プロフィール
 

中尾英司

Author: 中尾英司
Doing(させる,働きかける)ではなく、Being(共にある,見守る)―半歩あとから


カウンセリング申込み要領

中尾真智子ブログ

ホ・オポノポノ to IC―
「ごめんね」「ゆるしてね」
「ありがとう」「愛している」

 
ピックアップ目次
最近の記事+コメント
 
 
カレンダー(月別)
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
カテゴリ
 
 
全ての記事を表示する
RSSフィード
 
 

宇和島心の旅7.「ぐるり宇和海」―高速船あさかぜ島巡り

2015/11/10(Tue) Category : 旅行記
【松山・宇和島心の旅】

花火を堪能した翌朝は、絶好の天気でした。
宇和島きさいや広場 早朝1
宇和島きさいや広場 早朝1 posted by (C)Hide

宇和島きさいや広場 早朝2
宇和島きさいや広場 早朝2 posted by (C)Hide

雲が龍のようにたなびいています。
宇和島きさいや広場 早朝3
宇和島きさいや広場 早朝3 posted by (C)Hide


切符を買うと、人が少なかったこともあって、おじさんがわざわざ出てきて声をかけてくれました。ささやかな会話が嬉しいよね。

朝日に映える高速船あさかぜ。
宇和島クルーズ 高速船あさかぜ
宇和島クルーズ 高速船あさかぜ posted by (C)Hide

こちらを向いている方が船長さん。
操船技術が凄かった。

以前札幌で、デコボコの雪道の上をモトクロスレーサーのような技術でこともなく走って行く郵便屋さんを見て感嘆しましたが、この船長さんの操舵術も凄かった。郵便屋さんがバイクと雪道を知り尽くしていたように、この船長さんは船と海を知り尽くしているなぁと感じました。

操船だけではなく、荷運びからお年寄りへの声がけまで。
島々の人にとって、なくてはならない人ですね。

島々から乗り込んでくるおばあちゃん達も元気いっぱい。
足腰もしっかりして、女学生のようにしゃべっています。

年寄りにとって最も大切なのは、「地元」と「友人」だとつくづく感じます。心が落ち着くなじんだ自然があること、何でも話せる友人が居ること。それらが意欲の原点でしょう。

海幸山幸の豊かな風土に友達が居て、何も言うことありませんね。





以下は、ビデオから切り出した写真です。ちょっと紹介―

宇和海島巡り01
宇和海島巡り01 posted by (C)Hide

宇和海島巡り02
宇和海島巡り02 posted by (C)Hide

宇和海島巡り03
宇和海島巡り03 posted by (C)Hide

宇和海島巡り04
宇和海島巡り04 posted by (C)Hide

宇和海島巡り05
宇和海島巡り05 posted by (C)Hide

宇和海島巡り06
宇和海島巡り06 posted by (C)Hide

宇和海島巡り07
宇和海島巡り07 posted by (C)Hide

宇和海島巡り08
宇和海島巡り08 posted by (C)Hide

宇和海島巡り09
宇和海島巡り09 posted by (C)Hide

宇和海島巡り10
宇和海島巡り10 posted by (C)Hide

宇和海島巡り11
宇和海島巡り11 posted by (C)Hide

宇和海島巡り12
宇和海島巡り12 posted by (C)Hide

宇和海島巡り13
宇和海島巡り13 posted by (C)Hide



さて、「ぐるりうわ海」あさかぜは、6:35~8:10の約1時間半のコース。
4分でご堪能ください。










戻ってきました道の駅「きさいや広場」

宇和島きさいや広場1
宇和島きさいや広場1 posted by (C)Hide

宇和島きさいや広場2
宇和島きさいや広場2 posted by (C)Hide


それでも、まだ8時過ぎ。食堂なんかやってないよね~、と思っていたら1軒やってました。ありがたい。魚が何でもおいしく感じます。

食後に牛鬼を見ながら、ミカンジュースで一服。
既に日差しはきついよね。さすが南国。

宇和島きさいや広場3
宇和島きさいや広場3 posted by (C)Hide

宇和島きさいや広場4
宇和島きさいや広場4 posted by (C)Hide


ここでお土産買っていこうということになり、送付してもらうべく係の所に持って行くと、こちらの荷物を一瞥して、このくらいの段ボールかな、と指さしてくれた。それはちょっと小さいかも、と思ったけれど、見事にきっちり収まった。さすが、プロ。

船長さんといい、荷物発送の係の人といい、皆さんプロだねー。こういう人々を見ていると、職人気質で混じりっけがなく、とても気持ちがいい。


さて、お土産も片づいたので、心置きなく、次は多賀神社へ。






関連記事
 
Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 
    
 
Home | Top ▲
 
はじめにお読み下さい
 

読まれる上での留意点
自分を取り戻す方法総目次
*全記事リンクフリーです

 
ブログ内検索
 
Google

Web このブログ
 
会場でお会いしましょう(^^)
風化させまいカレンダー
 
 
著作
記事・インタビュー他
わが子を守るために
写真/動画集はこちら↓
 
 
お問い合わせなどあれば↓
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブックマークに追加
 
 
月齢
 
Today's Moon phase
 
↓このパーツを設置すると14本の苗木を植えられます
QRコード
 
QRコード