プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

松山心の旅2:松山城

2015/08/02(Sun) Category : 神社・寺・城・歴史
【松山・宇和島心の旅】

大街道で下車して、綺麗な商店街をロープウエイ乗り場へ。
乗り場に向かうエスカレータの所で、見事な絵が出迎えてくれます。

松山城ロープウエイ乗り場
松山城ロープウエイ乗り場 posted by (C)Hide

さて、ロープウエイで城に登りましょう。



城内図です。
松山城01
松山城01 posted by (C)Hide


石垣が見事! 案内図によると、全国で最大規模の「登り石垣」だそうです。
松山城02
松山城02 posted by (C)Hide

石垣の上に隠門続櫓(かくしもんつづきやぐら)が見えます。
櫓(やぐら)とは「矢蔵」―武器貯蔵庫。
隠門とは、手前にある門の奥にあって敵から見えにくい構造になっている門。敵が手前の門の攻略に躍起になっている背後を突いて隠門から兵を出すそうです。
石垣が飛び出ている理由は、「屏風折」と言って石垣の真下に張り付いた敵を狙いやすくするため。(平面だと狙いにくいので、出っ張らせる)

扇勾配が美しい。
松山城03
松山城03 posted by (C)Hide


本丸に建つ太鼓櫓、
松山城04
松山城04 posted by (C)Hide

その奥に天守が見えます。
松山城05
松山城05 posted by (C)Hide

ロングスカートですね~。
松山城06
松山城06 posted by (C)Hide

空を切り取る幾何学模様が美しい。
松山城07
松山城07 posted by (C)Hide

戸無門(敵を導くための戸のない門)から、振り返ると太鼓櫓が遠望できます。
松山城08
松山城08 posted by (C)Hide

本丸から見た城下。
松山城09
松山城09 posted by (C)Hide

奥に天守が見えますね。
松山城10
松山城10 posted by (C)Hide

見事な枝振りの松が出迎えてくれます。
松山城11
松山城11 posted by (C)Hide

天守に人が見えますね。
松山城13
松山城13 posted by (C)Hide

外人さんも写真を撮ってました。左側の石垣に残る黒焦げの後は、昭和8年に小天守が焼け落ちた時のものだそうな。
松山城14
松山城14 posted by (C)Hide

それがこういう感じ(雨粒が写ってますが)。出っ張っているのは袴腰(はかまごし)式の石落とし。
松山城15
松山城15 posted by (C)Hide


この木!わかりにくいですが枝振りが凄い。直角に真下に向かった後、肘をつくように急角度で上に向かっています。なぜまぁ、このようなことに・・・
松山城16
松山城16 posted by (C)Hide


こちらも見事な松。
松山城17
松山城17 posted by (C)Hide


大天守正面にある筋鉄門東塀
松山城18
松山城18 posted by (C)Hide

塀に狭間(さま)が開いてますね。長方形は弓矢、正方形は鉄砲だそうで、いろんな角度から狙えるようになっています。
松山城19
松山城19 posted by (C)Hide

小天守にもありました。
松山城20
松山城20 posted by (C)Hide


さて、ここ↓から見えるのは、中央三棟が乾門東続櫓(左)、乾門(中)、乾櫓(右奥)、野原櫓(右手前)、そして右手に見えるのが四国で最も古い櫓といわれる野原櫓(のはらやぐら)。騎馬櫓とも呼ばれているので、ここに騎馬隊を潜めたのか。全国で唯一現存する望楼型二重櫓で、裏手の防備の要だそう。
松山城21
松山城21 posted by (C)Hide

ところで、「乾」というのは本丸の西北に立つから。方位も十二支で表していた昔、艮(丑と寅の中間→北東)、巽(辰巳:南東)、坤(未申:南西)、乾(戍亥:北西)と呼んでいたので、本丸の西北を守る門が乾櫓ということです。

鎧の展示も何カ所かありました。
松山城23
松山城23 posted by (C)Hide
松山城24
松山城24 posted by (C)Hide


サムライの似顔絵(柱への落書き)も残っていました。細面で耳の大きな侍ですね~。
松山城26
松山城26 posted by (C)Hide

復元の経過が流されていましたが、築城技術から復元しなければならず大変な苦労があったことがわかりました。
松山城32
松山城32 posted by (C)Hide


天守からの眺め。


こんな高い所なのにね、トンボが乱舞していました。


TOKIOのDASH島は、画面中央のあの辺なんでしょうかね。
松山城34 DASH島はあの辺か・・・
松山城34 DASH島はあの辺か・・・ posted by (C)Hide


帰路。雲がもやのようにかかっていました。
松山城33
松山城33 posted by (C)Hide





関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
わが子を守るために
記事
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード