雲20150721-02
ネオンのように光る雲20150721-02 posted by (C)Hide


炎のごとく

炎のごとく 20150721-03
炎のごとく 20150721-03 posted by (C)Hide


「夕日は雲を連れて行くね」―妻が言った言葉

雲を連れて行く夕日20150721-04
雲を連れて行く夕日20150721-04 posted by (C)Hide


「あれはビル?」―写真に夢中の私に妻が問う

右にビル?20150721-05
右にビル?20150721-05 posted by (C)Hide

遠目に見るとほんと一夜城のごとく、突然現れた巨大なビルのよう。
望遠で見ると、まるで鉄塔を乗り越えてこちらに来ようとする「進撃の巨人」だ。

進撃の巨人?20150721-06
進撃の巨人?20150721-06 posted by (C)Hide


おや、入道になった。あっちを向いてる。

入道?20150721-07
入道?20150721-07 posted by (C)Hide


と思ったらゴジラか?

ゴジラ?20150721-08
ゴジラ?20150721-08 posted by (C)Hide


吠えてるし・・・

吠えてる・・・20150721-09
吠えてる・・・20150721-09 posted by (C)Hide

ゴジラと言えば、海底から放射能が産みだした生物。
放射能と言えば、311から4年―
メルトダウンし、密閉容器から解き放たれた核物質はどこへ行った・・・・?

表面的には何もないように見えても、
地下水にも海にも高濃度の放射能が垂れ流され続けている。
発癌物質のように、この地球という美しい体を汚染し続けている。


この手をつけられないものが、今や好き勝手に暴れている。
それが深刻なダメージを残さないはずがない。

手に負えない巨大な力や巨大なモノはいらない。
新国立競技場を見たとき、戦艦大和を思った。

時代錯誤の産物。
あれができあがったら、再び日本は敗戦に向かうだろう、と。

白紙に戻ってよかった。

白紙に戻ってないのが、原発。
なぜ、国民の8割が反対し、国土を失う被害をもたらしたモノが白紙に戻らないのか。

それは原発が何を生み出しているのかを見ればよくわかる。
カウンセリングを通して身についたことは、思考のストーリー(虚構)に惑わされず、事実と因果を見るということ。

モノを作る工場は発熱して副産物として電気を作る。
工場は発電所のようなものだ。

つまり原発も何かを作る副産物として電気を作っているに過ぎない。
では何が生産されている? 
そう、プルトニウム。

原発はプルトニウム生産工場。
目的はもちろん、戦争(核兵器)。

戦争は心の荒廃と人の劣化しか生まない。
戦争と放射能は、世代間連鎖で末代まで祟る。

電力?―原発なしで足りている。
資源?―日本は自然エネルギー大国だ。

中国?―蹂躙された存在不安の塊だから拡張主義になってしまう。愛で癒やすしかない。
同じく不安の塊で武装しまくっている米国も同じ。
不安文明の象徴が米中のように見える・・・



----------------------------------------------------------
今度は、「あ、富士山だ!」と妻

左に富士山 20150721-10
左に富士山 20150721-10 posted by (C)Hide

雄大でたおやか。
「和」の象徴だ。

月と星と雲と富士と―美しく澄んだ素晴らしき光景

月と星と雲と富士 20150721-11
月と星と雲と富士 20150721-11 posted by (C)Hide

真ん中に見える建物が、黒い棺にも見える。
原発=戦争を封緘したときに、美しい自然(心)が蘇るのか―


去って行く雲と立ち上がる雲と―

去る雲と立ち上がる雲と20150721-12
去る雲と立ち上がる雲と20150721-12 posted by (C)Hide

私たちは岐路に立っている。


「帰ろう」―妻が言った。
そうだね、爺婆も待ってるだろう。

私たちの帰る道はこっち。
もう、帰るね・・・

帰るね・・20150721-13
帰るね・・20150721-13 posted by (C)Hide



-------------------------------------------------------
帰り道、ふと思ったこと。
7/17は出雲大社の素鵞社の遷宮の日だった。
また、京都祇園祭のクライマックス山鉾巡行が斎行される日でもあった。
いずれも、スサノオに関わるよね。

台風11号により山鉾巡行の実施が危ぶまれたが、実施されたようです。実行された皆様ありがとうございました。

素鵞社の方はどうなったのかなぁ。






関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード